0

レチノールとは?美白に効くレチノールクリームおすすめの5選!

美白に効くレチノールのクリームって?

花冠の女性

レチノールという成分はご存知でしょうか?

レチノールには美白の効果があると期待されています。

化粧品のアイテムではクリームへの配合率が高いと言われています。

またクリームの方が化粧水より肌に密着しているので有効であるとも考えられています。

レチノールの特徴とおすすめのクリームを5種類ご紹介します。

レチノールクリームはこんな方におすすめ

花を持って微笑む女性

レチノールはビタミンAの一種です。

レチノールには様々な美容効果が期待されています。

しわが気になる方

レチノールの効果として特に注目を集めているのがしわです。

肌にハリ・弾力をもたらすのが真皮にあるコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸です。

これらの成分は線維芽細胞という細胞から生まれます。

線維芽細胞が活発に働いているとコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸は肌に必要な分だけ生成されます。

しかし線維芽細胞は加齢と共に働きが鈍くなるだけでなく、数自体も減ってしまいます。

活動量が減ると必然的にコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の量も減少し、肌のハリ・弾力も低下します。

レチノールはこの線維芽細胞に働きかけ、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の生成をサポートする効果が期待されています。

コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸が必要なだけ生成されることでしわの改善が期待できるのです。

シミが気になる方

レチノールにはピーリング効果が期待できます。

ピーリングとは肌上に残っている古い角質・老廃物・汚れを優しくはがれ落とすことです。

不要なものを肌上から取り除くことでターンオーバーをサポートします。

ターンオーバーを整えることでシミの元であるメラニンの排出を促す効果が期待できます。

色素沈着する前にメラニンを排出してしまえばシミにはなりません。

そのためピーリングは色素沈着させないために重要な役割を担っています。

乾燥が気になる方

レチノールには新しくできた細胞の水分を保持する働きがあります。

人間は約60兆個の細胞でできていると言われ、毎日細胞が生まれ変わっています。

毎日生まれ変わった細胞の水分保持力を高めてくれると考えられるので乾燥が気になる方にレチノールはおすすめです。

細胞に十分な水分を保持させてくれるため、肌全体がみずみずしく潤います。

細胞に活力も与えてくれるので健やかな肌状態に整えてくれます。

レチノールクリームの特徴

花かんむりを被っている女性

レチノールは不安定な成分なので酸化しやすいという特徴を持っています。

化粧品に配合する際は安定した形のレチノールを開発し、配合しています。

またレチノールは紫外線に影響を受けやすい成分です。

紫外線を浴びることで赤み・かゆみ・刺激を感じる場合があります。

そのため日中の使用は避け、夜だけの使用をおすすめします。

レチノールクリームの選び方

鼻と綺麗な女性

レチノールクリームはどのように選ぶと良いのでしょうか?

おすすめの選び方をご紹介します。

レチノールの種類で選ぶ

レチノールは成分の構造上、不安定で酸化しやすいという特徴があります。

そのため化粧品に配合する際に、より効果を発揮し安定させるために様々なレチノールが開発されています。

主なレチノール4種類をご紹介します。

パルミチン酸レチノール

化粧品の多くに使用されているタイプのレチノールです。

肌への刺激が最も低いと言われています。

安全性も高いビタミンA誘導体となっています。

酢酸レチノール

酸化しやすいレチノールに酢酸を結合させることで安定した形を保ち、安全性を高めています。

パルミチン酸レチノールと同じく、多くの化粧品に配合されているタイプのレチノールです。

ピュアレチノール

ピュアという名前がついていることからもわかるように他の成分が混ざっていない純粋なレチノールです。

即効性・浸透力の高さが特徴です。

その反面刺激があるという副作用もあります。

レチノイン酸トコフェリル

レチノールより効果の高いレチノイン酸を使用していますが、医薬品ではなくレチノールの一種になります。

レチノイン酸にビタミンE誘導体であるトコフェリルを結合させたレチノールです。

安全性・浸透性を高めたタイプのレチノールになります。

配合されている美容成分で選ぶ

レチノール以外の成分として注目するべきは保湿成分です。

様々な肌トラブルの原因となる乾燥から守ることで健やかな肌へと導いてくれるでしょう。

保湿成分の代表的なものとしてはセラミド・ヒアルロン酸・スクワランなどがあげられます。

レチノールの効果をより発揮してくれるビタミンB群・ビタミンC・ビタミンEなどが配合されているかにも着目すると良いでしょう。

レチノールと同時に肌に与えることで相乗効果が期待できます。

おすすめのレチノールクリーム5選!

美白ケアする女性

レチノールクリームはどのように選ぶと良いのでしょうか?

メーカーによってレチノールと一緒に配合されている美容成分が異なります。

自分の肌悩みに対してどのようにアプローチしたいのかで選ぶと良いでしょう。

おすすめのレチノールクリームを5種類ご紹介します。

ドクターソワアマランスモイストリフトプリュスセラム

ドクターソワ_アマランス_モイスト_リフト_プリュス_セラム

内容量:30ml
価格:5,300円

<特徴>

  • 肌のキメを整えて透明感のある肌に導く
  • DMAE分子量を小さくすることで角層の奥深くまで美容成分を届ける
  • αリポ酸がくすみを予防

パルミチン酸レチノールは刺激性の少ないレチノールのため、肌に負担をかけることなく健やかな肌状態に導いてくれます。

皮膚科と共同開発しているため敏感肌の方でも安心してご利用いただけます。

DMAEとは体内で生成される必須脂肪酸の一種です。

DMAEは紫外線のダメージから肌を守り、肌の状態を整えてくれる効果が期待されています。

口コミ一覧はこちら

公式サイトはこちら

QuSomeレチノA ビーグレン

ビーグレンレチノA

内容量:5g(トライアルセットのためミニサイズ)
価格:1,800円

<特徴>

  • 100%ピュアレチノール配合で即効性に優れている
  • ビーグレン独自のQuSomeで肌内部に留まり、効果を持続
  • コラーゲンをサポートする成分配合でハリのある肌へと導く

ビーグレンのレチノAには2種類のレチノールが配合されています。

1つは即効性に優れたピュアレチノールです。

もう1つはレチノイン酸トコフェリルといってレチノールにビタミンE誘導体を結合させ、安定した形をとったレチノールです。

ビーグレン独自の浸透技術であるQuSomeを採用することで肌トラブルの箇所にアプローチします。

口コミ一覧はこちら

公式サイトはこちら

アンプルールラグジュアリーホワイトエマルジョンゲルEX

アンプルールラグジュアリーエマルジョンゲルEX

内容量:10g(トライアルセットのためミニサイズ)
価格:1,890円

<特徴>

  • ハイドロキノン誘導体配合で明るく透明感のある肌へ導く
  • ビタミン・ミネラルが豊富な7種類のフルーツエキス配合でハリ・弾力のある若々しい肌に整る
  • 刺激性の低いパルミチン酸レチノール配合でターンオーバーをサポート

ハイドロキノン誘導体であるアルブチンを配合しています。

くすみだけでなく、肌表面に見えないリフト膜を形成してくれる成分などが配合されているので、ハリのある肌に整えてくれます。

年齢を重ねた複合的な悩みを持つ方におすすめのクリームです。

口コミ一覧はこちら

公式サイトはこちら

資生堂 ディープレチノホワイト4

資生堂 ディープレチノホワイト4

内容量:15g
価格:12,000円

<特徴>

  • 純粋レチノール配合でしわにアプローチ
  • ハリ・潤い・明るさ・透明感を呼び覚ます
  • 4MSKでメラニンの生成を抑え、透明感のある肌へ導く

純粋レチノールは即効性・浸透性に優れているレチノールです。

非常に不安定な成分であることから化粧品への配合は難しいとされてきました。

しかし化粧品メーカーの資生堂が研究を重ね、安定させることに成功しました。

さらに4MSKという美白効果が期待されている成分も同時に配合することで明るい素肌へ導きます。

販売サイトはこちら

資生堂 エンリッチドリンクルクリームS

エンリッチドリンクルクリームS 資生堂

内容量:15g
価格:5,800円

<特徴>

  • 薬用有効成分純粋レチノールが角層の水分量を高め、しわにアプローチ
  • 紫外線に弱いレチノールの安定のため開封後も酸素を通さない特殊なチューブを使用
  • 目元・口元で約75回使用可能

純粋レチノールがヒアルロン酸の産生をサポートしてくれます。

肌内部の水分量を高めてくれるので肌を柔軟にし、しわへアプローチします。

純粋レチノールは効果が期待される反面熱・光・酸素に弱く、化粧品に配合するのが難しいとされてきました。

しかし資生堂は30年間研究を重ね、純粋レチノールを分解させることなく安定配合することに成功したのです。

販売サイトはこちら

レチノールクリームの効果的な使い方

スキンケアをする女性

レチノールクリームはどのように使用すると効果的なのでしょうか?

併用すると良い成分や使い方についてお伝えします。

基本的な使用方法

まずはレチノールクリームを使用しても問題がないか腕などでチェックしましょう。

レチノールで肌荒れ・赤味が出る可能性があるので、事前にチェックすることをおすすめします。

ただ、はじめはピリッと刺激を感じることがあります。

自分の肌状態を確認しながら使用するか否かを決めましょう。

レチノールは紫外線に対して不安定な成分です。

そのため夜だけの使用をおすすめします。

しかし日中も使用したい場合は、必ず日焼け止めを使いましょう。

日焼け止めを塗っても不十分な場合があるので、できるだけ外出を避けるか、外出をする際は帽子を被るなど工夫をすると良いでしょう。

また可能であれば肌状態が安定しているときに使用すると良いです。

肌状態が不安定になりやすい季節の変わり目・生理前や十分な睡眠を取ることができず肌荒れ気味のときは控えることをおすすめします。

もしくは使用量を減らしたり使用回数を減らしたりして工夫し、上手にレチノールを使いましょう。

ハイドロキノンと併用

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と言われる成分です。

メラニンの生成を抑制するだけでなく、メラニンを生成する元であるメラノサイトの個数も減らす効果が期待されています。

そのハイドロキノンとレチノールを併用することでよりシミの改善に効果が期待されます。

まずレチノールを気になる部分に塗布します。

その後ハイドロキノンを塗布するのですが、このときレチノールを塗布した外側から徐々に中心に向かって塗布するようにしましょう。

ハイドロキノンとレチノールを併用することで相乗効果が期待できます。

他の美容成分と併用

レチノールとその他の美容成分を併用するときには注意が必要です。

例えばAHAなどのピーリング効果のあるものです。

レチノールにもターンオーバーをサポートする効果があるため、レチノールと併用すると効果がなくなる場合があります。

また同じ役割の成分を使用することで効果がありすぎて肌荒れを起こす可能性もあります。

またレチノール配合のアイテムを複数使うこともおすすめしません。

ダブル使いでより効果が得られると思うのは安易です。

特に皮膚の薄い目周りは乾燥・赤味・ヒリヒリ感を誘発する可能性があるので、気を付けましょう。

医療レーザーと併用

シミに対してレーザー治療を施術される方もいらっしゃると思います。

そのときにレチノールと併用すると良いと考えられます。

レーザー治療はときに照射後に色素沈着を起こす場合があります。

そのとき、ターンオーバーをサポートしてくれるレチノールを使用することで色素沈着を予防できるのです。

レーザー治療はしたいけど、色素沈着しないか気になる方は併用してみても良いかもしれません。

レチノールクリームQ&A

美白

レチノールクリームを使用するにあたって疑問が出てくると思います。

レチノールクリームに関して良く耳にする質問についてお答えします。

皮膚科で処方してもらうものと通販の違いは?

皮膚科でしか処方できないのはレチノイン酸というものです。

レチノールと何が違うのでしょうか?

それはターンオーバーをサポートする力がレチノールの100倍と言われている点です。

FDAに認可されたレチノイン酸は効果が期待される反面、刺激が強いので日本ではまだ皮膚科などの医療施設でしか処方されません。

通販で購入できるものはレチノールなど皮膚に影響の少ないものです。

日本は皮膚への影響が強いものは市販では購入できないような決まりがあります。

そのため安全性には優れていますが、より効果を期待したい場合は皮膚科を受信してみると良いでしょう。

海外のレチノールクリームと日本のものの違いは?

日本と海外では化粧品に対する扱い方が違います。

日本では緩やかな効果が期待できるものを化粧品として扱いますが、海外ではそのあたりの決まりは定かではありません。

むしろ効果も求めるものが多いので、副作用を起こす可能性があります。

日本では副作用に対する意識が強いため高濃度のレチノールが配合のものは販売されていません。

しかし海外ブランドでは肌トラブルを起こした場合は自己責任になるので、使用する際は必ずパッチテストを行ってから使用しましょう。

デリケートゾーンにも使用できる?

黒ずみなどが気になるデリケートゾーンではありますが、レチノールクリームの使用は控えた方が無難でしょう。

それはデリケートゾーンの皮膚が薄いからです。

ただでさえ、赤味・かぶれなどのトラブルが起きやすい体の部分になります。

そのため強い成分を用いて対処するには不向きな箇所と言えます。

デリケートゾーンの黒ずみやトラブルは天然成分やナチュラルな成分を配合した化粧品を使うことがおすすめです。

まとめ

レチノールはビタミンAの一種で美肌を目指すにあたって非常に効果が期待されている成分です。

特にハイドロキノンと併用するとシミの改善に効果が期待されます。

しかし使用方法については十分な注意が必要です。

効果が期待されるからといって、適量以上を塗布すると副作用が出る可能性があります。

また紫外線にも注意が必要です。

自分の肌状態と相談しながら使用することがおすすめです。

自信の持てる素肌をレチノールで目指しましょう。