0

アルブチンとビタミンC誘導体配合!美白化粧水の効果と厳選5つご紹介!

アルブチンとビタミンC誘導体のW美白ケアの効果とは

陶器のような白く透明感のある肌は女性の憧れではないでしょうか。

ニキビ跡を消したい、シミやしわを無くしたい、毛穴が目立つという悩みから解放されるために、おすすめなのが美白化粧水です。

美白ケアとして、アルブチンとビタミンC誘導体は特に注目を集めている成分で、W美白ケア化粧水という名前で販売されている化粧水も多くあります。

アルブチンは美白効果が高い美容成分で、多くの美白化粧水に配合されています。

またビタミンC誘導体も美白効果が高く、化粧水に配合されている成分です。

このふたつの成分が配合されるとより効果的なケアができます。

今回は以下の内容を中心にお届けします。

  • アルブチンとビタミンC誘導体化粧水の選び方
  • アルブチンとビタミンC誘導体化粧水おすすめ5選
  • アルブチンとビタミンC誘導体の美白効果

アルブチンとビタミンC誘導体の2つの美白成分について詳しく解説していきます。

※記事内に記載のある「美白」とはメラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐことです。

アルブチンとビタミンC誘導体配合の化粧水の選び方

美白女性

アルブチンは美白効果が高く、安全性の高い成分であることから、エイジングケアやシミケアを目的とした化粧水に多く含まれています。

アルブチンとビタミンC誘導体の相性は非常によく、W美白ケアとして化粧水に配合されることも多いです。

ここではアルブチンとビタミンC誘導体の2つの美白成分が配合されている化粧水を選ぶ際のポイントについて解説します。

アルブチンはαアルブチン配合の化粧水を選ぶ

アルブチンにはα-アルブチンとβ-アルブチンの2種類があります。

アルブチンは美白成分「ハイドロキノン」を参考に開発され、厚生労働省認可の美白有効成分でもあります。

一般的にアルブチンというとβアルブチンを指すことが多く、美白作用はαアルブチンのほうが高いとされています。

αアルブチン

ハイドロキノンにブドウ糖を結合し、合成して作られたアルブチン。

江崎グリコが開発した成分でβアルブチンの10倍以上のメラニン生成に対する抑制の効果があるとされています。

βアルブチン

コケモモや梨などツツジ科のハーブに含まれ、資生堂によって開発された天然成分です。

メラニンの生成を抑制する働きをし、厚生労働省認可の医薬部外品有効成分で、αアルブチンよりも以前に医薬部外品の承認を得ている実績ある原料です。

より高い効果を求める方には、α-アルブチンがおすすめです。

保湿効果の高いものを選ぶ

アルブチンとビタミンC誘導体の相性は非常によく、相乗効果が期待できます。

ビタミンC誘導体もアルブチン同様、メラニンの生成を抑制する働きをします。

また、ビタミンC誘導体には高い抗酸化作用と肌のターンオーバーを促す作用もあります。

ところが、アルブチンもビタミンC誘導体も保湿成分ではないので保湿成分も同時に補う必要があります。

アルブチンとビタミンC誘導体の化粧水を選ぶ際には保湿成分も一緒に配合されているものを選ぶことで、乾燥による小じわやハリ不足に対してもアピールすることができます。

肌トラブルの多くの原因は肌の乾燥が必ずと言ってよいほど影響を与えています。

そのため、アルブチン、ビタミンC誘導体配合の化粧水を選ぶ時にも保湿成分が豊富に配合されているものを選びましょう。

化粧水に含まれる代表的な保湿成分は以下のものが多く、表記を必ずチェックしてみてください。

  • セラミド
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • エラスチン
  • アミノ酸

これらの保湿成分がどれほど配合されているのかを確認しましょう。

乾燥を防ぐためにも、肌に潤いを与えられる成分が配合されているものを選びましょう。

継続することができる価格かどうか

美白化粧水を選ぶ際のポイントとして、継続して使い続けられるかどうかはとても大切なポイントです。

あまりにも高価な美白化粧水を選ぶと、コスパを考え少量ずつしか使えないということも考えられます。

化粧水に限らず、化粧品はそれぞれ規定量があり、それを守り使い続けることで、しっかりとした効果を得ることができるのです。

また、少量使いだと肌に摩擦も与えることになりかねないため、こすることで、シミやくすみの原因となってしまうこともあります。

美白ケアはシミやくすみを予防する上でも継続して使い続けることが重要なので、継続して使えるように、自分にとって、手ごろな価格帯の美白化粧水を選びましょう。

アルブチン・ビタミンC誘導体配合おすすめ化粧水5選

アルブチンとビタミンC誘導体の2つの美白成分が配合されている化粧水を5つご紹介します。

アスタリフトホワイト ブライトローション

アスタリフトブライトローション

内容量:130ml
価格:4,104円

<特徴>

  • 美白有効成分がメラニンの生成を抑え、シミ・くすみを防ぐ美白化粧水
  • 複合成分ナノAMA+がくすみをケア
  • ダマスクローズの香りで保湿力のあるテクスチャー

ナノ化した美肌成分ナノAMAと米由来の天然成分フェルラ酸の複合成分であるナノAMA+がくすみをケアしながらうるおいと輝きに満ちた肌へと誘います。

美白とは、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐことを示し、美白有効成分として「アルブチン」を配合。

ブライドローションを含む5点セットのホワイトブライトローショントライアルセット5日分で1,000円になっています。

美白ケアをはじめたい方にオススメのセットです。

⇒公式サイトはこちら

⇒口コミはこちら

肌ラボ 白潤 薬用美白化粧水

肌ラボ 白潤 薬用美白化粧水

内容量:170ml
価格:オープン価格

<特徴>

  • 天然型高純度アルブチンとナノ化ヒアルロン酸(うるおい成分)を配合
  • メラニンの生成をおさえシミ・そばかすを防ぐ
  • ビタミンC誘導体、ビタミンE、和漢植物由来ハトムギエキス配合

肌の白さとうるおいにとことんこだわった天然型高純度アルブチン(美白有効成分)と潤い成分のナノ化ヒアルロン酸を配合した、しっとりタイプの薬用美白化粧水。

メラニンの生成をおさえ、シミ・そばかすを防ぎます。

整肌うるおい成分として“ビタミンC誘導体、ビタミンE、和漢植物由来ハトムギエキス”配合。たっぷりうるおって、輝くような明るい肌へ。

⇒購入サイトはこちら

ビービーラボラトリーズ 薬用ホワイトニングエッセンスα

ビービーラボラトリーズ薬用ホワイトニングエッセンスα

内容量:9ml
価格:3,024円

<特徴>

  • アルブチンとビタミンC誘導体を配合した保湿力の高い薬用美白美容液
  • ほどよいとろみと密着感のあるテクスチャー
  • メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ

2つの美白有効成分アルブチンとビタミンC誘導体を配合した、保湿力の高い薬用美白美容液が狙ったシミに、とろみがしっかりとどまることで、じっくり浸透していきます。

ほどよいとろみと密着感のテクスチャーでメラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぎます。

気になる部分や顔全体にのばし、パッティングするように優しくなじませ、特に気になる部分には、重ねづけをしてください。

⇒購入サイトはこちら

ちふれ 美白化粧水 W

ちふれ化粧品 美白化粧水 W

内容量:180ml
価格:1,100円

<特徴>

  • ダブルの美白成分配合の化粧水
  • メラニンの生成をおさえシミ・ソバカスを防ぐ
  • 無香料、無着色、ノンアルコール

美白成分アルブチンと安定型ビタミンC誘導体によるダブルのアプローチで、メラニンの生成をおさえシミ・ソバカスを防ぐ薬用美白化粧水です。

洗顔のあと、適量(500円玉大)をコットンまたは手にとり、やさしく顔全体になじませます。

さわやかにうるおってベタつかず、みずみずしい肌にととのえます。

⇒購入サイトはこちら

素肌しずく さらっと潤う美白化粧水

素肌しずく さらっと潤う美白化粧水

内容量:170ml
価格:

<特徴>

  • 有効成分GKⅡ、プラセンタ、保湿成分としてアルブチン、ビタミンC誘導体を配合
  • 集中美白ケアしたい方におすすめ
  • 心地よくスッと角質層まで浸透

みずみずしい化粧水でさらっとうるおい、心地よくスッと角質層まで浸透します。

有効成分GKⅡ、プラセンタをはじめ、保湿成分としてさらにアルブチン、ビタミンC誘導体を配合で、透明感に満ちたクリアな肌へ導きます。

深海微生物アルテロモナス由来の成分で、しっとりうるおい、透明感に満ちた肌へ導きます。

⇒購入サイトはこちら

アルブチンの美白効果

アルブチンの効果

アルブチンの効果はその美白力です。

美白化粧水に含まれるアルブチンは肌に優しい美白成分としても注目され、アルブチン配合の化粧水は数多く販売されています。

ハイドロキノンは美白成分として知られる反面、副作用のリスクも高いことで知られています。

そのハイドロキノンにブドウ糖を結合し、肌に安全な成分として作られた成分がアルブチンのため「ハイドロキノン誘導体」とも言われています。

そのアルブチンが肌に与える美白効果と安全性について解説します。

シミ対策

アルブチンの美白効果は、シミの原因となるメラニン色素を作り出すチロシナーゼが活性化するのを抑制する働きによるものです。

シミの元になるメラニン色素の生成に関係するチロシナーゼに働きかけ、黒色メラニンを抑制する作用があります。

黒色メラニンが生成されないことで、シミやくすみを防ぐことができるのです。

予防効果は高いのですが、すでにできてしまったシミを薄くする効果は期待できません。

ただし、ターンオーバーが正常に整っていれば、シミは徐々に薄くなっていきます。

αアルブチンもβアルブチンもシミ予防効果はありますが、αアルブチンのほうがその効果は高いことがわかっており、美白化粧水はどちらのアルブチンも多く販売されています。

安全性

アルブチンは安全性を重視して作られた成分で、重篤な副作用の報告はありません。

ハイドロキノンに比べ美白効果は穏やかなものの肌への負担は少ないのがアルブチンのメリットです。

ただし、ごくまれに赤みや痒みが起こる場合もあるので、はじめてアルブチン化粧品を使う際には肌の様子を見ながら使いましょう。

特に体調や肌の不調があるときに、初めての成分を使うのはできるだけ避けたいものです。

また、大量に使ったり高濃度のものを使えば肌に対する刺激は強くなります。

医療機関でシミ治療のために処方されるアルブチンは化粧水など市販品よりも高濃度となるため注意が必要です。

市販の化粧水や、他の化粧品、医師から処方されたもの、いずれの場合も用法と用量をしっかりと守り使用しましょう。

アルブチンで美白効果を高める方法

アルブチン化粧水などで美白効果を高めるためには、ターンオーバーを整えることが大切なポイントになります。

アルブチンはすでにできてしまったシミに対する効果は期待できませんが、肌の生まれ変わりを促すターンオーバーが整っていれば、メラニンが色素沈着されずに排出されるため、徐々にシミは薄くなっていきます。

日焼けしてしまったときには、アルブチン配合の化粧水やケア化粧品を早めに塗るように心掛けましょう。

肌にメラニンが沈着し肌色が黒くなるまでには24~72時間程度かかります。

そのため日焼けをしてからすばやいケアをすれば、メラニンの過剰発生を抑えることができ、シミ予防になります。

アルブチンは安全性が高い美白成分であり、シミの元をブロックしシミ予防に大きく役立ちます。

ビタミンC誘導体の効果

ビタミンC誘導体の効果

アルブチンと並び美白効果があるとされるビタミンC誘導体も厚生労働省認可の美白有効成分です。

ビタミンC誘導体は美白効果に加え、高い抗酸化作用など様々な効果が期待されます。

そのため美肌ビタミンとも呼ばれています。

しかしビタミンCは安定性が低く空気に触れると酸化しやすい上に、水溶性なので持続性が低いのも難点がありました。

また肌への吸収がされにくいという性質を持っています。

そのメリットを持ったまま肌に届けるためにビタミンCを基に作られたのがビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は角質層にビタミンCを浸透させやすくし、肌に吸収の後、メラニン色素に近い距離で酵素反応によってビタミンCに変化し、長時間活性が持続するという性質を持っています。

ビタミンC誘導体が肌に与える効果についてみていきましょう。

ニキビ

ビタミンC誘導体は皮脂分泌のコントロール作用や肌をなめらかにする作用があります。

そのため、ざらざら肌、オイリー肌、にきび肌などから大人のニキビケアにも効果が期待されます。

ニキビ用の化粧水としても多く販売されており、ビタミンCが持つ抗炎症作用によって肌の炎症を抑え、ニキビを改善していきます。

また、抗酸化作用によってニキビの原因であるアクネ菌の活性を抑え、皮脂の分泌を抑制します。

皮脂の分泌がコントロールされることで、ニキビができやすいオイリー肌や肌のテカリ、べたつきを予防できます。

シミ

ビタミンC誘導体は厚生労働省認可の美白有効成分の1つであり、メラニンの生成を抑え新陳代謝を整えメラニンの排出をサポートし、色素沈着の改善を促していきます。

美白成分として認められている成分は約20ほどありますが、ビタミンC誘導体は美白有効成分では、メラニン色素ができてしまっても元に戻る還元作用をも持っている唯一の成分です。

ビタミンC誘導体はシミの発生を防ぐだけではなく、ニキビ跡などのような色素沈着をも目立たなくする働きも期待できます。

毛穴

毛穴が目立つ原因は、過剰な皮脂の分泌による角栓詰まりや、角栓の酸化による黒ずみ、色素沈着による黒ずみ、ターンオーバーが低下するために起こる毛穴に開きなどがあります。

ビタミンC誘導体は皮脂の分泌をコントロールする働きや、抗酸化作用、色素沈着の還元作用、ターンオーバーを整えるといった有効な働きがあるため、いちご鼻など毛穴トラブルに対しても大きなサポート力があります。

また毛穴を引き締める効果もあることで、毛穴の開きを予防しなめらかな肌に導きます。

小じわ対策

シミと並び、エイジングサインであるシワやたるみ。

乾燥や加齢によるターンオーバーの乱れやハリ不足による肌の衰えなどが原因です。

ビタミンC誘導体のターンオーバーを整える働きによって、コラーゲンの生成も促されます。

その働きから、肌にハリが戻り、シワやたるみの改善に期待ができるのです。

毛穴が引き締まる効果から、リフトアップ効果も期待でき、たるみケアに対しても有効です。

ニキビにも効果はあるの?

ニキビにも効果はある?

アルブチン配合化粧水はニキビ跡のケアに有効です。

チロシナーゼの活性を抑え、同時にニキビによる炎症から発生する活性酸素に対しても効果が期待できます。

その働きから、ニキビができてしまったときに肌にメラニン色素を作らせず、予防効果も期待できます。

そして、ビタミンC誘導体配合化粧水はシミやくすみの予防と皮脂の分泌をコントロールしニキビ跡の肌を綺麗に整わせる働きも期待できます。

  • アルブチンはメラニン色素を作らせない
  • ビタミンC誘導体はメラニン色素を作らせない・排出する

この2つの成分は併せて使うことで相乗効果が期待できます。

つまり、ビタミンC誘導体が皮脂分泌をコントロールする働きに長けるため、ニキビ予防に働き、すでに炎症を起こしニキビ跡になってしまったメラニンを排出します。

また、ターンオーバーを整わせることでニキビ跡を綺麗にする働きも期待できます。

アルブチンは、その後の肌に対してメラニンを作らせない働きが期待できるため、ニキビ跡が徐々に綺麗になっていく効果が期待できるのです。

ビタミンC誘導体が積極的に働きかけ、その後のケアをアルブチンが行う、というわけです。

アルブチンとビタミンC誘導体の2つの成分が配合された美白化粧水で、ニキビに対してもアプローチすることができるのです。

まとめ

アルブチンとビタミンC誘導体、どちらもそれぞれ美白化粧水の多くに配合されている成分です。

両方を持ち合わせた化粧水を使用することで、シミ、そばかすなどの予防とともに、今あるシミにもアプローチするので、トータルな美白ケアができる、といえます。

美白ケアのためには、この2つの成分を使用した化粧水を使用すると共に、普段から紫外線対策をしっかりと行うことが大切です。

日中は、日焼け止めなどのUV対策を行う、ターンオーバーを整わせるためにも良質な睡眠を摂る、食生活にも注意をする、などしっかりと行いましょう。

日頃のケアにプラスして、アルブチン、ビタミンC誘導体の2つの美白成分を使い、理想の陶器肌を手に入れましょう。

※本文の内容によっては、時期等により公開時の情報とは異なる場合がございますのでご了承ください。