0

たるみや開きが気になる!年齢肌の毛穴に効く化粧品おすすめの5選!

年齢肌の毛穴を改善するって?

年齢を重ねるとともに、肌の悩みが増えてきた……と感じている人も多いでしょう。

10代の頃はピンと張りのあった素肌も20代を過ぎた頃から徐々にたるみ始め、毛穴が目立つようになってしまいます。

毛穴の悩みは深刻なものですし、見た目にも響いてくるので女性にとってはとてもつらいものです。

年齢を重ねてもいつまでも若々しくありたいと願う女性にとって、素肌の悩みはとても深刻なもの。

これをどのようにケアしていけばいいのでしょうか。

ということで今回は、加齢によって増えてしまう年齢肌の悩みの対策方法について紹介します。

まずは、毛穴の悩みを引き起こす原因について見ていきましょう。

年齢肌の毛穴の症状と原因

年齢肌の悩みとなる毛穴のトラブルには、いくつかの原因があります。

しっかりチェックして対策をしていきましょう。

肌の乾燥

肌の乾燥を甘く見ていると、どんどん老け顔になってしまうので注意が必要です。

肌の潤い成分であるコラーゲンやヒアルロン酸などの成分は残念ながら20代を境に徐々に減少し始めるので、次第に素肌が乾燥しやすくなってしまいます。

30代を超えると急速に乾燥が進行してしまうので、気をつけなければなりません。

何もケアしていないとどんどん素肌が乾燥しして行ってしまい、結果的にシワやたるみを引き起こすなど、どんどんトラブルが増えていってしまうのです。

乾燥を抑えるためにはやはり素肌を保湿することが大切なので、化粧品を選ぶ際には保湿力を重視して選びましょう。

もともと乾燥肌の人は特に注意が必要ですが、季節によっていっそう乾燥しやすくなることもあるので、スキンケアには力を入れていくことが大切です。

皮脂の過剰分泌

乾燥も肌を老けさせる原因のひとつですが、もうひとつ気をつけなければならないのが皮脂です。

もともとオイリー肌の人はもちろん、乾燥肌の人でも皮脂分泌が過剰になってしまうことがあるので、注意しましょう。

肌が乾燥すると、脳が「これは危険だ」と感じて皮脂の分泌を促すので、オイリーな状態になってしまうことがあるのです。

また、皮脂の過剰分泌にはホルモンが関わっている場合もあります。

例えば30代後半から40代になると、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が低下しはじめます。

対してアンドロゲンという男性ホルモンが優位になるため、皮脂腺が刺激されて肌の油分が増える傾向にあるのです。

また、素肌の乾燥によって脳が皮脂の分泌を促し、結果的にオイリー肌になってしまうこともあります。

毛穴のたるみ

乾燥やオイリー肌などになると、毛穴がたるんでさらに老けて見えてしまうことがあります。

過剰に分泌された皮脂や古い角質がそのまま溜まって皮膚にとどまると、毛穴がふさがって中につまり、炎症を起こしてしまうので注意が必要です。

その結果、ニキビができてしまいます。

ニキビは肌の炎症ですが、これを放置したりこするなどして刺激したりすることでとさらに悪化するので、注意しましょう。

また、大量に分泌された皮脂によって毛穴が開くと、毛穴がボコボコとして汚く見えてしまい、悩みにつながることもあるのです。

加齢によって肌の弾性成分であるコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの分泌量が低下すると、肌の弾力を保つてずに毛穴がたるんでしまうこともあります。

年齢肌・毛穴におすすめの化粧品の選び方

毛穴の悩みは尽きないものですが、どんな対策を練ったらいいのかわからないという人もいるでしょう。

加齢で起こる毛穴トラブルは、しっかりと予防策を練って早めに対策していくことが大切です。

そして、毛穴トラブル対策には化粧品の選び方もとても重要なポイントと言えます。

保湿成分

毛穴トラブルは乾燥によって起こることが多いので、肌が乾燥しやすいという場合には保湿力を重視した化粧品を選ぶことが大切です。

30代以降は肌の潤いがどんどん低下してしまうので、25歳を過ぎたら保湿力の高いエイジングケア化粧品を使うようにしましょう。

保湿力で化粧品を選ぶなら、高保湿成分であるセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンやスクワランなどが配合されているものがおすすめ。

保湿アイテムとしては化粧水も効果的ですが、保湿成分やエイジングケア成分は油性のものが多いため、油分の多いクリームや美容液に主に配合されます。

化粧水は基本的に角層を水分で満たして、その後に使う美容液などの浸透を良くすることが役割です。

もちろん保湿力のある化粧水を使うことも大切ですが、水分が多いことで油性の保湿成分を馴染ませにくいのがデメリットです。

そのため、化粧水よりもクリームや美容液でケアをしていくことが大切です。

化粧品に関しては、同じブランドの商品で化粧水や乳液などが揃っているものが多いので、揃えて使ってみましょう。

同じブランドの商品は、化粧水や乳液などを一緒に使うことでより効果的に肌をケアできるものが多くあります。

効率的なスキンケアをするなら同ブランドで揃えましょう。

弾力・ハリアップ成分

年齢肌対策に役立つ化粧品を選ぶなら、肌の弾力やハリをキープできる成分を重視することも大切です。

具体的に弾力、ハリアップ成分としては、以下のものがあります。

・ビタミンC誘導体
・レチノール
・レスベラトロール
・ナイアシン

化粧品を選ぶ際にはこれらの成分が配合されているものを選ぶと、プルプルの弾力のある肌を維持するのに役立ちます。

整肌・引き締め成分

毛穴の開きがきになるという場合には、肌を引き締めて毛穴を目立たなくするための成分をチェックするのもポイントです。

肌を引き締める成分としては以下のようなものがあります。

・ビタミンC誘導体
・ハマメリスエキス
・オトギリソウエキス
・レチノイン(ビタミンA)

特にビタミンC誘導体が有効成分として含まれている化粧品は多いので、成分表示やパッケージをチェックしてみてください。

年齢肌・毛穴におすすめの化粧品5選

化粧品

ここまで年齢肌の毛穴の悩みをケアする化粧品の選び方について紹介してきましたが、実際にはどんなものを選んだらいいのでしょうか。

ここからは毛穴ケアにおすすめの商品をピックアップして紹介するので、チェックしてみてください。

ソワン Ageneコントロール スキンケアプログラム

内容量:
30mL
価格:7,420円(税抜)

<特徴>

  • 「シナロピクリン」配合で毛穴を引き締める
  • ビタミンC誘導体がコラーゲン生成サポート
  • 安定性があり、浸透しやすい

ソワンの美容液は、「保湿」と「引き締め成分」にこだわって作られているのがポイント。

緩んで開いた毛穴に、アーティチョーク葉エキスに含まれる「シナロピクリン」という引き締め成分が作用し、毛穴をキュッとハリのある若々しい素肌に導いてくれます。

さらに、低刺激ビタミンC誘導体も含まれているので、ビタミンCの浸透率を上げて、透明感のある素肌を目指せるのも魅力です。

ビタミンCはコラーゲンの生成をサポートするので、素肌にプルプルの弾力を取り戻して毛穴のたるみを抑えることが可能です。

ビタミンCは肌の上で安定しにくいのがデメリットですが、ビタミンC誘導体ならば浸透力と安定力が優れているので、効率的に素肌をケアするできます。

⇒公式サイトはこちら

⇒口コミ一覧はこちら

AGEST ステムエッセンス

エイジスト ステムエッセンス

内容量:
30mL
価格:3,600円(税抜)【初回限定特別価格】

<特徴>

  • 幹細胞エキス配合
  • マイクロ多重層カプセル採用で浸透しやすい
  • 美容成分も豊富

これは女優の相田翔子さんも使用している人気商品で、製薬会社が開発しています。

肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を促す幹細胞エキスを中心に、天然由来の美容成分であるナノバクチオールなどが配合されているのがポイントです。

幹細胞とは今注目されている成分で、きちんとした細胞になる前段階の、いわば細胞のタマゴのようなものです。

幹細胞を補うことで細胞の生まれ変わりがスムーズになり、健康的で美しい細胞が増え、素肌をきれいな状態に整えるられます。

美容成分の浸透をしやすくするマイクロ多重層カプセルも採用しています。

⇒公式サイトはこちら

⇒口コミ一覧はこちら

セルフューチャー 泡立つホワイトパック

セルフフューチャー

内容量:
80g
価格:3,840円(税込)【定期お届けコース】

<特徴>

  • 1分でパック完了
  • 高濃度炭酸泉の温泉水を使用
  • 毛穴の黒ずみをすっきり除去できる

この美容パックは、1分間顔につけていることで、角質や汚れによる毛穴の黒ずみをケアして肌の透明感アップ効果が期待できる商品です。

素肌に乗せてから30秒ほどで発泡し濃密な泡ができるので、忙しくてスキンケアにゆっくりと時間をかけられないという人でも、手軽にケアができます。

日本でも有数の高濃度炭酸泉「ラムネ温泉」の温泉水を使用しており、炭酸のチカラで、肌のメラニンを含む古い角質を除去できます。

くすみをオフして透明感をアップでき、炭酸の刺激によって肌をやわらかくしてもちもちの状態に導くことも可能です。

⇒公式サイトはこちら

⇒口コミ一覧はこちら

c-maxローション

c-maxローション

価格:4,000円(税抜)【初回価格】

<特徴>

  • 高濃度のビタミンC誘導体を配合
  • 美容成分が豊富
  • 低刺激処方

この商品は、主成分としてビタミンC誘導体を配合しているのがポイントです。

ビタミンC誘導体の中でも、皮膚学会において最も効果を報告されている「リン酸アスコルビルMg」という成分を6%と高濃度で配合しています。

リン酸アスコルビルMgはビタミンCの10倍もの浸透力を誇り、吸収スピードも速いので効率的に素肌に栄養を届けるられるのです。

さらに、その他の美容成分も以下の通り豊富に含まれています。

  • レチノール
  • パンテノール
  • ローズマリーエキス
  • プルーン分解物
  • アロエベラ葉エキス
  • マグワ根皮エキス
  • カンゾウ根エキス

香料や着色料、パラベン(保存料)も含まれていないので、地肌に負担をかけることなく使用できるのも嬉しいポイントです。

⇒公式サイトはこちら

⇒口コミ一覧はこちら

ファンケル モイストリファイン

ファンケル モイストリファイン

価格:1,510円(税込)【初回限定特別価格】

<特徴>

  • 内側と外側から肌を潤す
  • コラーゲンの働きを助けるビタミンP配合
  • 低刺激処方

この化粧水は、メーカー独自の成分である「アクティブセラミド」「モイストチャージコラーゲン」を配合しているのがポイントです。

角層の内側と外側に作用してつるん、ぷるんとした弾力のある素肌をキープできます。

また、タチバナ果皮から抽出される「ビタミンPエキス」を配合しており、これが毛穴まわりのコラーゲンに働きかけることで肌を引き締めるられます。

防腐剤や香料、合成着色料、紫外線吸収剤、石油系界面活性剤などの添加物を配合していないので、地肌に負担をかけずにケアできるのも魅力です。

⇒公式サイトはこちら

⇒口コミ一覧はこちら

アンチエイジングのための化粧品の使い方

毛穴の悩みに効果的な化粧品を使うことも大切ですが、手入れの方法が間違っていると、あまり意味がありません。

ということでここからは、毛穴悩みを対策するためのスキンケア方法について紹介していくので、チェックしてみてください。

洗顔法

毛穴で悩んでいる場合、毛穴に詰まった汚れをなんとかかき出そうと洗顔に力を入れるという人も多いものです。

しかし、洗顔料には界面活性剤などの刺激が強い成分も含まれているので、やりすぎると悪影響を起こすことがあります。

洗顔の頻度としては朝晩の2回程度がベストであり、それ以上行うと地肌の潤いを過剰に落として乾燥を引き起こす原因となってしまうのです。

また洗顔をする際には、洗顔料をしっかりと泡立てて、摩擦で肌が傷つかないようにする必要があります。

オイリー肌の人はさっぱりタイプの化粧品を選んでしまいがちですが、乾燥によって油分が多く分泌されているという可能性もあります。

そのため、ある程度保湿力があるものを選ぶことが大切です。

洗顔の後のケアが最も重要

毛穴の開きの原因としては、乾燥による皮脂の過剰分泌がひとつ挙げられます。

これを抑えるためにはしっかりと素肌を保湿していくことが大切なので、洗顔後にはしっかりと化粧品を使って肌に潤いを補ってください。

化粧品を乗せる際にこすると、素肌に刺激を与えてシミや肌荒れを起こす原因となってしまうので、たっぷりめに手にとってつけていきましょう。

Tゾーンなどの皮脂が多い部分には控えめにつけ、頬などにはたっぷりつけるなど、部分ごとにつける量を調節することも大切です。

水分を補ってから油分を乗せる

年齢肌の毛穴をケアするための化粧品を使っていても、使い方が間違っていれば効率的とは言えません。

基礎化粧品を使う際にはまず、洗顔をしたきれいな素肌に化粧水を乗せて角層を潤し、美容成分浸透のための通り道を作ります。

しかし、化粧水は水分が多く蒸発しやすいので、そのままにしていると逆に肌に残っている水分まで蒸発させて乾燥しやすい状態になってしまいます。

そのため、化粧水をつけた後は必ず美容液や乳液など、油分の多いアイテムでふたをすることが大切なのです。

油分を補うことで、先に入れた水分をしっかりと角層に閉じ込めて潤いをキープできます。

年齢肌のケアってどうすればいいの?

年齢肌をケアするためにはスキンケアも重要ですが、それだけでは十分とは言えません。

日常生活の中でも肌への意識を高めて、生活習慣などを改めることも大切です。

肌を若返らせる食べ物って?

肌を若々しく保つためには、摂取する食品にも気をつけなければなりません。

ストレスなどによって活性酸素が増えると体内の細胞が傷ついて素肌もどんどん老化してしまうので、抗酸化作用のある食品を摂取することが大切です。

また、日頃から添加物の少ないものを食べるようにするだけでも体内の細胞の酸化を抑えられるので、外食やコンビニ食品ばかりではなく、自炊を心がけましょう。

肌年齢のチェックもおすすめ

肌をケアする前に、まずは自分の肌がどのような状態なのかということをチェックすることも大切です。

肌年齢のチェックはコスメブランドの店頭などで行われていることもありますし、ショッピングモールなどにも機械が置いてあります。

また、最近は肌年齢を測定するアプリもあるので、このようなものも活用してみてください。

まとめ

今回は、加齢に伴う毛穴の悩みやその対策について紹介してきました。

年齢を重ねるごとに素肌の潤い成分の分泌量が低下するため、どうしても肌が乾燥しやすくなってしまいます。

その結果、皮脂の分泌が過剰になって毛穴が詰まったり開いたりして目立つようになってしまうのです。

加齢による毛穴の悩みは女性にとっては深刻なものですが、正しいスキンケアをすることで抑えられます。

また、メイクでもカバーできるので、スキンケアと並行しながら行うことが大切です。

毛穴の悩みをケアして、若々しい素肌を保ちましょう!

お気に入りに追加しました!

お気に入りに登録するとログインなしで
商品や記事をいつでも見ることができます。


⇒お気に入り一覧をみる