0

年齢肌には保湿が肝心?年齢肌に有効な潤いあふれる化粧品3選!

年齢肌のケアってどうしたらいいの?

年齢を経るごとに肌がかさついて、荒れやすくなったと感じている人もいるのではないでしょうか。

肌の乾燥を放置しておくと、どんどんダメージが進行して肌の状態が悪化して行ってしまいます。

加齢による肌の乾燥は食い止められないので、きちんと毎日ケアをして若々しい状態を保てるように努力することが大切です。

では、加齢による肌の乾燥を抑えるためには、どのようなことをしていけばいいのでしょうか。

今回は、年齢肌の中でも悩みが特に多い「乾燥」についてその原因や化粧品の選び方を紹介しつつ、適した化粧品もピックアップしていきます。

乾燥をまだ感じていないという20代の女性も、年齢肌対策として今のうちからケアを徹底しておくことが大切です。

年齢肌の症状と原因

年齢肌の乾燥の悩みを減らすためには、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか。

肌の乾燥

10代の頃までは潤い成分が十分にあるので素肌の悩みを抱えることは少ないものの、20代を超えると徐々に肌の潤い成分が減少し始め、乾燥しやすくなるのです。

30代を過ぎるとさらに急速に素肌の潤い成分の低下が進むので、20代までの間には感じなかったカサつきを感じるようになることもあります。

赤ちゃんの頃は誰しも、体でセラミドやヒアルロン酸などの肌の潤い成分が豊富に作られるのでもちもちとした美しい肌をキープできます。

しかしこれも年齢を重ねるごとにキープするのが難しくなってくるため、カサつく肌のケアはしっかりと行っていくことが大切です。

スキンケアを怠ると、肌の乾燥によるシワなどのトラブルが増えてしまうこともあるので、気をつけましょう。

しわ・たるみ

シワやたるみというのは、顔の見た目年齢を上げてしまう厄介なものです。

全体的に皮膚がたるんで毛穴が目立ってしまったり、ほうれい線などのシワができてしまったりすると、鏡に映る自分を見てため息をついてしまうこともあるでしょう。

シミやシワができる原因のひとつは、コラーゲンなどの肌の弾力成分の分泌量が低下することです。

コラーゲンが不足すると肌のぷるんとした弾力を保てず、皮膚が重力に負けて垂れ下がってしまい、たるみができるのです。

弾力が低下した状態で同じ姿勢を続けていると、皮膚に折り目が作られてシワとして残ってしまうこともあります。

シワやたるみを抑えるためには表情筋を鍛えるなどの方法もありますが、化粧品を使ってコラーゲンを補うことも大切です。

シミ・くすみ

年齢が現れる厄介な肌トラブルといえば、シミやくすみがあります。

10代の頃は日焼け止めを塗らないで日差しの下にいても、シミが気になることはありません。

これは肌のターンオーバーが正常に進んでいることで、シミの元となるメラニン色素が作られてもすぐに排出されるためです。

しかし、20代の後半に差し掛かると、肌のターンオーバーも次第に遅れてくるので、メラニン色素が排出されにくく、沈着しやすくなります。

そのため、加齢とともにシミやくすみが目立つようになるのです。

年齢を重ねて肌の潤いが低下することでバリア機能も次第に衰えてくるので、肌が乾燥しやすくなり、紫外線によるダメージをケアしにくくなるというのも一因と言えます。

シミやくすみをケアするためには、美白化粧品を使うなどして対処する必要があります。

化粧品の選び方

肌の乾燥をケアするためには保湿成分をきちんと補っていくことが大切です。

ただ、保湿成分だけでは年齢肌の悩みを効率的にケアすることはできません。

年齢肌のスキンケアには化粧品を使うことが重要ですが、どのようなものを選んだらいいのかわからないということもあります。

ということでここからは、年齢肌対策に効果的な保湿化粧品を選ぶ際のポイントに関して紹介します。

化粧品選びで悩んでいるという人は、ぜひチェックしてみてください。

保湿成分

保湿化粧品を選ぶ際には、まず何と言っても保湿成分を重視することが大切です。

肌の弾力を保つためのコラーゲンや、油分を補うセラミド、また水分を溜め込んでおけるヒアルロン酸は、保湿成分として代表的なものです。

水分を包み込んで止められる成分としてはレシチンやスフィンゴ脂質、エラスチンなどがあります。

また、肌に閉じ込めた水分を逃さないように油分でフタをするためには、ツバキ油やホホバ油、ワセリンやスクワランオイルが効果的です。

これらの成分は天然の成分なので地肌に負担をかけることもなく、効率的に素肌を潤せます。

潤い成分を補っても、それが水溶性の水分だとつけてからすぐに蒸発してしまうので、油分を含む成分でしっかりと表面を覆っておくことが大切なのです。

美白成分も含まれている

保湿化粧品を選ぶ際には、ヒアルロン酸などの保湿成分ばかりに目がいってしまうこともありますが、その他の成分に注目して選ぶのもひとつのポイントです。

素肌が乾燥するとデリケートになってしまうので、紫外線などのダメージを受けやすくなります。

そのため、メラニンの生成を抑えてシミの発生を抑えられる美白成分を含むものを選ぶことも大切です。

美白成分としてはプラセンタやビタミンC誘導体などがあります。

添加物が少ない

加齢とともに肌は乾燥しやすくなってしまいますが、肌の潤いが不足するとバリア機能が低下し、肌が刺激に対して敏感になります。

そのため年齢を重ねた素肌は、それまで使っていて特に違和感を感じることのなかった化粧品でも、肌荒れを起こしてし合うということもあるのです。

いつも使っているものなのに最近肌がひりつく、というような症状が出たら、肌がデリケートになっている証拠と言えます。

化粧品に含まれる添加物は肌に負担をかけるものが多いので、保湿力のある化粧品を選ぶ際には、添加物が少ないものを選ぶことも大切です。

人工香料や人工着色料、鉱物油やパラベンなどの保存料はなどは地肌への刺激も大きいので、極力避けましょう。

「低刺激処方」などと記載されているものであれば地肌が敏感な人でも使いやすいので、チェックしてみてください。

年齢肌の保湿におすすめの化粧品3選

保湿化粧品を選ぶ際のポイントについて紹介してきましたが、実際に商品を見るとどんなものがいいのか悩むこともあるでしょう。

商品もたくさんありますから、何が自分に合っているのかもわからなくなってしまうものです。

ということでここからは、肌の乾燥対策に効果的な化粧品を紹介していきます。

乾燥対策をする以外にも、美白作用があったり、ハリや弾力を維持するのに効果的な成分が入っていたりするものもあるので、併せてチェックしてみてください。

ビーグレン エイジングケア トライアルセット

ビーグレン エイジングケア

価格:1,800円(税抜)

  • コラーゲンの働きを助ける
  • 浸透力を高めるテクノロジー採用
  • 4点セットでコスパが良い

ビーグレンのこのスキンケアセットは、コラーゲンの働きを補助して若々しい素肌を保てるレチノールを配合されています。

また、ビーグレンの独自浸透テクノロジー「QuSome®」を採用しているのがポイントです。

さらに、レチノイン酸トコフェリルとトリフルオロアセチルトリペプチド-2という成分も含まれており、レチノールと一緒にコラーゲンの働きを高めるために働きます。

セット内容としては、以下のとおりです。

  • クレイウォッシュ
  • QuSomeローション
  • Cセラム
  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム

クレイウォッシュは天然の粘土を配合しており、吸着力があるので、肌に入る美容成分の浸透を高められます。

Cセラムにはピュアビタミンが配合されており、抗酸化作用やコラーゲンの生成を補助できるので、シワやシミ、にきび跡のケアに効果的です。

モイスチャーリッチクリームは、ポリアミンやラミリン、アップレビティやハイビスカス花発酵液などの肌の老化を遅らせる成分が含まれています。

⇒公式サイトはこちら

⇒口コミ一覧はこちら

米肌 潤い体感セット

価格:1,500円(税込)

  • 水分保持能改善の成分を配合
  • 美肌に効果的な成分が豊富
  • 乾燥から素肌を守れる

この商品は、肌の水分保持能を改善する「ライスパワー®No.11」という成分を配合しているため、肌を効率的に潤してハリやツヤを高められます。

肌が自ら潤う力を高められるので、キメが乱れた年齢肌もキメの細かい肌へと導けます。

さらに追加で配合されている「大豆発酵エキス」「グリコシルトレハロース」「ビフィズス菌発酵エキス」「乳酸Na」「グリセリン」などの発酵エキスも美肌のために働きます。

大豆発酵エキスは水分を抱え込んで素肌に止められますし、ビフィズス菌発酵エキスは肌に存在する天然保湿因子の働きを助けることが可能です。

グリコシルトレハロースや乳酸Naも保水力の高い成分ですし、グリセリンは乾燥しやすい環境から素肌を守れます。

⇒公式サイトはこちら

⇒口コミ一覧はこちら

ライースリペア

価格:1,750円(税抜)

  • ライスパワーNo.11®配合
  • 低刺激処方
  • 全て自社製造

ライースリペアも「ライスパワーNo.11®」を配合した商品で、皮膚の水分保持能を保って肌の潤いをキープできます。

肌表面の角層はもちろん、表皮の一番内側にある基底層まで潤せるので、乾燥しにくい状態を維持することが可能です。

基底層まで浸透した後、セラミドなどの細胞間脂質の生成を補助することで、内側から潤う素肌に導きます。

化粧水・美容液・クリームのすべてにライスパワーNo.11®が含まれているので、トライアルキットを使って素肌を効率的に潤していくのがおすすめです。

いずれのアイテムも香料や着色料を使っておらず、刺激が少なめの設計になっているので、地肌が敏感で添加物をできるだけ避けたいという人にも適しています。

⇒公式サイトはこちら

⇒口コミ一覧はこちら

肌を保湿するための化粧品の使い方

保湿力のある化粧品を使うことは大切ですが、手入れの方法が間違っていると、効果的に働かせられません。

素肌に十分な水分を届けるためには洗顔で汚れを落とすことが大切です。

しかし、洗顔料には界面活性剤などの刺激が強い成分も含まれているので、やりすぎると悪影響を起こすことがあるため、注意しましょう。

洗顔の頻度としては朝晩の2回程度がベストであり、それ以上行うと地肌の潤いを過剰に落として乾燥を引き起こす原因となってしまうのです。

また洗顔をする際には、洗顔料をしっかりと泡立てて、摩擦で肌が傷つかないようにする必要があります。

そして、洗顔後にはしっかりと化粧品を使って肌に潤いを補ってください。

化粧品を乗せる際にこすると、素肌に刺激を与えてシミや肌荒れを起こす原因となってしまうので、たっぷりめに手にとってつけていきましょう。

Tゾーンなどの皮脂が多い部分には控えめにつけ、頬などにはたっぷりつけるなど、部分ごとにつける量を調節することも大切です。

肌の老化を防ぐために

肌の老化を防ぐためにはいくつか気をつけなければならないことがあります。

無視して適当なケアだけをしていても肌質が改善される可能性が低いので、エイジングケアに役立つスキンケア方法を実践していくことが大切です。

また、スキンケアばかりに力を入れるのではなく、日常の生活の中でも気をつけなければならないことがたくさんあります。

食事

現代は男性も女性も働く時代なので、忙しい時などはコンビニ弁当などで済ませてしまうこともあります。

たまにであればさほど気にすることはありませんが、このような食生活を日常的に送っているというのであれば、注意が必要です。

添加物が多い食事は、体の中の細胞にダメージを与えてしまいます。

添加物などを摂取すると来ないに活性酸素という物質が増殖し、増えすぎた活性酸素は細胞を攻撃して錆びつかせてしまうのです。

これが酸化と呼ばれる現象で、老化の大きな原因と言えます。

日頃から添加物が多い食品を控えることも大切ですが、そうもいかない場合は活性酸素の働きを抑える抗酸化物質を含む食品を一緒にとるようにしてください。

ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・ポリフェノールなどがこれにあたるので、意識的に摂取しましょう。

運動

体だけではなく素肌の老化を遅らせるためにも、運動はとても大切なものです。

デジタル社会になった今、毎日デスクワークであまり体を動かす機会がないという人も多くいます。
また、立ち仕事ばかりだという人も意外に運動量が足りていないものです。

特に女性はただでさえ筋肉量が男性と比較して少なく、さらに運動不足が重なることで代謝が大きくダウンしてしまいます。

筋肉量は何もしないと加齢とともにどんどん減っていってしまうので、運動をする習慣をつけて筋肉量を維持していくことが大切です。

有酸素運動や筋力トレーニングなどの無酸素運動を一緒に行っていくことで、素肌の生まれ変わりが促されてきれいな素肌を維持できるようになります。

生活習慣

美しい素肌を保つためには、運動や食事と並行して生活習慣にも注意する必要があります。

現代人では避けて通れないストレスですが、これがたまると体内でストレスに対抗するための活性酸素が増え始めます。

増えすぎた活性酸素はやはり細胞を攻撃してダメージを与えてしまうので、体の酸化が進んで老化が進行してしまうのです。

ストレスをためないために定期的に趣味などをして発散させていくようにしましょう。

また、睡眠不足も体を疲れさせてストレスをため込む原因になるので、注意が必要です。

肌の乾燥に有効な習慣

肌の乾燥を防ぐためには、日頃の過ごし方にひと工夫を加えることも大切です。

冬場は寝ている間の乾燥も気になるので、マスクをするなどして顔の湿度を保つ工夫をすることが大切です。

また、部屋が乾燥していると素肌もかさつきやすくなるので、加湿器をつけたり観葉植物を置くなどして室内の湿度を保つように心がけましょう。

まとめ

今回は、年齢肌の乾燥の悩みを対策するための保湿方法について紹介してきました。

乾燥はメイクのノリも見栄えも悪化させてしまう厄介なものではありますが、保湿化粧品を使って手入れをすることで、潤いのある素肌を維持することが可能です。

保湿に関して正しいスキンケアをすることも大切ですし、ストレスを溜めないなど日常生活に気をつけることも大切です。

日常生活にも気をつけ、年齢を感じさせない若々しい素肌を保ちましょう!

お気に入りに追加しました!

お気に入りに登録するとログインなしで
商品や記事をいつでも見ることができます。


⇒お気に入り一覧をみる