0

年齢肌におすすめの化粧品3選!化粧品の選び方や使い方もご紹介

年齢肌のケアってどうすればいいの?

年を重ねるごとに毛穴が開ききってしまい、肌はカサカサしている。

そんな悩みはありませんか?

毛穴の開きや乾燥、シワ・しみ・たるみなど多く問題に悩まされるのが年齢を重ねた肌。

そんな年齢肌の悩みは、化粧水でたっぷりと肌に潤いを与えることである程度ケアすることができます。

今回の記事では、以下のポイントを中心に分かりやすく解説します。

  • 年齢肌の症状と原因
  • 年齢肌に良い化粧品の選び方
  • 年齢肌におすすめの化粧品

年齢肌にどの化粧品が良いのか悩んでいる人は、参考にしてみてください。

きっと今よりも若々しいもちもち肌が叶えられるはずです。

※記事内に記載のある「美白」とはメラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐことです。

年齢肌の症状と原因

年齢肌に良い化粧品の選び方の前に、年齢肌とはどんな症状があり何が原因なのか知っておきましょう。

年齢肌の主な症状や原因には大きく分けて以下の3点があります。

  • 肌の乾燥
  • しわ・たるみ
  • シミ・くすみ

どれも年齢肌の気になる悩みばかり。

それぞれの症状や原因について、詳しく解説していきます。

①肌の乾燥

肌の乾燥は、年齢肌の主な原因です。

年齢肌といっても症状は人それぞれですが、その全てを通して問題となるのが肌の乾燥です。

逆にいうと、肌が乾燥することにより、年齢肌のあらゆる症状が現れるということです。

肌が乾燥してしまう原因は大きく分けて以下の3つです。

  • 加齢
  • 紫外線
  • 間違ったお手入れ

肌にはもともと保湿成分が備わっていますが、30代や40代になるとその保湿成分がぐんと減ってしまいます。

そのため、年を重ねるだけでも乾燥しがちな肌になってしまうのです。

また、紫外線も肌の乾燥を引き起こします。

肌を乾燥させないためにも、毎日日焼け止めを使うことが大切です。

そしてゴシゴシ洗いなどの間違ったスキンケアも肌の乾燥を引き起こします。

年齢を重ねた肌を乾燥させないためには、保湿成分がたっぷりと配合された化粧品を使うことが効果的です。

②しわ・たるみ

年齢肌で悩みが多い症状がしわやたるみです。

しわやたるみは肌にあるハリを保つ成分が減ってしまうことで起こります。

ハリを保つ成分は、紫外線を浴びることで減少してしまいます。

若い頃に日焼けをしすぎた人は、しわやたるみに悩まされることも多いでしょう。

年齢を重ねた肌は、ハリを保つ成分を自ら生成するのは難しくなってきます。

ハリを取り戻すためには、化粧品でハリを保つ成分を補ってあげるのが効果的です。

③シミ・くすみ

年齢肌ではシミやくすみに悩まされている人もいます。

シミやくすみは紫外線や糖分の取り過ぎなどによって引き起こされます。

若い頃とは違い、30代や40代に入ってからシミやくすみが徐々に増えてきた肌に悩んでいる人も多いでしょう。

シミやくすみはすぐ消すことは難しい肌悩みですが、じっくりと時間をかけると綺麗になってゆくものです。

化粧品では美白成分の配合された化粧品がおすすめです。

特に医薬部外品の化粧品なら、美白成分にある程度透明感がアップすることが期待できます。

若々しい素肌を目指すことができるので是非使ってみてください。

年齢肌におすすめの化粧品の選び方

年齢肌の症状や原因を知ったところで、次は年齢肌の悩みを解決してくれる化粧品の選び方を紹介します。

おさえておきたい選び方のポイントは3つあります。

  • 保湿成分が配合されているか
  • 悩みにあった成分が配合されているか
  • 継続して使えるか

それぞれのポイントについて、詳しく解説していきます。

保湿成分が配合されているか

年齢肌の主な原因は乾燥です。

化粧品で年齢肌をケアしたいなら、保湿成分が配合されているものを選びましょう。

保湿力の高い成分には以下のようなものがあります。

  • セラミド
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸

どれももともと体内にある成分ですが、年を重ねるごとに減少してしまいます。

これらの保湿成分は体内で生成されにくくなってゆくので、外側から補ってあげる必要があります。

特に化粧水にはこれらの高保湿成分が配合されているものが多く市販されています。

是非これらの保湿成分が配合された化粧水を選び、ぷるんと潤った肌を目指しましょう。

悩みにあった成分が配合されているか

保湿成分のほかには、悩みにあった成分が配合されていることも大切です。

年齢肌といっても症状は様々なので、その悩みにあった成分を選ぶと理想の肌に近づくことができます。

年齢肌によくある悩みごとに、適した成分を紹介します。

<しみ・くすみ>

  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタ

<シワ・たるみ>

  • レチノール
  • ビタミンC誘導体
  • エラスチン

<毛穴>

  • ビタミンC誘導体

自分の肌悩みにあった成分を頭に入れておきましょう。

年齢肌をケアするためには保湿成分と悩みを解決する成分が重要です。

保湿成分が配合されているものの中から、悩みにあった成分が配合されているものを選びましょう。

③継続して使えるか

いくら保湿力やエイジングケアの力が優れている化粧品でも、継続して使えない化粧品では無駄になってしまいます。

実際に使ったときに継続して使えるかどうかを以下のポイントに沿って確認しておきましょう。

  • 続けられる価格か
  • 刺激のある成分はないか
  • 使うのが簡単か

化粧品にはトライアルセットが購入できるものも多いですが、トライアルセットの価格ではなく現品の価格まで確認しておきましょう。

エイジングケアは継続して使うことで効果が発揮されるものなので、今後継続して使っても負担にならない価格のものを選びましょう。

また、肌が敏感で肌荒れしやすい方は、刺激のある成分がなるべく少ないものをおすすめします。

低刺激性や無添加処方と記載された化粧品が良いでしょう。

また、使うときの手軽さも考えておく必要があります。

ラインで使うとステップが多くなりすぎるものや、キャップが締めづらいものなどは、面倒なので長続きしないことがあります。

継続して使っても無理なく使えるアイテムを選び、楽しみながらスキンケアを続けましょう。

年齢肌におすすめの化粧水3選

続いて年齢肌におすすめの化粧水を3つピックアップして紹介します。

最近肌のトーンが暗くなった、化粧のノリが悪い、たるみが気になると悩む年齢肌の方は、是非参考にしてみてください。

ホスピアップ

ホスピアップ
商品価格:2,980円

<特徴>

  • 9つの保湿成分でたっぷり潤う
  • ハリ艶をアップし肌を引き締める
  • 美容液の入りを良くしてくれる

ホスピアップは、美容液の浸透力を上げてくれるフェイスライン用の化粧水です。

フェイスラインをキュッと引き上げてくれるだけでなく、ヒアルロン酸などの保湿成分がもちもちした肌へと導いてくれます。

エイジングサインが気になりだした方は、使ってみると肌の違いが実感できるはずです。

BiJO達の口コミ

公式サイトはこちら

ファンケル モイストリファイン

ファンケル モイストリファイン
商品価格:1,510円

<特徴>

  • 美容成分がキメを整える
  • 毛穴を引き締めるビタミンP配合
  • 防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤不使用

ファンケルのモイストリファインは、毛穴に悩む人におすすめの化粧水です。

アクティブセラミドは肌に潤いを与えるだけでなく、肌のキメを整えなめらかにしてくれる成分。

それに加えてビタミンPが肌をスムーズに整え、年齢肌で気になってくる毛穴を目立たなくしてくれます。

防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤不使用なのもうれしいポイントです。

BiJO達の口コミ

公式サイトはこちら

シェリア プレミア エッセンス

シミケア商品
商品価格:3,980円

<特徴>

  • 1本6役で簡単スキンケア
  • 効き目が実感しやすい医薬部外品
  • 48種の美容成分があらゆる肌悩みに対応

シェリアのプレミアエッセンスは、1本6役のお手軽さが人気の化粧品です。

洗顔後はこれ1本でお手入れが完了するところが人気の秘密。

1本で美白、保湿、引き締めなどあらゆる年齢肌の悩みにアプローチしてくれます。

毎日忙しい女性でもうるつや肌が保てると好評です。

BiJO達の口コミ

公式サイトはこちら

アンチエイジングのための化粧品の使い方

年齢肌におすすめの化粧品をチェックしたところで、続いてアンチエイジングのための化粧品の使い方を説明します。

アンチエイジングでは次の2つのポイントに気をつけることが大切です。

  • 乾燥させないこと
  • 肌に刺激を与えないこと

この2つに気を付けながら、毎日丁寧にお手入れを行うことで肌が見違えるほど綺麗になります。

洗顔方法

アンチエイジングのための洗顔方法を紹介します。

メイクをしている場合は、クレンジングでメイクを落としてから洗顔をはじめます。

そのときに使うクレンジングは、ある程度洗浄力の強いものがおすすめです。

洗浄力の弱いクレンジングは肌にやさしいので魅力的ですが、メイクが肌に残ってしまうと肌の状態が悪化してしまいます。

ある程度洗浄力の強いクレンジングで、1分以内にスピーディーに行うことでメイク汚れをさっぱりと洗い流すことができます。

クレンジングのあとは洗顔で顔についた汚れを落とします。

  1. 顔を水で洗う
  2. 洗顔料を取り出す
  3. たっぷりと泡立てる
  4. やさしく包み込むように洗う
  5. ぬるま湯ですすぐ
  6. 清潔なタオルで水分を拭き取る

全てのステップをやさしく刺激を与えないように行いましょう。

5つ目のステップでは、熱すぎず冷たすぎない水で洗うことが大切です。

熱すぎるお湯や冷たすぎる水は肌を乾燥させてしまうからです。

すすぎ残しがないように丁寧に洗いましょう。

洗顔が終わったらすぐに化粧水などの化粧品で保湿ケアをしておきましょう。

併用すると有効な成分

エイジングケアには特におすすめの成分があります。

  • セラミド
  • レチノール

上記で紹介したように、セラミドは保湿力の高い成分です。

セラミドにもいくつか種類がありますが、特にヒト型セラミドは人がもともと持っているセラミドなので、浸透力が抜群です。

また、レチノールは肌の弾力を保つ成分で、不足するとたるみやほうれい線へとつながってしまいます。

上記の成分を見つけたら、是非積極的に取り入れてみましょう。

肌の老化を防ぐために

笑う女性

人は年を重ねるごとに悩みが増えていくもの。

しかし食事や運動・生活習慣に気を付けることで、ある程度老化を防ぐことができます。

特に肌は、素直に体の状態が表れやすいもの。

それだけ手をかけてあげると正直に答えてくれる部位でもあります。

化粧品で肌をケアしながら、内側からの健康にも気を配りましょう。

食事

油っこい食事は肌の老化を促します。

油の多い食事は避け、なるべく和食中心の質素な食事を心がけましょう。

アンチエイジングに良いといわれる食材の一例を紹介します。

  • トマト
  • アボカド
  • レモン

これらの食品には、肌の老化を防ぐと言われる成分がたっぷりと含まれています。

料理に積極的に取り入れ、肌の若々しさをキープしましょう。

運動

運動不足は、代謝が悪くなるので肌に悪影響を与えます。

日頃運動していないと感じる人は、代謝を活発にする有酸素運動をおすすめします。

一日少しずつでも続けることが大切なので、無理なく続けられる軽い運動を生活の中に取り入れましょう。

アンチエイジングのためにおすすめの運動には以下のようなものがあります。

  • 1日20分のウォーキング
  • 1日5分の踏み台昇降運動
  • 1週間に1回の水泳

これらの運動は、全身の血行を良くして体を生き生きと保つのに効果的です。

激しい運動をする必要はないので、血行が悪くならない程度の軽い運動を毎日続けましょう。

肌にはストレスは大敵です。

特に年齢を重ねると、体の動きも少なくなりストレスを感じることも多くなるもの。

運動をすると心身共に晴々とすることも、大きなメリットといえるでしょう。

生活習慣

規則正しい生活習慣も肌の健康を保つために大切なポイントです。

  • 徹夜をしない
  • 毎日同じ時間に食事をする
  • 1日3食食べる
  • たばこを吸わない
  • 朝ごはんを抜かない

基本的な生活習慣は守ることは非常に大切です。

綺麗な人には毎日夜遅くまで起きている人よりも、早寝早起きをしている人の方が多いです。

今までの生活習慣に問題があると感じる人は、できる範囲で見直してみることをおすすめします。

生活習慣が見直されると、肌も見違えるほど美しくなるでしょう。

まとめ

今回は、年齢肌に良い化粧品について解説しました。

年齢肌は、乾燥させないことと刺激を与えないことが最も重要なポイントです。

日頃から生活習慣にも気を配り、やさしく潤いのある毎日を過ごしましょう。