0

【悩み別】年齢肌対策におすすめの美容液5選!シワやシミ、乾燥を対策

※本記事内での美白とはメラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐことをいいます。
※本記事内でのしみ、そばかすとは日焼けによるしみ、そばかすをさします。

年齢肌におすすめの美容液って?

年齢肌,美容液

何となく肌に元気がなくてくすむ、肌が乾燥してメイクが乗らない、たるみをリフトアップしたい、など年齢肌に悩む方は多いのではないでしょうか。

年齢肌は1つの症状がメインの肌トラブルではなく複合的な肌トラブルが起こり、どうケアしていいのかわからない状態になってしまうことが多いのです。

そこで、今回は以下3点を中心に解説をしていきます。

  • 年齢肌におすすめの美容液の選び方
  • 悩み別おすすめ美容液3選
  • アンチエイジングのための美容液の正しい使い方

年齢肌におすすめの美容液の選び方

年齢肌,美容液

年齢肌による乾燥、毛穴の悩み、シミ、くすみ、しわ、たるみにアプローチする美容液の選び方をご紹介します。

保湿成分が含まれるものを選ぶ

年齢肌の肌トラブルの多くに影響しているのが肌の乾燥です。

その乾燥をストップさせるためには、正しい保湿を行いトラブルに負けない肌の土台を作ることが重要です。

きちんと肌を潤すには、ただ水分を入れるだけの保湿ではなく、肌そのものを乾燥しにくい状態に導く根本ケアが年齢肌のケアには不可欠です。

成分の配合でチェックすべきなのがセラミドが配合されているかどうか、ということです。

セラミドは水分をサンドイッチ状に挟み込む性質を持ち、高い保湿状態を維持します。

年齢とともに減少してしまうため、補給し与え続けることが大事になります。

<年齢肌に必要な保湿成分>

  • セラミド・・・保湿力が高い成分。
  • コラーゲン・・・皮膚内部では肌の弾力成分で、化粧品での役割は保湿物質としての働きが有効。
  • エラスチン・・・肌のハリを維持する。
  • ヒアルロン酸・・・弾力性やみずみずしさを保ちます。

エイジングケア成分が配合されているものを選ぶ

年齢肌をケアをするときに、保湿成分と同時に必要なものがエイジングケア成分です。

エイジングケア成分は保湿成分と同じものもありますが、保湿とターンオーバーを整える、抗酸化作用に優れるもの、などがあり、トータル的な年齢肌をケアする時に利用しましょう。

年齢肌の乾き肌に潤いを与え、ハリをアップし、きめこまかい肌に導くためには以下のエイジングケア成分が有効とされています。

エイジング成分と保湿成分を重視することで、肌に保湿と潤いがもたらされるため、乾燥による毛穴の開き、しわ、くすみ、たるみのケアに有効になります。

年齢肌の肌トラブルを改善するとともに、年齢肌を予防するエイジングケア成分は非常に優秀です。

年齢肌を感じたら、これらの成分が配合された化粧品をセレクトしましょう。

<エイジングケア成分>

  • セラミド・・・水分や油分を抱えこみふっくらとしたを保つ
  • レシチン・・・肌の潤いをつくりだし皮膚に水分を閉じ込めて、肌の乾燥を防ぐ
  • ヒアルロン酸・・・弾力性やみずみずしさを保ちます
  • プラセンタ・・・チロシナーゼを抑制する美白効果、ターンオーバーを整える働き、肌に潤いを与える働きがある
  • ビタミンC誘導体・・・ターンオーバーを促進し、抗酸化作用がある

シミやくすみには美白成分をプラスする

年齢肌の影響はシミやくすみにも及び、保湿だけでは補えない美白成分をプラスすることで、シミケア、くすみケアをすることができます。

美白ケアをする際にも年齢肌の予防やケアを考え、保湿成分も配合されているものを選ぶとよいでしょう。

メラニンの生成を抑制し新たにシミやくすみを作らない予防ケアをすることで、年齢肌のシミ、くすみの予防になります。

肌に対する安全性も高く、年齢肌にもしっかりとアピールします。

<年齢肌にアプローチする美白有効成分>

  • ハイドロキノン・・・メラニン生成の抑制をサポート
  • アルブチン・・・メラニン生成の抑制をサポート
  • ビタミンC誘導体・・・メラニン生成抑制をサポートし、抗酸化作用がある
  • リノール酸・・・チロシナーゼを分解する

悩み別おすすめ美容液

年齢肌にアプローチする美容液を3つ厳選しました。

自分の年齢肌の症状に合うものを選んでくださいね。

シミ予防美容液を選ぶなら

医薬部外品の化粧品には厚生労働省に認められたアルブチンやビタミンC誘導体などの成分が配合されており、美白クリームにおいては「メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ」又は「日やけによるしみ・そばかすを防ぐ」ことが認められています。

そのため医薬部外品として販売されている美容液を使用することが推奨されます。

ロスミンリペア クリームホワイト

内容量:30g
価格:3,800円

  • シミを防ぐ美白成分アルブチンを配合
  • 香料や着色料フリーの無添加処方
  • 医薬部外品クリーム

ロスミンリペアクリームホワイトはシミを防ぐ美白成分であるアルブチンを配合した医薬部外品の美容液です。

肌荒れも気になる年齢肌のことを考え、肌荒れ防止の有効成分であるトラネキサム酸も配合しています。

加齢と共に気になる美白や肌荒れの両面からサポートし、思わず触ってしまうような健やかな肌に導きます。

⇒公式サイトはこちら

⇒口コミ一覧はこちら

しわ・たるみ

しわやたるみでお悩みの方におすすめの美容液を解説します。

ディセンシア アヤナス エッセンス コンセントレート

ディセンシア アヤナス エッセンス コンセントレート

内容量:36g
価格:7,290円

<特徴>

  • 年齢肌の黄ぐすみ、たるみ毛穴の原因となる糖化を2つのエキスを配合
  • リフトオイルでハリのある肌を目指します
  • 「ストレスバリアコンプレックス®」により、ストレスに強い肌へと導く

年齢肌に高いアプローチ力を持つ美容液で、ストレスによる肌の疲れ、年齢肌によるたるみやくすみのある肌をすこやかな肌に整えます。

濃密でコクのあるエッセンスは肌に馴染んだ瞬間、一体化するように肌になじみ、乾燥による年齢肌に潤いをもたらします。

アヤナス エッセンス コンセントレートを含む10日分トライアルセットは1.480円と非常にお得な価格となっているので、年齢肌が気になり始めた方でも気軽に試すことができます。

⇒公式サイトはこちら

⇒口コミ一覧はこちら

乾燥でお悩みの方にオススメの美容液3選

乾燥でお悩みの方におすすめの美容液3選を発表していきます。

米肌 肌潤改善エッセンス

米肌肌潤改善エッセンス

内容量:30ml
価格:1,389円

<特徴>

  • セラミドを産生するライスパワーNo.11を配合
  • 無香料、無着色、弱酸性
  • トライアルセットでフェイシャルパック付き

瑞々しいテクスチャーが、年齢肌になじむ美容液です。

すべすべとした保護膜で肌が覆われるため、潤いが持続し、乾燥肌質を根本からケアします。

肌潤改善エッセンスは浸透型リン脂質が美容成分を角質内に引き込み、エモリエントゲルがうるおいをしっかり閉じ込め、水分保持機能をサポートします。

14日分のトライアルセットは1,389円で肌潤改善エッセンスを含む5点セットで、年齢肌をケアする最適なセットになっています。

⇒公式サイトはこちら

⇒口コミ一覧はこちら

ドクターソワ アマランス モイスト リフト プリュス セラム

ドクターソワ アマランス モイスト リフト プリュス セラム

内容量:30ml
価格:9,180円

<特徴>

  • たるみやくすみなど、年齢肌の気になる部分をケアする美容液
  • DMAE(酒石酸ジメチルエタノールアミン)を配合
  • 抗糖化成分カルノシン、αリポ酸、パルミチン酸レチノールを配合

肌に塗布すると低分子のDMAEがすこやかな年齢肌にサポートします。

肌のコンディションを高めることで、年齢肌による乾燥が原因のくすみやたるみ肌をハリがみなぎる肌に働きかけます。

紫外線や乾燥などのダメージから肌を守り、必要な成分を内側に保つことが働きがあり、毎日のお手入れで若々しい肌をキープします。

⇒公式サイトはこちら

⇒口コミ一覧はこちら

リマーユ プラセラ原液

リマーユ プラセラ原液

内容量:120ml
価格:3,820円

<特徴>

  • 1つで6役(ブースター・化粧水・美容液・乳液・クリーム・パック)
  • 美容成分47種を配合
  • 抗シワ試験済み

高品質な馬プラセンタと馬セラミドを使用したエイジングのための美容液で、年齢肌の悩みにアプローチする化粧品です。

朝晩の使用でターンオーバーを整えます。

顔全体をハンドプレスすることでより美容成分が肌になじみ、年齢肌による目元、口元の乾燥部分への重ね付もおすすめです。

⇒公式サイトはこちら

⇒口コミ一覧はこちら

アンチエイジングのための美容液の使い方

年齢肌,美容液,使い方

年齢肌が気になるようになったら、エイジングケア成分が配合されている美容液はマストアイテムです。

そして、アンチエイジングの第一歩となるのが正しい洗顔です。

正しい洗顔を行うことで、エイジング成分をしっかりと肌に浸透させる準備をしてあげましょう。

また、メイクの汚れは毛穴が黒ずんでしまったり、くすみや肌荒れの原因になります。

しっかりとクレンジングで落としましょう。

正しい洗顔方法

洗顔はクレンジング洗顔とその後の洗顔、それぞれ意味合いが異なります。

クレンジングはメイクと皮脂などの油(脂)を落とすためであり、その後の洗顔ではホコリ、汗など水溶性のものを落とすという役割があります。

どちらも年齢肌のトラブルを避けるためには必要な洗顔です。

年齢肌の肌トラブルを予防するためにも、またアンチエイジングを考える上でも正しい洗顔を行うことは大切です。

洗顔はメイクと皮脂など油(脂)を落とすクレンジング洗顔と、ホコリや汗など水溶性のものを落とす洗顔の2回は必要になります。

  1. クレンジングはできるだけ肌に負担が少なく、保湿成分が含まれるものを選びましょう。
  2. アイメイクなどは専用リムーバーで落としてから顔全体のメイクをクレンジングで落とします。
  3. 朝、夜の2回の洗顔は必要です。クレンジングも朝と夜行いましょう。
  4. クレンジング、洗顔料は規定量を守りましょう。
  5. 洗顔料はしっかりと泡立て、泡で顔を洗うことを意識してください。
  6. クレンジング、洗顔は指の腹側を使いくるくると泡を肌にのせて洗います。
  7. すすぎのお湯の温度は30~35℃程度にし、シャワーで洗い流すのではなく泡を落とすことを意識してください。
  8. すすぎ後の水分はタオルでポンポンと押し当てるようにぬぐい取ります。

洗顔後の肌は乾燥しやすい状態となっているので、すぐにケアをはじめましょう。

洗顔後のケアが最も重要

洗顔後の肌はとても柔らかく毛穴が開いている状態のため肌の水分がどんどん蒸発して乾燥してしまいます。

特に年齢肌は乾燥は避けるべきことです。

何よりも重要なのは美容液です。

美容液は保湿成分だけではなく、エイジングケア成分や美白成分など様々な有効成分を肌に与えてあげられる貴重なエッセンスです。

肌の水分量を減らす間違ったスキンケアをしないこと

シミやくすみ、しわ、たるみなど、年齢肌の多くの肌トラブルに共通するのが肌の乾燥によるものです。

年齢肌をケアするために良かれと思って行っているスキンケアが間違っていると、肌の水分はどんどん失われてしまいます。

そしてアンチエイジングの基本は保湿をしっかりと行うことでもあります。

間違ったスキンケアをしていないか、チェックしてみましょう。

  • 精製水を染み込ませたコットンでパックをしている
  • 化粧水や乳液を肌にすりこんでケアしている
  • 加湿器を使って顔に直接蒸気を当てている
  • パック後に洗顔を行っている
  • 眠っている間も美容パックをしている

これらはすべて乾燥の原因となるものです。

もし、行っていたら、今日から辞めて、アンチエイジングを行っていきましょう。

年齢肌の症状と原因とは?

年齢肌,症状

年齢肌による肌トラブルの症状と原因についてみていきましょう。

年齢肌の肌トラブルとされるものは大きく分けると3つの肌トラブルになります。

  • 肌の乾燥
  • しわ・たるみ
  • シミ・くすみ

この3つの肌トラブルは1つだけが年齢肌の症状である、というわけではなく、複合的に現れるのも年齢肌の特徴です。

1ずつ詳しく解説していきます。

肌の乾燥

年齢肌の代表的な症状が肌の乾燥です。

女性は冷え性な方が多いので、若くても肌が乾燥して、という方も多いのですが、年齢肌になると、乾燥肌が年間を通して悩みの種になります。

肌の乾燥の症状

年齢肌になると保湿や潤いを肌に与えてあげても、なかなか肌の乾燥は回復しません。

そればかりか、乾燥症状がひどくなり小じわやくすみの原因になる場合が多いのです。

年齢肌によって肌が乾燥すると、肌がかさつき、潤い不足が顕著に現れます。

メイクをすると肌が毛羽立ちよれる、美容液で保湿しても翌朝には頬がカサカサしている、肌にハリがない、小じわが目立つ、毛穴が目立つなど年齢肌による乾燥の症状は様々な肌の老化を招く原因になります。

年齢肌の乾燥の原因

年齢肌で肌が乾燥してしまう原因は2つあります。

  1. 肌のバリア機能の低下
  2. 肌内部にある保湿成分の減少

年齢を重ねるごとに肌のバリア機能は低下していきます。

そして、肌の保湿成分であるセラミドとヒアルロン酸、肌のハリ成分であるエラスチン、コラーゲンは年齢によって減少していきます。

この2つが絡み合い、年齢を重ねるごとに、肌は乾燥しやすい状態となっていき、年齢肌による乾燥をまねくようになります。

年齢肌による乾燥をケアするためには、今まで以上に保湿を意識して行うことが大切です。

<意識してケアに摂り入れたい保湿成分>
セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸など

しわ・たるみ

年齢肌の症状の2つ目はしわとたるみです。

しわやたるみは年齢よりも老けて見えてしまうため、鏡を見てため息が出てしまうこともあるのではないでしょうか。

しわ・たるみの症状

目じりにできる小じわは、しわの初期症状で、しっかりとケアすれば、解消されることも多いのですが、本格的に肌に刻まれてしまったしわは化粧品のケアだけでは回復は困難です。

また、目の下のたるみ、ほうれい線が刻まれることでできる頬のたるみも年齢肌によるものです。

別名ブルドッグライン、ゴルゴラインなどとも呼ばれるしわとたるみの症状は、気が付いた時点で早め早めのケアが必要です。

しわ・たるみの原因

年齢肌のしわやたるみの原因は2つあります。

  1. 肌内部のハリ成分の減少
  2. 活性酸素の蓄積

肌内部にあるハリ成分はコラーゲン、エラスチンであり、年齢とともに減少し、それに伴い皮膚が重力に逆らえず下に下がってくると年齢肌によるたるみになります。

たるんだ部分が折りたたまれると肌に刻まれてしまい、それがしわになります。

また、紫外線やストレス、汚れた空気やホコリなどが体内に蓄積すると活性酸素が発生し、コラーゲンを破壊しはじめ肌の繊維が断ち切られてしまうため、しわやたるみとなって現れるようになります。

蓄積するということは、それなりに年数がかかるため、年齢肌となってしわやたるみが現れるのです。

紫外線対策、活性酸素を蓄積しない、抗酸化作用のある成分の化粧品を使うなどで年齢肌によるしわやたるみを食い止めることが可能になります。

<意識して使いたいハリ成分、抗酸化成分>
コラーゲン、ヒアルロン酸、ビタミンC誘導体など

シミ・くすみ

年齢肌によるシミやくすみは、肌色が暗く見えるので、年齢よりも老けて見えてしまうことがあります。

どちらもファンデーションでカバーするにも限界があるので、正しくケアを継続的に行っていきたいものです。

シミ・くすみの症状

気が付かないうちにできたシミや、顔色をワントーン暗く見せてしまうくすみは年齢肌の特徴です。

また、くすみは若い方でも体調を崩したり冷えたりするとグレーがかった顔色になることがありますが、年齢肌のくすみは黄色い黄ぐすみが特徴的です。

くすみやシミを隠すためにファンデーションでカバーするために厚塗りになってしまうと、なおのこと肌の色の違和感が生じてしまいます。

年齢肌の症状の中でも、長い時間のケアが必要になります。

シミ・くすみの原因

年齢肌のシミとくすみの原因となるものは3つあります。

  1. メラニンの色素沈着
  2. ターンオーバーの乱れ
  3. 活性酸素

通常メラニンは肌に残ることなくターンオーバーによって排出され古い角質とともに垢となり剥がれ落ちていきます。

しかし、年齢肌になるとターンオーバーのサイクルが遅くなりメラニンの排出スピードが落ちて肌にとどまり、茶色にシミとなって残ります。

くすみもターンオーバーのサイクルが影響していますが、もう1つは活性酸素の蓄積によるものの影響もあります。

紫外線は何年もかけて肌にシミを作るとされているので、美白化粧品とともに、ターンオーバーのサイクルを促進する成分が配合された化粧品を使うのもポイントです。

シミ、くすみの年齢肌の症状をケアするためには、同時にその後の肌にシミやくすみを作らない予防にもなります。

<意識して使いたい美白成分>
ビタミンC誘導体、アルブチン、ハイドロキノンなど

年齢肌のケアってどうすればいいの?

年齢肌,ケア方法

年齢肌のケアは外側からだけではなく内側からのケアも大切です。

肌を若返らせる食べ物って?

年齢肌をケアするためには、内側からのケアもとても重要になります。

特に食べ物は肌に影響が大きく、偏食や激しいダイエットなどで栄養バランスが崩れるとカサカサ肌になりやすくなります。

肌を若返らせるとされる栄養素を意識的に摂りながら、栄養バランスの整った食生活を送ることで、肌も健康になっていきます。

野菜の中でも美肌に良い食べ物

とくにアンチエイジングのために意識して摂りたいのはβカロテンを豊富に含む緑黄色野菜です。

βカロテンは抗酸化作用が高く、体の中でビタミンAとして働き、皮膚や粘膜を強くして肌荒れや年齢肌による老化を予防する効果があります。

ビタミンCはじゃがいもやカリフラワーに多く含まれ、抗酸化作用がやはり高い栄養素です。

肌年齢のチェックもおすすめ

自分の肌年齢が何歳なのか、肌年齢チェックは化粧品カウンターなどで無料で行ってくれるSHOPをご紹介します。

  • SKⅡ・・・肌分析の機器でキメ、ハリ、シミ、くすみなど5つの診断ができます。
  • 資生堂・・・専用機器が2種類あり、しわ、キメなど総合的にチェックしてくれます。
  • POLA・・・11項目の詳細な要素に関して肌診断を行います。肌サンプルをとり分析結果が後日送られてくる本格的な診断ができます。

上手に肌年齢チェックを利用して、受けたアドバイスを元に、肌年齢を若々しくするために役立ててくださいね。

まとめ

年齢肌の悩みを改善し、若々しい素肌を手に入れるためには、少々時間がかかりますが、根気強く取り組む姿勢が大切です。

日々のスキンケアに年齢肌に対応している美容液を用いながら、食生活の見直し、睡眠時間をしっかりと確保する、運動を生活に取り入れるなど行ってみましょう。

 

お気に入りに追加しました!

お気に入りに登録するとログインなしで
商品や記事をいつでも見ることができます。


⇒お気に入り一覧をみる