0

美白に効果のある美容液は?2019年に人気のおすすめ美白美容液10選

美白効果のある美容液って?

シミが消える化粧品とは

最近シミやくすみが気になりだし、肌を白くしてくれそうな美白美容液が気になってきてはいませんか?

ところどころで売られている美白美容液ですが、種類が多すぎて分からない人も多いでしょう。

今回は、美白ケア美容液について下記のポイントを中心に解説します。

  • 人気の美白美容液10選
  • 美白美容液の選び方
  • 美白美容液の使い方

人気の美白美容液について詳しくなると、きっと自分なりのケア方法が見つかるはずです。

正しいケア方法で、ワントーンアップした明るい肌を目指しましょう。

※記事内に記載のある「美白」とはメラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐことです。

美容液で美白はできる?

美白美容液は、肌の透明感をアップすることが期待できます。

おすすめの美白美容液を紹介する前に、3つのポイントに分けて美白美容液について解説します。

  • 美白とは
  • 美容液とは
  • 美白に効果のある成分

シミやそばかすを予防する美白美容液について知っておきましょう。

①美白とは

美白とは一般的に肌が透明感がある状態をさします。

美白になれない原因は、肌のシミやくすみです。

シミやくすみが気になりだすと、透明感をアップするために美白化粧品がきになってくるのです。

多くの女性が憧れる美白ですが、化粧品での美白の意味は「メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐこと」です。

今あるシミやそばかすを消したり、肌の色が本来より白くなるものではありません。

美白と書いてあるからといって、肌が本来よりも白くなるという意味ではないことを頭に入れておきましょう。

ただ、美白化粧品を使うことにより将来の日焼によるシミやそばかすを防ぐことができるので、長い目で見れば美肌に近づくことができるといえます。

②美容液とは

美容液は、化粧水のあと乳液の前につける基礎化粧品です。

美容液は化粧水で与えられた水分をキープするために重要なアイテムです。

保湿成分や美容成分がたっぷりと凝縮されていて、様々な肌悩みに対応したものがあります。

絶対に必要なものとはいわれていませんが、美容液を普段のスキンケアにプラスすることで格段と美肌へと近づけます。

特に美白美容液は、医薬部外品または薬用と呼ばれるある程度効果があると認められたものがおすすめです。

化粧品でトーンアップしたいなら、美白美容液をおすすめします。

③美白に効果のある成分

美白に効果があるといわれる主な成分は以下のとおりです。

  • ハイドロキノン
  • アルブチン
  • トラネキサム酸
  • ビタミンC誘導体

これらの成分がシミやそばかすを予防してくれます。

美白有効成分といわれるものですが、安定性の低い成分もあるので、気をつけて使用する必要があります。

美白美容液の選び方

美白美容液には医薬部外品のものが多く販売されています。

ここで美白美容液の選び方を確認しておきましょう。

美白美容液を選ぶうえで重要なポイントは以下の3点です。

  • 保湿効果の高いものを選ぶ
  • 美白に効果のある成分を見て選ぶ
  • 続けやすい価格のものを選ぶ

それぞれのポイントについて、詳しく解説します。

①保湿効果の高いものを選ぶ

肌のコンディションを保つためには、肌を乾燥させないことがキーとなります。

美白美容成分の中には肌を乾燥させやすいものもあるので、しっかりと保湿成分で肌を乾燥から守る必要があります。

保湿効果が高い成分は、以下のとおりです。

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

特にセラミドは保湿効果が非常に高いといわれる高保湿成分なので、積極的に取り入れることをおすすめします。

保湿成分がなるべくたっぷりと配合された美白美容液を選びましょう。

②美白に期待できる成分を見て選ぶ

肌のシミやくすみをケアしたいなら、肌を明るくしてくれる美白有効成分の入ったものを選ぶことをおすすめします。

医薬部外品には一定量の美白有効成分が配合されています。

「メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ」又は「日やけによるしみ・そばかすを防ぐ」と認められているので、医薬部外品を選ぶのも効果的です。

美白に期待できる主な成分は以下のとおりです。

  • ハイドロキノン
  • アルブチン
  • トラネキサム酸
  • ビタミンC誘導体

他にも美白に期待できる成分はありますが、まずはこれらの成分を頭に入れておきましょう。

同時に美白に期待できる成分が、どのくらい配合されているのかもチェックしてみてください。

化粧品の配合成分は、配合量が多い順に並んでいます。

パッケージに記載された成分を見て、美白成分の配合量が多いものを選ぶと理想の肌に近づけるでしょう。

③続けやすい価格のものを選ぶ

いくら成分の良い美容液でも、値段が高くて続けられなくては意味がありません。

美白は一日で叶えられるものではありません。

最低でも3ヵ月はケアを続けることで肌が変わってきます。

使い続けるためには長く使い続けても家計の負担にならない価格のものを選ぶ必要があるのです。

現品を毎月購入し続けても、無理なく続けられる価格のものを選びましょう。

先を見据えて、毎月どのくらい美容液にかけられるお金があるのか予算を考えておくのも良い方法です。

人気の美白美容液10選

人気のおすすめ美白美容液を10個ピックアップしました。

医薬部外品のアイテムを中心に紹介します。

美白成分に注目しながらお気に入りの美容液を探してみてください。

①ソフィーナ ホワイトプロフェッショナル 薬用美白美容液

ソフィーナ ホワイトプロフェッショナル

商品価格:5,940円

内容量:40g

 <特徴>

  • 美白有効成分カモミラET配合
  • 過剰なメラニン生成を防ぐ医薬部外品
  • モイストブライト成分がくすみをオフ

ソフィーナのホワイトプロフェッショナル薬用美白美容液は、過剰なメラニン生成を未然に防ぐ医薬部外品です。

有効成分カモミラETを配合し、天然成分がくすみをオフしてくれます。

べたつきはないのにしっとりとした仕上がりの美白美容液です。

購入サイトはこちら

②アスタリフト エッセンス インフィルト


商品価格:1,000円

内容量:5日分トライアルキット

 <特徴>

  • 美白有効成分ビタミンC誘導体とナノAMA配合
  • 肌荒れ予防成分の入った医薬部外品
  • 潤い成分もたっぷりでもちもち肌へ

アスタリフトのエッセンスインフィルトは、ビタミンC誘導体とナノAMA配合の医薬部外品です。

肌荒れを予防するグリチルリチン酸ジカリウムが入っているので、敏感な肌の方でも安心して使えます。

しっとりと肌に潤いを与えながら肌のトーンをアップしたい人におすすめです。

公式サイトはこちら

③ポーラ ホワイトショットSXS

POLA ポーラ ホワイトショットSXS
商品価格:12,960円

内容量:20g

 <特徴>

  • 気になる部分を集中ケアする医薬部外品
  • クリームが密着して透明感あふれる肌へ
  • クリームが長時間留まって美肌ケア

ポーラのホワイトショットSXSは、気になる部分にだけ添付して使うタイプの美白美容液です。

シワを改善する医薬部外品で、肌が本来持つ美しくなる力を引き出してくれます。

こくのあるクリームが肌にフィットし、贅沢に肌を癒してくれます。

顔全体というよりも、気になるシミやしわがある方におすすめです。

公式サイトはこちら

④クラランス ホワイト-プラス インテンシヴ ブライトセラム

クラランス ホワイト-プラス インテンシヴ ブライトセラム
商品価格:11,448円

内容量:30ml

 <特徴>

  • 明るい肌へと導く医薬部外品
  • アセロラなどの植物成分をたっぷり配合
  • 肌の輝きや潤いをアップしてくれる

クラランスのホワイト-プラス インテンシヴ ブライトセラムは、植物成分がたっぷり詰まった医薬部外品です。

特にアセロラは、メラニンの過剰分泌から肌を守る働きのある注目の成分。

保湿力にも優れているといわれるアセロラの力で、輝きに満ちた肌へと近づけます。

購入サイトはこちら

⑤トランシーノ 薬用ホワイトニングエッセンスEX

トランシーノ 薬用ホワイトニングエッセンスEX
商品価格:4,860円

内容量:30g

 <特徴>

  • 美白有効成分トラネキサム酸配合
  • 5種の保湿成分でしっとり保湿
  • 肌にやさしい刺激を抑えた医薬部外品

トランシーノの薬用ホワイトニングエッセンスEXは、メラニンの生成を抑えるトラネキサム酸を配合した医薬部外品です。

透明感サポート成分が配合され、透明感のアップをサポートしてくれます。

薬局でも市販されている試しやすいアイテムです。

購入サイトはこちら

⑥コーセー インフィニティ パーフェクティブ ホワイト XX


商品価格:9,600円

内容量:40ml

 <特徴>

  • メラニンの生成を抑える医薬部外品
  • 肌荒れ予防成分で肌荒れをケア
  • 均一で美しい肌へと導いてくれる

コーセーのインフィニティパーフェクティブホワイトXXは、過剰なメラニン生成を抑える医薬部外品です。

メラニンが過剰生成されると肌荒れしやすいという悪循環に着目し、肌荒れをブロックしながら肌のダメージをケア。

シミやくすみはケアしたいけれど、ケアの途中ですぐに肌荒れを起こしてしまう方におすすめです。

購入サイトはこちら

⑦セラムコンサントレエクレルシサン


商品価格:14,670円

内容量:40ml

 <特徴>

  • 独自の整肌成分で肌を整える医薬部外品
  • 美白有効成分4MSK、トラネキサム酸配合
  • 肌荒れを防ぎながら輝きに満ちた肌へ

クレ・ド・ポーボーテのセラムコンサントレエクレルシサンは、見た目に美しい輝きに満ちた肌へと導いてくれる医薬部外品です。

美白有効成分としては4MSKとm-トラネキサム酸を配合し、過剰なメラニンを効率的に抑制してくれます。

シルクのようなスムーズな使い心地となめらかな仕上がりで極上のスキンケアを楽しめます。

購入サイトはこちら

⑧HAKU メラノフォーカス3D


商品価格:10,800円

内容量:45g

 <特徴>

  • 美白有効成分4MSKとトラネキサム酸配合
  • 独自のVカット複合体でしっとり保湿
  • しっとりとした使い心地の医薬部外品

HAKU メラノフォーカス3Dは、あらゆる方向からメラニンの生成を抑えてくれる医薬部外品です。

濃いクリーミーなテクスチャーが肌にフィットし、長時間潤いをキープしてくれます。

肌のくすみをオフしたいけれど乾燥も気になる人におすすめの美白美容液です。

公式サイトはこちら

⑨コスメデコルテ ホワイトロジストMX


商品価格:10,800円

内容量:40ml

 <特徴>

  • 男女共に使えるスタイリッシュなボトル
  • こだわりの美白有効成分コウジ酸配合
  • ブライトイコライザーがくすみにアプローチ

コスメデコルテのホワイトロジストMXは、醤油や日本酒を作る麹(コウジ)に目を付けた美白美容液です。

麹をコウジ酸として、美白有効成分として認められるまでに精製。

シミの発生源であるメラノサイトまで届く美白有効成分として美しい肌作りをサポートしてくれます。

購入サイトはこちら

⑩SK-II ジェノプティクスオーラエッセンス


商品価格:23,980円

内容量:50ml

 <特徴>

  • 内側から輝くような肌に導く医薬部外品
  • 美白有効成分D-メラノ配合で輝く素肌へ
  • スポイトで1回の適量が測れる

SK-IIのジェノプティクスオーラエッセンスは、美白有効成分が輝きのある肌へと導いてくれる医薬部外品です。

独自開発の複合成分が肌の曇りをオフし、明るい肌へと導きます。

専用のスポイト付きで、1回に使う量が簡単に測れるので量を気にすることなく使い続けることができます。

購入サイトはこちら

美白美容液の使い方

美白美容液

美白美容液の効果を最大限に発揮するための正しい使い方を解説します。

美白美容液を使うコツは以下のとおりです。

  • 毎日コツコツ続ける
  • 適量を守る
  • ハンドプレスを行う

美白美容液は、毎日続けることで満足できる結果につながるものです。

とても良い美容液を1日だけ使うよりも、ある程度満足できる美容液を毎日使い続ける方が効果が感じやすくなります。

疲れて美容液を飛ばしてしまいそうな日でも、将来のくすみのない明るい肌をイメージしながら毎日コツコツとケアしましょう。

そして適量を守ることも非常に大切です。

メーカーはじっくりと考えて最も適当な使用量を決めています。

それを信じて使うことで、よりスピーディーに健やかな肌へと近づけるのです。

早くケアしたいからと多く使ってしまうと吹き出ものが現れたり、ケチって使うと効果が感じられなかったりする可能性があります。

決められた容量を守り、コツコツとケアを続けましょう。

最後にハンドプレスで手のひらで顔全体を温めると肌へのなじみがよくなり美容液が肌のすみずみへと行き渡ります。

美白におすすめの成分は?

レチノールの効果

美白におすすめの成分を頭に入れておくと、美白ケア化粧水が選びやすくなります。

美白におすすめの成分には以下のようなものがあります。

  • ハイドロキノン
  • アルブチン
  • トラネキサム酸
  • ビタミンC誘導体

美白化粧水を選ぶときには、上記のような成分が配合されているものを選びましょう。

上記の成分は美白有効成分といわれるものですが、美白有効成分といってもそれぞれ違った特徴を持っています。

それぞれの成分について、詳しく解説していきます。

ハイドロキノン

美白有効成分の中で最も効果が期待されている注目の成分です。

ハイドロキノンは、過剰なメラニンを抑制しながら肌の透明感をアップする強力な美白成分です。

作用が強いため、刺激や副作用が心配されている成分でもあります。

ハイドロキノンの配合された化粧水を選ぶ場合は、比較的安定した刺激の少ないものを選ぶのがコツです。

また、顔全体にハイドロキノン配合の化粧水を塗ることはおすすめできません。

ケアしたい箇所だけにピンポイントで塗ることで、刺激が避けられるでしょう。

初めてハイドロキノン配合の化粧品を使う場合は、必ず見えない部分でパッチテストをしてから使うようにしてください。

パッチテストで異常がなくても、はじめは少量から使いはじめて様子を見ることをおすすめします。

ハイドロキノンは頼りになる美白ケア成分ですが、慎重に使う必要があります。

どうしてもケアしたいシミがある場合などに使用してみるのがおすすめです。

アルブチン

アルブチンはハイドロキノンとグルコースの融合体です。

アルブチンにはメラニンの生成を抑制する働きがあります。

ハイドロキノンよりは緩やかな作用ですが、ハイドロキノンと違い肌への刺激がないことが特徴です。

将来のシミ予防や、じっくりと時間をかけながら少しずつ肌の透明感にアプローチしていきたい人に向いています。

トラネキサム酸

トラネキサム酸は、血を止めたり炎症を抑える作用があるので、医療現場でも使われていた成分です。

化粧品としては、肝斑を改善する効果が認められています。

メラニンを作り出すメラノサイトでメラニンが生成され、メラニン色素が沈着するのを防いでくれる成分です。

また、炎症を抑える効果があるため、肌荒れを予防する効果もあります。

アルブチンと同様に肌への刺激はほとんどないため、マイルドな美白ケアとしておすすめです。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体には過剰なメラニンを抑制してくれる効果があります。

ビタミンC誘導体は、美白効果の他にも肌へのメリットがいくつもあるのが特徴です。

  • 余分な皮脂を抑える
  • ニキビの炎症を抑える
  • ニキビ跡をケアする
  • 肌のターンオーバーを整える
  • 肌にハリを与える

どんな肌タイプの人にも使いやすい成分なので、肌のトーンアップを狙いたい全ての人におすすめです。

美白成分にもいろいろな種類がありますが、肌荒れや副作用が出てしまったら肌のコンディションが悪化してしまいます。

自分の肌の状態を見極め、肌に刺激がないかつある程度の効果が期待できるものを選びましょう。

肌荒れしやすい方は、2種類の美白化粧水を常備しておくのもおすすめです。

普段は美白効果の高いものを使い、女性周期や季節の変わり目など肌荒れしそうなタイミングで刺激の少ないものを使うという使い方もできます。

肌の状態と美白成分を照らし合わせ、自分好みの使い方を習慣付けましょう。

まとめ

美白美容液にはたくさんの種類があります。

中でも効果を感じやすい医薬部外品がおすすめ。

自分に合った美白美容液を選び、生き生きとした肌を目指しましょう。