0

レチノールでくまをケアしたい!おすすめのレチノール化粧品のご紹介

レチノールでくまケアできる?

ハート

十分に睡眠を取っているはずなのに、気づいたら目の下にくまができてしまっている、という方は多いのではないでしょうか。

目の下のくまは疲れているように見られるだけでなく、老けても見られるので厄介です。

そこで、くまケアとしておすすめのスキンケアアイテムとして、レチノールが配合された化粧水がおすすめです。

しかし、レチノールとはどのような成分なのか、どのような効果があるのか気になるところです。

この記事では、レチノールでくまケアができるのかについて、

  • レチノールとは
  • レチノール化粧品の選び方とおすすめ3選のご紹介
  • レチノールの副作用とは

以上を中心に解説していきます。

どんなにケアしても改善されない目の下のくまにお悩みの方、またレチノール化粧品を使ってみたいとお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

くまの種類と原因

目のクマ

くまケアを行うためには、まずは自分がどのようなくまの種類なのかを知る必要があります。

そこで、ここではくまの種類と、それぞれの原因について解説していきます。

青くま

青くまの症状と原因について解説します。

青くまの症状

目の周りの毛細血管の血流が悪くなることで、目の下の薄い皮膚が青黒く見えてしまいます。

目の下の皮膚を引っ張り、皮膚が青みを帯びたり、くまが薄くなるようであれば青くまです。

青くまの原因

青くまの原因は、血行不良や目の疲れ、また寝不足などが挙げられます。

黒くま

黒くまの症状と原因を解説します。

黒くまの症状

黒くまとは目の下のくぼみが影となり、黒く見えてしまうものです。

年齢を重ねるごとに目の周辺がたるみ、くぼみができることで黒いくまができているように見えます。

黒くまの原因

黒くまの原因とは、肌のコラーゲン不足、また顔がむくむことにより目の下のくぼみが目立ち、黒くまとなって現れてしまいます。

また加齢による目の下の皮膚が薄くなることも黒くまの原因のひとつです。

茶くま

茶くまの症状と原因を解説します。

茶くまの症状

目の下の皮膚が薄い茶色になり、くすんで見えるようになります。

皮膚を引っ張っても皮膚の茶色の部分は薄くなることはありません。

茶くまの原因

茶くまは、目の周りの肌を擦ることによって肌が色素沈着を起こすことが原因です。

また小さなシミができることにより茶色のくまのように見えることもあります。

赤くま

赤くまの症状と原因を解説していきます。

赤くまの症状

赤くまは、目の下が赤くなりその周辺が腫れているように見えてしまいます。

目の下の皮膚を引っ張ると、皮膚の赤みが増します。

赤くまの原因

赤くまができるのは、青くまと同じく血行不良が原因です。

またパソコンやスマホの使い過ぎによる目の疲れも、赤くまの原因のひとつです。

レチノールとは?

美容液

化粧品に配合されている成分のひとつであるレチノールですが、どのような成分か気になるところです。

そこで、ここではレチノールとはどのような成分なのか、またどのような美容効果があるのかを詳しく解説していきます。

レチノールについて

レチノールとは、私たちの体内にもともとある成分で、ビタミンAの一種です。

そして油に溶けやすい脂容性ビタミンでもあります。

しかし、レチノールは空気に触れると酸化しやすく、化粧品に配合するには扱いが難しい成分です。

そこで、レチノールとパルミチン酸を融合させたレチノール誘導体が多くの化粧品に配合されています。

レチノール誘導体は、パルミチン酸レチノールと表記されている場合もあります。

このレチノール誘導体は肌に浸透しやすく、また肌の新陳代謝も促すことから、美容効果が高く注目を集めている成分です。

レチノールの効果とは

それでは、化粧品に配合されているレチノールにはどのような美容効果があるのか解説していきます。

肌のターンオーバーを整える

レチノールは肌のターンオーバーを整える作用があり、排出機能が衰えた肌を回復させます。

肌のターンオーバーが整うことで、古い角質や老廃物が体外に排出され、毛穴の詰まりや肌トラブルを改善することができます。

また、肌のターンオーバーによりシミの原因となるメラニンも排出し、美白への効果も期待できます。

コラーゲンの生成を助ける

レチノールは、肌の繊維芽細胞に作用してコラーゲンの生成を助けます。

体内のコラーゲンが増えることで、加齢によって目立ってきた小じわや肌のたるみを改善することができます。

またコラーゲンが肌にうるおいを与えることで、みずみずしく明るい肌となります。

皮脂の分泌をコントロールする

レチノールは皮脂の分泌をコントロールし、皮脂の過剰分泌を抑える作用があります。

皮脂の過剰分泌が抑制されるため、皮脂による毛穴の詰まりやニキビにも効果が期待できます。

レチノールはくまに効果的なのか

レチノールには、肌のターンオーバーを整えることでクリアな肌を目指すことができ、また肌のコラーゲンの生成を助ける作用があります。

くまの原因となる色素沈着や年齢肌にも効果が期待できます。

そのため、レチノールはくまにも効果があると言えます。

レチノール配合化粧品の選び方

化粧水ボトル

レチノールの効果について解説してきましたが、美容効果の高いレチノールが配合された化粧品を使ってみたいと思われた方もいらっしゃることでしょう。

しかし、はじめてレチノール配合の化粧品を選ぶ際、どのように選んでいいのか悩んでしまいます。

そこで、レチノール配合化粧品の選び方についてご紹介していきます。

濃度の低いものを選ぶ

レチノールは美容への効果が高く、さまざまな化粧品に配合されています。

しかし、レチノールは肌への刺激や副作用が出やすい成分でもあります。

そのため、私たちが手軽に購入できる市販の化粧品に含まれるレチノール濃度は、0.1%以下でなければならないとされています。

今では海外からの輸入品でレチノールの濃度が高い化粧品も購入することができます。

しかし、海外の方の肌と私たち日本人の肌質は異なりますので、高濃度のレチノールが配合された海外からの化粧品はできるだけ避けるようにしましょう。

しかし、レチノールの配合濃度が0.1%以下の製品であっても、人によっては肌に刺激を感じたり副作用を発症する方もいます。

特に敏感肌の方は、レチノール配合の化粧水や美容液を使用する際には注意が必要です。

はじめてレチノールの美容液を使用する場合には、濃度気の低いものから使い、肌がヒリヒリしないかなどパッチテストを行うことをおすすめします。

ほかの美容成分が豊富に配合されているものを選ぶ

レチノールのほかに、どのような美容成分が配合されているかもチェックして選ぶようにしましょう。

レチノールとほかの美容成分をうまく併用することで、肌のケア効果が一層高まります。

特に、メラニンの生成を抑え美白効果もあり、皮脂の過剰分泌も抑えてくれるビタミンC誘導体は肌のオールケアに期待できますので、ビタミンC誘導体が配合されている化粧品はおすすめです。

無添加の化粧品を選ぶ

レチノールが配合された美容液は肌への刺激が強いものもありますので、できるだけ無添加で肌に優しい化粧品を選ぶようにしましょう。

添加物が入っていないことを表す表示には、以下のようなものがあります。

  • 無香料
  • 無着色料
  • 天然成分配合
  • アルコールフリー(エタノールフリー)
  • パラベンフリー
  • 鉱物油フリー

化粧品を選ぶ際には、何が配合されているかなどパッケージの表示をよく確認してから購入するようにしましょう。

おすすめのレチノール配合化粧品

くまのケアにも効果的な、レチノールが配合されたおすすめの化粧品を3選ご紹介します。

ビーグレン QuSomeレチノA


容量:15g
価格:6,480円
<特徴>

  • 2種類のビタミンAを配合しています。
  • ペプチドやスクワランなどのエイジングケア成分を配合しています。
  • 肌にハリを与え、うるおいのある肌へと導きます。

2種類のビタミンAを配合し、肌の気になる部分に集中的に作用しなめらかな美肌へと導きます。

このビタミンAとは、レチノールプラスとレチノイン酸トコフェリルのレチノール成分です。

レチノールプラスは肌をふっくらとやわらかくし、レチノイン酸トコフェリルが肌にうるおいを与えハリのもとをつくります。

ピンッとハリのある明るい肌は、くまを目立たせず、若々しい肌を実現させます。

またレチノールは年齢を重ねた肌に働きかけ、気になる小じわもじっくりと内側から改善していきます。

公式サイトはこちら

肌美精 リンクルケア濃密潤い美容液

肌美精 リンクルケア濃密潤い美容液
容量:30ml
価格:900円
<特徴>

  • レチノール誘導体を配合、年齢肌に負けません。
  • 11種類のオーガニックエキスを配合し肌に潤いを与えます。
  • 無香料・無着色、アレルギーテスト済みの肌に優しい美容液です。

ローヤルゼリーエキスやオウゴンエキスなどの保湿成分をたっぷりと配合、肌にうるおいを与え、小じわの目立たないハリのある肌へと導きます。

さらに、保湿成分とレチノール誘導体を一緒に配合することにより、しわや乾燥を改善、パッとした明るい肌を目指します。

アロエやローズマリー、カモミールなどのオーガニックエキス11種類を配合し、肌の角質層の奥まで浸透させ肌の奥からぎゅっと潤いを閉じ込めます。

公式サイトはこちら

エリクシールシュペリエル エンリッチドリンクルクリームS

エリクシールシュペリエル エンリッチドリンクルクリームS
容量:15g
価格:6,264円
<特徴>

  • 目元・口元のしわに効果のあるレチノール配合の美容液です。
  • 肌にハリを与える保湿成分を豊富に配合しています。
  • つや玉輝く肌を目指します。

薬用有効成分である純粋レチノールを配合、乾燥しがちな肌にうるおいを与え、しわの改善に効果が期待できます。

コラーゲンGLを配合し、肌の水分量を増やすことでハリや弾力のある肌へと導きます。

しわを改善し、肌にハリを与えることでつや玉輝く肌となり、くまができやすくくすみがちな目元をパッと明るくさせます。

伸びのいいテクスチャーで使い心地がよく、日頃のお手入れにも最適な美容液です。

公式サイトはこちら

レチノールの副作用とは?

レチノールが配合された化粧品を使用する場合、どのような副作用があるのか気になるところです。

レチノールの副作用としては、レチノイド反応というものがあります。

先述したように、もともとレチノールとは空気に触れると酸化しやすく、扱いが難しい成分であるため、レチノールを安定化させたレチノール誘導体が構成されました。

このレチノール誘導体を配合した化粧水を使用すると、敏感肌でない方でも、肌がレチノイド反応を起こしてしまうことがあります。

このレチノイド反応では、肌がヒリヒリしたり赤らみが出たり、また乾燥しがちになってしまいます。

レチノイド反応が起こる原因は、肌がレチノールの成分を吸収し過ぎることによって起きます。

肌がレチノールを吸収し過ぎてしまう原因には、乾燥肌や化粧水の使用量が多いことが挙げられます。

これらのことに注意してレチノール化粧水を1~2週間使い続けると、症状は治まってくるケースが多いです。

しかし、肌の乾燥や化粧水の使用量を守っていても肌のヒリヒリが治まらない場合には、レチノール化粧水の使用を注意するようにしてください。

根本的なくまケアとは?

フェイスマッサージ

目の下のくまをどうにかしたいと化粧品でカバーしようとする前に、まずは日頃からくまをつくらないケアを行うことも大切です。

そこで、根本的なくまケアとして、目の周りの血流を良くするためのふたつの方法をご紹介します。

簡単にくまを予防・改善することができますので、ぜひ試してみてください。

マッサージをする

目の周りの血流を良くするためには、マッサージがおすすめです。

くま対策のためのマッサージ方法は、以下のように行いましょう。

  1. 両手の薬指の腹で目頭から目尻、目頭からまぶたの上へと目の周りをぐるっとマッサージします。
  2. 目の周りを2~3周マッサージします。
  3. 目の周辺をマッサージしたら、目頭から目尻へ指を流し今度はこめかみから下に向かって指を流します。
  4. 老廃物を肌のリンパの流れに乗せるようなイメージで、こちらも4~5回行います。

以上が、くま対策のためのマッサージです。

マッサージのイメージとしては、顔の内側から外側に向けて老廃物を流すように行います。

注意点としては、目の周りの皮膚はほかの皮膚に比べて薄いので、力を入れ過ぎず、優しくマッサージを行うようにしましょう。

またマッサージのやり過ぎは肌への摩擦となり、茶くまの原因ともなります。

ですので、くま予防のマッサージは1日に1度、入浴後リラックスした状態で行うことをおすすめします。

肌が乾燥している場合、マッサージは肌へ摩擦を与えることになりますので、化粧水や乳液で肌を保湿してから行うようにしてください。

ホットタオルで温める

目の周りの血流を良くするためには、ホットタオルが効果的です。

洗顔後、ホットタオルで目の周りを温めることで、目の血流が良くなり、青くまや赤くまの予防・改善になります。

また、ホットタオルで目を温めるだけでなく、水で濡らした冷たいタオルで1分ほど目を冷まし、再度ホットタオルで目を温めるを2~3回繰り返すことで、さらに効果が期待できます。

ホットタオルは水で濡らし電子レンジで温めるだけで簡単に用意することができますので、ぜひ試してみてください。

まとめ

長年目の下のくまに悩まされている方は、美白効果もあるレチノールが配合された化粧品でのケアを試してみましょう。

また、くまのケアは化粧品に頼るだけでなく、日々のお手入れも大切です。

面倒に感じるかもしれませんが、くまのない健康的な肌を手に入れるため、マッサージなどを行いくまケアを行うようにしましょう。