0

シミに効く化粧品おすすめ3選!美白ケアのコツもご紹介します!

最終更新日:2018年10月24日

シミにいい美白商品のなかでも、手軽に購入できる市販アイテムが気になっていませんか?

でも、「人気」というだけで美白化粧品を選ぶと、肌やシミの種類とあわない可能性もあります。

そこでこの記事では、以下の内容を詳しく解説。

市販でも、しっかりとシミの集中ケアをして素肌の透明感をアップさせましょう。

※本記事での美白とは…メラニンの生成をおさえ、シミ・そばかすを防ぐこと

シミに効く美白化粧品の選び方

肌を指す女性

市販化粧品のなかから、自分のシミに効くアイテムを選ぶときには「シミの種類」「美白成分」「保湿力」をチェックすることが重要です。

シミの種類をチェック

美白化粧品といっても、効くシミとそうではないシミがあります。

美白化粧品が効果的なシミ

  • 老人性色素沈着(30代以降に目立つ、日焼けあとにできるシミ)
  • 炎症性色素沈着(年代問わず、ニキビ跡などがシミになるもの)
  • かんぱん(40代以降に目立つ、左右対称にできるシミ)

美白化粧品が効果的ではないシミ

  • イボ状のシミ
  • 徐々に大きくなるシミ
  • ほくろ・アザ

また、通常の老人性色素沈着などの場合でも、あまりにも濃い場合には、皮膚科受診をおすすめします。

医療レーザー治療をおこなうことで、諦めていた濃いシミも取ることが可能です。

※シミの種類やレーザー機器によっては、取れない場合もあります。

美白成分をチェック

美白成分は数多くありますが、それぞれの特徴をチェックして選んでください。

  • ハイドロキノン
    →シミを薄くするが、安定性が悪く刺激が強い。
  • アルプチン
    →ハイドロキノンに似せて、低刺激に作られた美白有効成分。
  • ビタミンC誘導体
    →シミを予防し、さらにニキビケアなどにも強い美白有効成分。

このほか、メーカー独自のオリジナル美白成分にも注目してみてください。

ただし、「美白成分」といっても、シミを消す作用は持っていません。

「シミに効く」とは、あくまでもうるおいによるツヤを増やし、シミを作らせない環境を整えることです。

シミを消したい一心で、過剰な量を使ったり合わない成分を無理して使ったりしないようにしてください。

保湿力が高い化粧品を選ぶ

美白化粧品を使うと、肌の保湿力が低下してしまいます。

そのため、どのような保湿成分が使われているか・保湿の持続力はどれくらいか、なども化粧品を選ぶポイントです。

先ほどの項目でも触れましたが、「うるおいによるツヤを増やす」ことがシミを目立たなくさせるコツです。

肌は十分なうるおいをキープすることで、紫外線などの外部刺激にも強くなれます。

しかし化粧水は「肌にうるおいを与える」ことはできますが、「留めておく」ことができません。

そのため、さまざまな美白化粧品のなかでも、「うるおいを肌内部に留めておく処方」になっているブランドを見つけましょう。

シミに効く市販でおすすめの化粧品3選

市販で見つけやすく、シミにおすすめの化粧品を3つ紹介します。

①アスタリフトホワイト トライアルキット

アスタリフトホワイ

内容量:5日間分(トライアルキット)
価格:1,000円

<特徴>

  • エイジングケア世代に人気
  • ナノ化された美容保湿成分が多角的にケア
  • シミ・くすみ・ごわつく肌におすすめ

エイジングケア世代から圧倒的な人気を誇るアスタリフトホワイトの紹介です。

アルブチン・ビタミンC誘導体・コラーゲン・セラミド・アスタキサンチンなど、さまざまな成分をナノ化して配合することで、シミの骨格まで砕き、シミ発生のメカニズムそのものにアプローチする実力派です。

とろりと馴染む化粧水や美容液は、ごわつく肌をふっくらと作り上げ、翌朝までしっとり感をキープします。

市販もされていますが、1,000円で試せる公式サイトのトライアルキットがおすすめです。

⇒公式サイトはこちら

②KOSE 米肌 澄肌 お試しセット

米肌澄肌美白お試しセット

内容量:14日間
価格:1,389円

<特徴>

  • 肌印象をブライトアップ
  • ビタミンC誘導体など10種類の美容成分
  • 毛穴だるみにもおすすめ

肌印象の暗さに悩んでいるなら、KOSEの米肌がおすすめです。

美白有効成分ビタミンC誘導体を含む10種類もの美容成分が配合され、あらゆる角度からシミをケアします。

メラニンの生成を抑制しつつ、お米と発酵由来の保湿力によって角層のすみずみまでうるおいで満たします。

毛穴だるみまでケアできるフルラインを、公式サイトから1,389円でお試しください。

⇒公式サイトはこち

③ファンケル ホワイトニング化粧液Ⅱ

ファンケル

内容量:30ml
価格:1,836円

<特徴>

  • 完全無添加・敏感肌におすすめ
  • 美白有効成分を配合
  • しっとり・さっぱりの2種類から選べる

プチプラでシミに効く化粧品を探したいなら、市販でおすすめはファンケルの美白ラインです。

無添加で敏感肌でも使いやすく、カサカサの肌表面をなめらかに仕上げる化粧液です。

肌馴染みのいいテクスチャーにはしっかりと美白有効成分が配合され、シミをやさしくケアします。

公式サイトからなら、トライアルセットが1,830円で購入できてお得です。

⇒販売サイトはこちら

市販化粧品の正しいつけ方とは?

ケアする女性

化粧水は、いくつかポイントをおさえることで、グッと効果がアップします。

  • 洗顔後、すぐに使う
  • ハンドプレスでつける
  • 数回にわけてつける

洗顔後は肌が急速に乾燥するため、すぐに化粧水をつけることで次に続くスキンケアや、洗顔の刺激から肌をケアします。

コットンは肌に摩擦を起こしやすく浸透もしにくいため、手のひらであたためてハンドプレスするのがおすすめ。

さらに、化粧水のほとんどが水でできているから、数回にわけて使うと蒸発の無駄遣いを防ぎます。

また、化粧水はじっくりとハンドプレスで押し込みますが、乳液・クリームなどはあまり押し込まなくても問題ありません。

もともとフタの役割を持ち、成分が蒸発しないように処方されていますので、あえて押し込む必要はないのです。

<番外編ポイント>

化粧水がどうしても浸透しない、すぐに乾燥してしまうと感じる人には「ブースター美容液」がおすすめです。

直接シミに効くわけではないものもありますが、ごわつく肌をやわらげることで、化粧水や乳液の浸透力をアップさせてくれます。

※美容液だけではなく、ブースター化粧水などもあります※

今回紹介している化粧品のなかでは「アスタリフトホワイト」に、先行美容液がセットになっていますので、ぜひ試してみてください。

シミを消すには?

美白ケアする女性

本気でシミを消すためには、市販の美白化粧品では約不足です。

シミを消すなら医療レーザーで

シミを消すためには、医療レーザーがおすすめです。

最近では、シミ専用のレーザー機器を取り入れている美容クリニックもあります。

ただし、シミに効く場合と、そうではないことがあり、さらに自由診療(美容目的のため)なので料金もさまざま。

また、「ダウンタイム」という、施術後に肌が再生するまでの時間が約1~3ヶ月程度かかります。

そのため、「すぐにシミが消える」といっても、通常通りのメイクや生活をするまでにはある程度余裕が必要です。

とくに結婚式など特別なイベントにあわせてシミを取りたい場合には、時間的な余裕をもって施術を受けましょう。

まずは無料カウンセリングやHPを活用して最寄りのクリニックと相談してください。

UVケアも欠かさないこと

UVケアは、シミを予防するだけではなく、紫外線によるダメージを避け、ターンオーバーをケアする目的もあります。

ターンオーバーが整っていると、上手に排出できるシミも多くなり、シミの少ない肌をめざせます。

反対に、どれだけシミに効くと言われる化粧品でも、UVケアを怠っては意味がありません。

冬でも日焼け止めを使い、美白化粧品は顔全体に使うことを心がけましょう。

<日焼け止めの選び方>

  • SPF10~:散歩や買い物、屋内にいる日
  • SPF20~:屋外での活動や軽い運動
  • SPF30~50:海など炎天下での活動時

日焼け止めは、上記のように紫外線の強さにあわせて選ぶことで肌刺激を軽減できます。

ちなみにSPFの意味は、日焼けするまでの時間を遅らせる数値です。

例)SPF20の場合:なにもしない肌での日焼けまでの時間×20

もちろん、汗などで流れてしまうため、こまめに塗りなおすようにしましょう。

また、日焼けするまでの時間に美白ケアをおこなうと、メラニンの生成を遅らせることができます。

日焼け止めだけの日も、しっかりと洗顔やクレンジングで落とすことも重要です。

ただし、そのときどきのメイクや日焼け止めの濃さに応じたクレンジングを使いましょう。

洗浄力だけを優先して選んでしまうと、肌にとっては大きな負担となります。

美白サプリメントもおすすめ

美白サプリメントは、ターンオーバーが乱れていると感じる人・食生活が乱れている人におすすめです。

内側から栄養を与えることで、ターンオーバーやシミ排出の力を高めるため、「シミに効く」と言われる化粧品のパワーを大きく後押ししてくれます。

もちろん、基本となるのは普段の食生活です。

<おすすめの栄養・食材>

  • ビタミンC:アセロラ・キウイフルーツ・ゴーヤなど
  • セラミド:大豆・ブロッコリー・牛乳など
  • リコピン:トマト・スイカ・にんじんなど
  • ビタミンE:ナッツ類・アボカドなど
  • エラグ酸:いちご・ナッツ類など

こういった栄養素を、幅広い食材から摂取するのがポイントです。

栄養素同士は、お互いに作用を高め合うため、相乗効果が得られます。

最近話題を集めているナッツ類などは、栄養価が高く美肌効果も強いので、おやつ代わりにすると気軽に取り入れることができます。

最初から完璧な食生活はむずかしくても、まずはできることから変えていきましょう。

まとめ

美白は日々のスキンケアや生活習慣を積み重ねることで実現します。

そして、「美白」と「保湿」は、つねにワンセットでおこなっていかなければなりません。

自分の肌にあった化粧品で、スキンケアパフォーマンスをグッと高めていけば、厚塗りファンデから卒業できます。

お気に入りに追加しました!

お気に入りに登録するとログインなしで
商品や記事をいつでも見ることができます。


⇒お気に入り一覧をみる