0

専門家が教える!市販でおすすめの美白化粧水ランキング3選!【2018年最新版】

【この記事にアドバイスした専門家】

猪川 ゆみえ

日本フェイシャリスト協会認定講師/マスターフェイシャルスタイリスト/肌能力回復Facial Stylist Salon 統括マネージャー

学生時代に自身がニキビに悩まされたことを機に肌へのコンプレックスを初めて抱き...

※アドバイスした専門家はこの記事の広告には携わっておらず、掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦するものではありません。

市販で人気の美白化粧水とは?

美白、というのは多くの女性が憧れているものですよね。

しかしどんな化粧水を使えばいいのかよくわからない、という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、

・美白化粧水の選び方
・おすすめの美白化粧水
・美白ケアのコツ

といった内容を中心に解説します。

美白化粧水の選び方

おすすめ5選

まずは自分に合った化粧水の選び方を解説します。

①配合されている美白成分

美白化粧水には、シミや毛穴の黒ずみなどに作用する美白成分が含まれています。

もちろん美白成分というものは1種類ではなく、いくつかの成分がありそれぞれに特徴があります。

自分の肌に合った美白成分が配合されている化粧水を選びましょう。

<おすすめの美白成分>

ハイドロキノン

ハイドロキノンは、他の美白成分と比べて非常に強力な美白効果を持っている美白成分です。

しかしハイドロキノンは、肌に負担をかけてしまうというデメリットもあります。

そのため確実にシミを消したいという方におすすめの成分ですが、敏感肌の方が使用した場合に逆効果となってしまうこともありますのでご注意ください。

アルブチン

アルブチンもハイドロキノンと同様にシミに効果のある美白成分です。

ハイドロキノンと比べると、美白効果自体は弱くなってしいまいますが肌荒れの心配なく美白ケアを行うことが可能です。

そのため、ハイドロキノンを使用するのが不安、というような方におすすめの美白成分です。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は美白効果はもちろん、他にも多くの美白効果を持った美容成分です。

そのため、シミ以外にも肌のお悩みを抱えている、という方におすすめの美白成分です。

②含まれている美容成分

美白成分以外にどういった美容成分が含まれているのか、ということも大切な判断基準です。

<おすすめの美容成分>

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は、上記でも紹介したように多くの美容効果を持っている成分です。

ビタミンC誘導体が持つ効果は以下の通りです。

  • 皮脂の過剰分泌を抑制する。
  • 肌のターンオーバー期間を調節する。
  • 肌にハリを与える。

このように多くの美容効果があるため、同時に多くの肌トラブルをケアできます。

さらに、アルブチンなどの他の美白成分と併せて配合されることで、より効率的に美白ケアを行うことが可能です。

グリチルリチル酸

グリチルリチル酸は、ニキビや日焼けなどが原因で起きる肌の炎症を抑制する働きがあります。

ニキビ自体をケアする効果もありますので、特に赤く炎症を起こしてしまっているニキビにお悩みの方におすすめの美容成分です。

セラミド

セラミドは肌の乾燥を防ぐ保湿成分です。

肌が乾燥してしまうと、ニキビや毛穴の開きといったような多くの肌トラブルの原因となってしまうため、保湿成分は必須の成分です。

セラミドにはいくつかの種類がありますが、もともと人の体内にある成分と類似した構成のヒト型セラミドがおすすめです。

③価格

美白ケアに限らず、スキンケアによる効果は短期間では出ないため、ある程度同じ化粧品を継続して使用する必要があります。

特に美白化粧品は他の化粧品と比べて、多少高額です。

そのため効果ばかりを気にして無理に高額な化粧水を購入してしまうと、継続しての購入が難しくなってしまうため、気軽に使用できる化粧水を選びましょう。

猪川 ゆみえ

日本フェイシャリスト協会認定講師/マスターフェイシャルスタイリスト/肌能力回復Facial Stylist Salon 統括マネージャー

学生時代に自身がニキビに悩まされたことを機に肌へのコンプレックスを初めて抱き...

美白効果のある化粧水を選ぶときは、ビタミンC誘導体が配合されているものを選びましょう。ビタミンC誘導体には、メラニンの抑制効果、還元する効果があることが化学的に証明されています。

肌のくすみや、肌の表面にあるくすみを漂白する効果が期待できます。

市販でおすすめの美白化粧水ランキング3選

それではおすすめの美白化粧水を紹介します。

ビーグレン ホワイトケア QuSomeローション

容量:120mL
価格:5,000円

<特徴>

  • ハイドロキノンを高濃度1.9%配合
  • カプセルに包まれたハイドロキノンが肌を守りながら美白ケア
  • 2種類のビタミンC誘導体配合。

ハイドロキノンを高濃度の1.9%配合しながら、そのハイドロキノンをビーグレン独自の技術でカプセルに包み肌に届けることで、肌に負担をかけることなくハイドロキノンによる強力な美白ケアが行えます。

2種類のビタミンC誘導体が、ハイドロキノンの働きをサポートします。

⇒公式サイトはこちら

ラグジュアリーホワイトローションAO Ⅱ

容量:120ml
価格:5,400円

<特徴>

  • ハイドロキノンがしっかりとシミをケア。
  • 2種類のビタミンC誘導体が肌荒れを防ぎます。
  • ハイドロキノンをマイクロカプセルで包むことで肌への負担を軽減。

ハイドロキノンがカプセルに包まれていることに加え、2種類のビタミンC誘導体が配合されているため、肌荒れを防ぎながら効率的に美白ケアを行います。

また2種類のビタミンC誘導体が、ニキビや毛穴の開きなどといったんその他の肌トラブルも同時にケアします。

⇒公式サイトはこちら

澄肌美白化粧水

容量:120ml
価格:5,940円

<特徴>

  • ビタミンC誘導体が美白ケアと同時に肌の調子を整えます。
  • ビタミンE誘導体が肌荒れをケア。
  • 米由来の保湿成分が乾燥から肌を守ります。

ビタミンC誘導体が、美白ケアをしながらニキビやシワなど、多くの肌トラブルを同時にケアします。

また米由来の保湿成分が、肌をしっかりと保湿し透明感とハリのある肌を作り上げます。

⇒公式サイトはこちら

化粧水の正しい使い方とは?

化粧水は正しく使うことでより効果を発揮します。

基本的なスキンケアの流れは、

1.洗顔で汚れを落とす

2,化粧水で水分と美容成分を肌に届ける

3,美容液で美容成分を補充

4,乳液で肌に蓋をする

といったようになります

乳液の後に化粧水や美容液を使用しても、すでに肌に蓋がされている状態なので効果を発揮しません。

しっかりとこの順番を守り、化粧水を使用するようにしましょう。

また、ハイドロキノンは紫外線を浴びると活性酸素という物質に変化し、肌荒れの原因となってしまいます。

そのため、ハイドロキノン配合の化粧水は、紫外線を浴びる心配のない就寝前に限定するようにしましょう。

美白ケアのコツ

美白を手に入れるためにはスキンケア以外のケアも必要になります。

紫外線対策を忘れない

シミや毛穴の黒ずみはメラニンという物質です。

このメラニンは、肌が紫外線をあびるとメラノサイトという細胞から生成されます。

本来は紫外線から肌を守るために生成されるのですが、過剰に生成され肌に残ってしまうとこれがシミや毛穴の黒ずみの原因となってしまいます。

そのため紫外線対策は美白を手に入れるために、必要になことになります。

夏以外の季節や曇りの日であっても、紫外線は肌に影響を与えるため外出時には、日焼け止めの使用を忘れないようにしましょう。

美白サプリメントもおすすめ

より効率的に美白ケアをしたいという方には、美白サプリメントの使用がおすすめです。

スキンケアによる外側からの美白ケアと、美白サプリメントによる内側からの美白ケアを同時に行なっていくことで、効率的に美白ケアを行うことができます。

さらに、時間をかけることなく美白ケアできるというのも美白サプリメントのメリットです。

シミを消すなら医療レーザー

シミの症状の重さや種類によってはセルフケアでは、ケアすることができない場合もあります。

そういった場合には医療機関での、レーザー治療がおすすめです。

レーザー治療は気になるシミに対して、医学的根拠に基づいたピンポイントな背術を行ってもらえるため、セルフケアに比べて確実にシミをケアすることができます。

しかしある程度高額な治療となってしまうので、無理のない範囲で行うようにしましょう。

猪川 ゆみえ

日本フェイシャリスト協会認定講師/マスターフェイシャルスタイリスト/肌能力回復Facial Stylist Salon 統括マネージャー

学生時代に自身がニキビに悩まされたことを機に肌へのコンプレックスを初めて抱き...

美白化粧水の選び方として、ビタミンC誘導体が配合されているものをおすすめしましたが、トラブル化した肌の奥に存在するシミには効果がない可能性が高いので注意しましょう。あくまで化粧水は、一般的には角質層までしか浸透しないため、肌の奥にあるようなシミなどに対しては、効果が期待できません。

この点を十分に理解し、自分の適した化粧品を選びましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

美白を手に入れるためには、美白化粧水などを使用した正しい美白ケアが必要になります。

この記事を参考に、自分の肌に合った美白化粧水を探してみてください。