0

ハイドロキノンの美白効果のメカニズムとは?危険性は?【医師監修】

ハイドロキノンに美白効果はあるの?

美白は多くの女性が憧れているものですよね?

しかしどうすれば美白を手に入れることができるのか、お悩みの方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのがハイドロキノン配合化粧品です。

今回はそもそもハイドロキノンがどのような成分なのかやおすすめのハイドロキノン配合化粧品をご紹介していきます。といった内容を中心に解説します。

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノとは、シミや毛穴の黒ずみをケアする美白成分です。

ハイドロキノンの大きな特徴として、高い美白効果を持っているという点です。

ハイドロキノンの美白効果とは?

ハイドロキノンはシミの原因となるメラニンの過剰生成を抑制する効果があります。

メラニンは、肌が紫外線を浴びると紫外線から肌を守るために、メラノサイトという細胞から生成されます。

本来は肌を守るために生成されますが、一定量以上生成されてしまうとシミの原因となってしまいます。

ハイドロキノンは、このメラノサイトの働きを抑制することでシミをケアします。

医師からハイドロキノンについて一言
田路 めぐみ

松倉クリニック ドクター

多忙な臨床病院で形成外科チーフ職を歴任。美容のみならず、形成外科・再建外科としても活躍...

ハイドロキノンを外用すると、メラニン色素を作る酵素のはたらきが抑えられ、メラニン色素を作る役割を持つ細胞メラノサイトの増殖が阻害されます。
これにより、直接的な美白効果が得られます。これから生まれるシミを防ぎ、新たに生まれるお肌の透明感を高める上で、とてもパワフルな成分です。
他の一般的な美白成分のほとんどは、メラニン色素を作る酵素チロシナーゼのはたらきを抑えるだけ。メラノサイト(細胞)そのものを減らし、多角的に美白にアプローチできるのは、ハイドロキノンならではの特徴といえます。

ハイドロキノン配合の化粧品の選び方

スキンケアをしている女性

自分の肌に合わない化粧品を使用してしまうと、肌荒れを引き起こしてしまうこともあります。

ハイドロキノン配合化粧品の選び方を確認しておきましょう。

ハイドロキノンの配合率

各商品によってハイドロキノンの配合率は異なります。

市販されている美白化粧品のハイドロキノン配合率は、1~4%までとされています。

海外の化粧品の中には4%以上の配合率の商品もありますが、肌に合わない方もいらっしゃいます。

そのため初めてハイドロキノン配合の化粧品を使用するという方はまず、配合率の低い化粧を、少量から使用するようにしましょう。

配合されている美容成分

ハイドロキノン配合の化粧品といってももちろんそれ以外の成分も含まれています。

美容成分によって肌に与える効果は変わってきますので自分の肌にとって必要な美容成分配合の化粧品を選ぶようにしましょう。

おすすめの美容成分は以下の通りです。

・セラミド
・ヒアルロン酸

それぞれの効果を簡単に解説します。

セラミド

セラミドは保湿力が高い保湿成分です。

肌が乾燥してしまっていると、ニキビなどの多くの肌トラブルの発生原因となることがあります。

セラミドにはいくつかの種類がありますが、特に人間の体内に元々ある成分とよく似た構成である、ヒト型セラミド配合の化粧品をおすすめします。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸はセラミドと同じ保湿成分です。

ヒアルロン酸は肌にハリを与えるという効果があります。

肌のハリがなく、シワにお悩みの方におすすめの保湿成分です。

ハイドロキノン配合のおすすめ美白化粧品

それではおすすめのハイドロキノン配合美白化粧品を紹介します。

アンプルール

トライアルキット 1,890円

  • 皮膚科医が監修・開発した化粧品
  • 美容液には2.5%濃度のハイドロキノン配合
  • アンプルール独自の新安定型ハイドロキノンを使用

皮膚科医が開発に携わり、美白成分としてハイドロキノンを配合した医薬部外品の化粧品です。

トライアルキットの購入ができ、洗顔からクリームまで安い価格で購入できるので、初めての方が試してみるのには最適です。

⇒公式サイトはこちら

ハイドロキノン配合の美白化粧品の使い方とは?

ハイドロキノン配合の化粧品の使用には2つの注意点があります。

使用は就寝前のみ

ハイドロキノンは紫外線との相性が悪い、という欠点があります。

ハイドロキノンは紫外線を浴びることで酸化し、活性酸素という物質に変わります。

この活性酸素は、肌荒れの原因となってしまうため、ハイドロキノン配合の化粧品は紫外線を浴びる心配のない、就寝前に限定しましょう。

どうしても日中に使用したい場合は、日焼け止めでしっかりと紫外線対策をとるようにしましょう。

美白ケアのコツ

日焼け止めを塗る女性

美白を手に入れるためには、スキンケア以外の美白ケアも非常に大切になります。

UVケアをしっかりと

紫外線はシミの1番の原因となります。

そのため外出する際には、夏以外の季節や曇りの天気であったとしても、しっかりとした紫外線対策が必要となります。

日焼け止めや日傘を使用し、UVケアを怠らないようにしましょう。

シミを消したいなら医療レーザー

ハイドロキノンは非常に強力な美白成分ですが、必ずシミを消すことができるというわけではありません。

シミの種類や症状の重さによっては、セルフケアではどうしようもできないという場合もあります。

そういった場合には、医療レーザーによるシミケアがおすすめです。

医学的な根拠に基づいて行われる治療なので、シミをケアすることができます。

しかし、治療費がある程度高額になってしまうため注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

美白は正しいケアをすることで手に入れることができるものです。

しかしハイドロキノンはデメリットも抱えている物質なので十分に注意して使用するようにしてください。