0

シミ取りはハイドロキノンが有効?ハイドロキノン配合クリームを紹介

ハイドロキノンの配合クリームでシミ取りができるの?

肌に悩む女性

シミ取りクリームが話題になっていますが、なかでもハイドロキノンを含むクリームはシミの治療薬としても使われています。

しかし、本当にシミ取り効果が期待できるのでしょうか……。

今回は、そんな疑問を解消するために、

・ハイドロキノンを含むシミ取りクリームの概要
・シミ取りクリームの効果
・ハイドロキノンを含むシミ取りクリームの選び方

などを詳しくご紹介します。

ハイドロキノンを含むシミ取りクリームが知りたい

クリームタイプの化粧品

見た目に老けた印象を与えてしまうシミは、一度できてしまうとなかなか消えることはありません。

その一方で、インターネットでは「ハイドロキノンにシミ取り効果がある」と話題になっています。

ハイドロキノンとは、メラニンの生成をブロックすることでシミやそばかす、くすみを予防する話題の美白成分です。

しかし、ハイドロキノン配合のシミ取りクリームを使えば本当にシミは目立たなくなるのでしょうか。

シミ取りクリームとは?

シミ取りクリームとは、シミの原因にアプローチする美白成分を配合した保湿クリームのことで、「美白化粧品」「シミの治療薬」の2つにわかれています。

ハイドロキノンを含むシミ取りクリームの場合、美白化粧品よりもシミの治療薬として処方されているもののほうがハイドロキノンの濃度が高く、すぐれた効果が期待できるのです。

ただし、ハイドロキノンは刺激性が強い成分でもあるので、シミの治療薬として使われるシミ取りクリームは、医師の診察がなければ手に入れることができません。

シミ取りクリームの効果とは?

シミ取りクリームの効果といっても、使ってすぐにシミが剥がれる(取れる)わけではありませんし、シミの種類によっては改善できないものもあります。

シミ取りクリームの期待効果は、シミを予防すること、初期段階のシミを目立たなくすること、そしてクリーム本来の役割である肌の保湿です。

あくまでも美白成分を配合した保湿クリームであり、シミの原因にアプローチするだけのアイテムなので、シミを直接取りたいなら、美容皮膚科での施術(レーザー治療やピーリング)をおすすめします。

ハイドロキノンを含むシミ取りクリームの選び方

クリームを選ぶ女性たち

シミの原因に直接アプローチする美白成分・ハイドロキノンです。

かつては写真の現像など工業用として使われてきた成分ですが、ハイドロキノンの持つ美白作用が注目され、現在では数多くのメーカーがハイドロキノンを含むシミ取りクリームを発売しています。

しかし、なにを基準にシミ取りクリームを選べば良いのかわからない…そんな人も多いでしょう。

ここでは、ハイドロキノンを含むシミ取りクリームの選び方についてご紹介します。

国内で製造されているシミ取りクリームを選ぶ

まず、美容皮膚科を受診せずにシミ取りクリームを選びたい場合は、国内で製造されているハイドロキノン入りクリーム(美白化粧品)を選ぶことがポイントです。

インターネットでは、輸入物のハイドロキノン入りシミ取りクリームが多数販売されていますが、ハイドロキノンの濃度が国内基準値よりも高く、安易に使用すると肌トラブルの引き金になりかねません。

口コミや濃度の高さで輸入物に惹かれてしまう気持ちもわかりますが、肌のコンディションを維持するためにも国内で製造されているシミ取りクリームを選びましょう。

保湿成分が豊富に含まれているシミ取りクリームを選ぶ

国内で製造されているハイドロキノン入りクリーム(美白化粧品)を選ぶなら、保湿成分が豊富に含まれているものをおすすめします。

できてしまった初期段階のシミを薄くしたいなら、肌のターンオーバーを促さなくてはなりません。

肌のターンオーバーとは一定の周期で肌(表皮)が生まれ変わることを言います。

発生したメラニンは肌のターンオーバーとともに肌の外へ排出されるのですが、このターンオーバーの促進に欠かせないのが肌のうるおいなのです。

肌が乾燥していると、ターンオーバーが滞るだけではなく紫外線や物理的な刺激に敏感になってしまい、メラニンが作られやすくなります。

ハイドロキノン入りのシミ取りクリームを選ぶなら、保湿成分が豊富に配合されているものがおすすめです。

頑固なシミは美容皮膚科でシミ取りクリームを処方してもらう

できてしまって時間が経ってしまったシミや、スキンケアで改善できないシミは、美容皮膚科でシミ取りクリームを処方してもらうことをおすすめします。

シミの治療は、残念ながら保険適用外になるので高くついてしまいがちですが、シミ取りクリームだけではなく内服薬が処方されることもあり、シミの解消に最適な治療を受けることができます。

ハイドロキノン配合のシミ取りクリーム3選

ハイドロキノン配合のシミ取りクリームにはどんなアイテムがあるのでしょうか。

ここでは、口コミ評価の高いハイドロキノン配合のシミ取りクリームをピックアップしてご紹介します。

ビーグレン ホワイトケア

商品価格:1,800円

<特徴>

・ハイドロキノン配合クリーム同梱の美白トライアルキット
・独自の浸透テクノロジーでシミや色素沈着の原因に強力アプローチ
・ラインづかいでシミのできにくい肌に

ビーグレン ホワイトケアに同梱されている「QuSomeホワイトクリーム1.9」は、独自のテクノロジーでハイドロキノンを効率よく浸透させる美白クリームです。

同シリーズのラインづかいでシミのできにくい肌が目指せます。

⇒公式サイトはこちら

アンプルール ラグジュアリートライアルセット

商品価格:1,890円

<特徴>

・ハイドロキノン誘導体配合美容ゲルがセットになった美白トライアルキット
・できてしまったシミを集中ケアするスポット集中美容液付き
・保水マスク効果で肌にうるおいとやわらかさをもたらす

アンプルール ラグジュアリートライアルセットには、ハイドロキノン誘導体を配合したゲルクリーム「ラグジュアリーホワイトエマルジョンゲルEX」をはじめ、シミにアプローチする美白化粧品がセットになっています。

シミの予防はもちろん、できてしまったシミのお手入れにもおすすめです。

⇒公式サイトはこちら

マナラ モイストウォッシュゲル

maNara モイストウォッシュ

商品価格:2,764円

<特徴>

・ハイドロキノン誘導体配合の洗顔ミルク
・拭き取りタイプの洗顔料
・美容液成分97.5%配合

「モイストウォッシュゲル」は保湿クリームではありませんが、ハイドロキノン誘導体を配合した数少ない洗顔ミルクです。

肌のうるおいとハリをサポートする美容成分や、肌なじみのよい保湿成分を豊富に配合しており、デリケートで乾燥しがちな肌をやさしくいたわります。

⇒公式サイトはこちら

ハイドロキノンには副作用はあるの?

美白化粧品に配合されているハイドロキノンには副作用の心配はありませんが、シミの治療薬として配合されているハイドロキノンには赤みやかゆみ、炎症などの副作用が見られる場合もあります。

副作用は薬が効いている目安でもありますが、我慢して使い続けるのは肌にとってもよくありません。

使用頻度を減らしたり、肌のコンディションが落ち着くまで一時的に休むようにしてください。

ハイドロキノンをおすすめしたい方とは?

洗顔する女性

ハイドロキノンは、シミの予防だけではなく、初期段階のシミ解消にも役立つ美白成分です。

紫外線を浴びる機会が多い人や、年齢とともに肌トラブルが解消しにくくなった人、うっすらとしたシミが肌に現れた人などにおすすめです。

シミをケアするコツ

シミの予防・解消には、クリーム以外にもさまざまなお手入れ方法があります。

あきらめてしまう前に、できることは最大限尽くしましょう。

シミを消すなら医療レーザー

シミをスピーディーに、そして確実に消したいなら医療レーザーによる治療がおすすめです。

医療レーザー治療では、シミの元であるメラニン色素を破壊するほか、肌のターンオーバーを促すことで新しい肌を作り変えることができます。

濃さや症状によって一回で終わらない場合もありますが、治療薬や美白化粧品を使い続けるよりもはるかに効果的なシミ取り方法です。

UVケアもしよう

シミを防ぐためには、日焼け止めや日傘を使用したUVケアも大切です。

また、遺伝的要素が強いシミである肝斑やそばかすは、紫外線を浴びることで濃くなる傾向にあります。

シミの発生を防ぐのはもちろん、できてしまったシミの悪化を防ぐためにも、積極的なUVケアで肌を守りましょう。

まとめ

シミ取りクリームに使用されることが多いハイドロキノンは、メラニンの生成をブロックすることでシミを予防したり、メラニンを還元することで初期段階のシミを薄くする効果が期待できます。

スキンケアで解消できないシミも、医療レーザーや治療薬を使用すれば解消が期待できる場合もあるので、悩む前にまずは行動に移すところからはじめましょう。