0

ハイドロキノン配合の化粧水とは?おすすめの化粧水3選紹介!

ハイドロキノン配合の化粧水って?

ハイドロキノン配合の化粧水について、どんなイメージがありますか?

ハイドロキノンには極端なメリットとデメリットがあるので仕様には正しい知識が必要です。

そこで今回は、

  • ハイドロキノンとは
  • おすすめのハイドロキノン配合化粧水
  • ハイドロキノン配合化粧水の使い方

といった内容を中心に解説します。

ハイドロキノンとは?

まずはハイドロキノンがどういった成分なのかについて紹介します。

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と言われるほど強力な美白効果を持った美白成分です。

シミや毛穴の黒ずみをケアすることで、肌を白く美しい状態にしてくれます。

ハイドロキノンは他の美白成分と比べて、10~100倍もの美白効果があるとされていますが、肌への負担も他の美白成分と比べて大きいというデメリットもあります。

ハイドロキノンの美白効果とは?

ハイドロキノンはシミの原因となるメラニンの生成を抑制する効果があります。

メラニンは肌が紫外線を浴びた際に、肌を守るためにメラノサイトという細胞から生成されますが、過剰に生成されてしまうことでシミの原因となってしまいます。

ハイドロキノンはこのメラノサイトの働きを抑えることでシミケアを行います。

ハイドロキノン配合の化粧水の選び方

ハイドロキノン配合の化粧品を選ぶ際に注目するべきポイントは以下の3点です。

特にハイドロキノンは使用に注意が必要な成分なので、しっかりと自分の肌にあった化粧水を選ぶようにしましょう。

ハイドロキノン配合率

ハイドロキノン配合の化粧水を選ぶ際にまず最も注目するべきポイントは、ハイドロキノンの配合率です。

ハイドロキノンの配合率は市販されている化粧品の場合1~4%までとされています。

海外性の化粧品の場合、4%以上の配合率の化粧品も存在しますが肌荒れの危険が高いため、国内で製造されている化粧品を選ぶようにしましょう。

ハイドロキノンの配合率が上がるほど美白効果は高まりますが、肌への負担も大きくなるということをしっかりと頭に入れておくようにしましょう。

初めてハイドロキノン配合の化粧品を使用する場合は、まず配合率が低い化粧品から試してみるようにしましょう。

含まれている成分

ハイドロキノン以外に、どういった成分が含まれているのかも大切な判断基準です。

おすすめの美容成分としては、

  • アルブチン
  • ビタミンC誘導体
  • 保湿成分

といった成分が挙げられます。

アルブチン

アルブチンはハイドロキノンと同様に美白効果を持つ成分です。

美白効果自体はハイドロキノンに比べると弱くなりますが、肌への負担が少ない美白成分です。

敏感肌でハイドロキノンを使用するのが不安、という方はこのアルブチン配合の美白化粧水がおすすめです。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体にも美白効果はありますが、それ以外にも多くの美容効果を持っています。

<ビタミンC誘導体の効果>

・ニキビの炎症を抑える
・ニキビ跡をケアする
・肌のターンオーバーサイクルを整える
・肌にハリを与える

このように非常に多くの美白効果を持つ、優秀な美容成分となっていますのでどんな成分が自分に必要かわからない、という方はこのビタミンC誘導体配合の化粧水を選ぶようにしましょう。

保湿成分

化粧水は本来肌に水分を補給するために使用する化粧品です。

そのため補給した水分を逃さないようにするための、保湿成分配合の化粧水がおすすめです。

おすすめの保湿成分として、

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

が挙げられます。

特にセラミドは非常に高い保湿力を持っているので、肌が乾燥しやすいという方におすすめです。

価格

美白ケアに限らず、スキンケアによる肌への効果には即効性はありません。

そのためある程度の期間は同じ化粧品を継続して使用する必要があります。

そのため効果だけを考えて無理に高額な化粧水を選んでしまうと、継続して化粧水を使用することができなくなってしまいます。

そのため生活に負担をかけない程度の価格の化粧水を選ぶようにしましょう。

ハイドロキノン配合のおすすめの化粧水3選

ハイドロキノン配合のおすすめの化粧水をご紹介します。

ビーグレン QuSome ホワイトクリーム 1.9

容量:1週間分
価格:1,944円

<特徴>

  • 浸透テクノロジー「QuSome」でハイドロキノンを必要な箇所まで届けます。
  • ビタミンC誘導体が美白ケアと肌荒れケアを同時に行ってくれます。
  • 肌を乾燥から守る多数の保湿成分配合。

ビーグレン独自の技術でハイドロキノンを必要な部分に届け、長時間止めることでより効果的に美白ケアを行うことができます。

またビタミンC誘導体も配合されているため、美白ケアと同時にその他の肌トラブルもケアすることができます。

⇒公式サイトはこちら

ラグジュアリーホワイトローションAO Ⅱ

容量:1週間分
価格:1,890円

<特徴>

  • ハイドロキノンがメラニンの過剰生成を抑制します。
  • 2種類のビタミンC誘導体が肌荒れも同時にケアします。
  • ハイドロキノンをマイクロカプセルで包むことで肌への負担を軽減。

マイクロカプセルに包まれた新型のハイドロキノンが肌への負担を和らげながら、他の成分と時間差でシミをケアします。

また2種類のビタミンC誘導体がハイドロキノンと一緒に美白ケアも行いながら、ニキビや毛穴の開きなどといったんその他の肌トラブルも同時にケアします。

⇒公式サイトはこちら

澄肌美白化粧水

容量:2週間分
価格:1,500円

<特徴>

  • ビタミンC誘導体が肌に負担をかけずに美白ケアを行います。
  • ビタミンE誘導体が肌荒れを防ぎます。
  • 米由来の保湿成分がしっかりと肌を保湿。

こちらの化粧水にはハイドロキノンの代わりに肌への負担が少ない、ビタミンC誘導体が含まれているため、敏感肌の方でも安心して美白ケアができます。

ビタミンE誘導体も合わせて配合されているため、シミケア以外の肌荒れも効率的にケアすることができます。

⇒公式サイトはこちら

ハイドロキノン配合の化粧水の使い方とは?

最後にハイドロキノン配合の化粧水の使い方を解説します。

基本的なスキンケアの手順

まずは簡単にスキンケアの手順を解説します。

<スキンケアの手順>

1.洗顔で肌の汚れを落とす

2.化粧水で肌に水分や美容成分を補充する

3.美容液で肌の悩みに合わせた美容成分を補充する

4.乳液で肌を保湿する

このように化粧水は洗顔後に行いますが注意する点として、洗顔後は時間ごとに肌からどんどんと水分が失われていきます。

そのため、スキンケアは入浴後すぐに行うようにしましょう。

ハイドロキノン配合の化粧水を使う際の注意点

ハイドロキノン配合の化粧水を使用する場合には、他の化粧水と違い注意しなければならない点があります。

それは「就寝前にのみ使用する」という点です。

基本化粧水は、朝と夜両方に使用しますがハイドロキノンは紫外線との相性が悪いというデメリットがあります。

ハイドロキノンは紫外線を浴びることで酸化を起こし、活性酸素という物質に変わります。

この活性酸素は肌荒れを起こす原因となってしまうため、ハイドロキノン配合の化粧水は紫外線を浴びる心配のない就寝前にのみ使用しましょう。

また日中にも使用したいという場合は、日焼け止めなどで紫外線対策を怠らないようにしましょう。

まとめ

ハイドロキノンは非常に魅力的な成分ですが、大きなデメリットも抱えています。

ハイドロキノン配合の化粧水や安全に使用するためには、正しい知識が必要になります。

自分の肌質を理解し、ハイドロキノンに対する正しい知識を持ち、理想の美白肌を目指していきましょう。