0

シミとくすみは違う?シミとくすみの原因や改善方法を徹底解説!

シミとくすみは改善できる?

そばかす

「シミとくすみって一緒じゃ無いの?」

シミとくすみは大まかに考えると同じ分類の症状ではありますが、細かくみていくといくつかの違いがあります。

そこで今回は、

・シミとくすみの違い
・シミとくすみができる原因
・シミとくすみの改善方法

といった内容を中心に解説します。

シミとくすみの違い

肌に現れる色素沈着や全体的な黒ずみはシミやくすみですが、原因によってシミとくすみには少々違いがあります。

できるメカニズムはほとんど同じですが、くすみは広い範囲で表面的に発生する場合が多く、シミは形がはっきりと分かるように濃く浮き上がって来る場合が多いです。

シミとくすみができる原因

シミやくすみの原因は、多くの場合、単独ではなく複合しています。

それが解決しにくくなる理由ですが、一つひとつ見ていきましょう。

紫外線を繰り返し浴びる

子供は、10代でも繰り返し強い紫外線を浴び続けると、それが3040代になってからシミとして現れる場合もあります。

紫外線には有効な効果もありますので、一切シャットアウトするのではなく、年間を通じてきちんとUVケアをした上で屋外活動をするようにしましょう。

特に同じ場所ばかり繰り返し浴びるのは危険です。

ホルモンバランスの乱れ

特に女性は妊娠や出産でバランスが変わりますが、若い年齢でも生活習慣の乱れで起こる場合や40代からは更年期障害などでも乱れやすくなります。

メラニンの生成を促すメラノサイト刺激ホルモンは脳下垂体中葉から分泌されますが、この指令が過剰になると自然に薄くなる間もなく色素が作り出され、定着します。

精神的なストレスや生活の乱れは脳下垂体前葉を過剰に刺激しますので、ホルモンバランスが崩れやすくなり、シミやくすみが起こりやすくなるのです。

肝斑も女性ホルモンの分泌に関連して現れると言われています。

皮膚の炎症

虫に刺されたところを搔きすぎて、治った跡もシミが残ってしまったという人もいるでしょう。

しくはニキビが治ったのに、跡に色素が残ってしまうこともあります。

メラニンは、強い刺激から細胞を守る働きによって作られるため、炎症が起こるとどうしても過剰に生成されます。

炎症が治まれば徐々に排出されるべきなのですが、上手く行かずに残ってしまうとシミになってしまうでしょう。

自分でも炎症を起こさないよう注意する必要がありますし、起こってしまったら出来るだけ範囲を広げず、早く治めるようケアしましょう。

合わない化粧品などでかぶれたり、赤みが出たりするとそれがそのままシミに繋がるリスクがあるので、厳重に注意が必要です。

ただ、原因はいずれも肌の中のメラニンの蓄積で、シミともくすみとも言えない肝斑という現象もあります。

メラニンは、紫外線や強い刺激から肌細胞のDNAを守るために発生するもので、健康を守るためには必須の機能です。

通常は肌のターンオーバーによってだんだん排出され薄くなっていくものですが、ターンオーバーの乱れや肌機能の低下によって色が残るとシミやくすみになってしまいます。

ただし、くすみについては、色素沈着以外にも発生する原因がいくつかあります。

まず、くすみの定義ですが、肌に明るさがなくなり、血色が悪く、赤みより黄みが増している状態です。

透明感がなくツヤもなくなり、疲れていないのに疲れ顔になっているのが典型的なくすみ顔でしょう。

実際に血中のへモグロビンが減り、血行が悪くなると肌の色は暗くなります。

くすみそのものは皮膚の疾患ではないのでケアは自分で行う必要がありますが、原因の一つに角質残りがあります。

これは古い角質が剝がれ落ちずに残ったままになっているために、透明感が奪われてるケースです。

この場合は洗顔を見直すだけでも一気に肌のトーンが明るくなるケースもありますし、ピーリングだけで改善するケースもあります。

ほかには、肌の中で糖質とタンパク質とが結合して糖化が起こり、黄ぐすみが起こっているケースがあります。

糖化は老化現象でもあるので、肌に悪影響を与える重大な現象です。

ハリや弾力を生み出すコラーゲンが糖化してしまうと、もともと透明な肌組織が黄色や茶褐色に変化してしまいます。

この色の変化が肌の黄ぐすみに繋がるので、食事の仕方は肌にとっても非常に重要です。

毎日自分の顔に現れている現象をよく観察して、正しい食生活を送りましょう。

シミとくすみの改善方法

シミ・くすみを改善するには、肌のメラニンを除去したり、古い角質を除去したりといったスキンケアが重要です。

そもそもメラニンは本来蓄積し続けるものではなく、ターンオーバーで不要な角質と一緒に剝がれ落ちることで、排出されるようにできています。

小さな子供が真黒に日焼けしても、すぐに白い肌に戻るように、正常なターンオーバーができていれば必要以上に怖がる必要はありません。

ただ、年齢と共に皮膚のターンオーバーは低下して、メラニンの代謝がスムーズに行われなくなるのは事実です。

シミやくすみは作らないのが大前提ですが、できないようにするためには、こうした体内の機能も必要だということも忘れてはいけません。

多くの人が毎日スキンケアをして紫外線対策をしていますが、そうした外的ケアにプラスして、体内環境を整えるという内的ケアの意識も持つべきでしょう。

肌を白くしてくれる作用のある栄養素

ターンオーバーを正常化して、紫外線などの外的ダメージに強い肌を作るには、やはり摂取する栄養素は重要です。

スキンケアは表面側からのケアですから、是非、体内側からのケアも真剣に考えましょう。

冒頭で触れたように、肌の糖化はスキンケアでは消せないくすみを生み出します。

年齢やホルモンバランスなど、自分ではなかなかケアしにくい原因もありますが、食べるものや食べ方は全て自分次第なのですから、是非、美しい肌のために実践しましょう。

良い美白化粧品もレーザー治療やフォトフェイシャルも、こうした自分の努力無しでは効果半減です。

そこでおすすめなのがビタミンCの摂取なのですが、ビタミンCは加熱すると壊れてしまいますし、水洗いだけでも流れ出してしまうデリケートな成分です。

摂取する場合には、なるべく成分を壊さないように工夫するようにしましょう。

でも還元美白作用があり、肌にあるメラニンの色を徐々に薄くしてくれますし、強力な抗酸化作用があるので活性酸素を除去して肌の老化を防いでくれます。

もともとメラニン生成を抑制する働きがあり、真皮ではコラーゲンの生成を促進してくれます。

昔から美容にはビタミンCと言われるだけのことはあるでしょう。

また、先ほどシミの原因にストレスがあると挙げましたが、ビタミンCには抗ストレスホルモンである副腎皮質ホルモンの生成を促進する働きもあります。

もちろんビタミンCを摂取すればいきなりストレスフリーというわけにはいきませんが、耐性を強くするのにはもってこいでしょう。

また、抗ヒスタミン作用があるので、肌の炎症を緩和する働きもあります。

炎症もまた色素沈着の原因になりますので、ここでもビタミンCは大いに活躍してくれます。

まとめ

色白の女性

シミやくすみをケアする場合は、肌を外側からも内側もからもケアする必要があります。

外側からは、洗顔やスキンケア商品によるケアを行い、紫外線対策や刺激対策、炎症対策などを行うようにしましょう。

内側からは、バランスの良い食事を取り、肌の血行を良くして、糖化による黄ぐすみなども抑える必要があります。

いずれにしても、ずっと持続してケアを続ける必要があり、数か月単位どころか年単位で考えなければ本当の対策にはなりません。

一番難しいのは、コツコツ続ける意志の強さと言えるでしょう。

自分に合った正しいケアを知りたい場合は、一度皮膚の美容専門家のカウンセリングを受けてみるのも良いかもしれません。