0

美白ボディクリームおすすめ5選!ハイドロキノン配合の美白クリーム

おすすめの美白ボディクリームとは?

「モデルのような美白を手に入れたい」

女性にとって綺麗な美白な肌というのは憧れの対象ではありませんか?

もちろんモデルの方々も、努力を重ねた末にあの綺麗な美白を手に入れています。

そこで今回は、

・美白ボディクリームについて
・おすすめの美白ボディクリーム
・美白を手に入れる方法

以上の点を中心に解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

美白ボディクリームとは?

美白を手に入れるためにはボディクリームによるケアがおすすめです。

美白ボディクリームとは?

ボディクリームとは、顔だけではなく全身の肌をケアするために使用する化粧品です。

美白ケアというと顔のシミがまず思い浮かぶかもしれませんが、全身のシミや黒ずみも美白ボディクリームを使用することでケアすることが可能です。

美白ボディクリームに配合されている美白成分にはいくつかの種類がありますが、その中でもハイドロキノンという美白成分がおすすめです。

ハイドロキノンは他の美白成分と比べて、強力な美白効果があるためより効果的に美白ケアをすることが可能です。

しかし効果が高い分、肌への負担が大きいというデメリットがあるため、敏感肌の方にはおすすめができない美白成分となっています。

美白ボディクリームの効果とは?

ハイドロキノンを含む美白成分は、シミや肌の黒ずみの原因となるメラニンの生成を抑制する働きがあります。

また、メラニン色素を薄くするメラニン色素還元作用もあるため、予防だけでなくすでにできてしまったシミや黒ずみをケアすることが可能です。

メラニンは肌が紫外線を浴びることで生成されるため、外出時には必ず紫外線対策をとるようにしましょう。

美白ボディクリームの選び方とは?

美白ボディクリームを選ぶ際に注目するポイントは以下のとおりです。

・ハイドロキノン配合率
・含まれている成分
・価格

それぞれについて解説します。

ハイドロキノン配合率

ハイドロキノンがボディクリームにどれくらいの割合で配合されているかを表す数字で、この配合率が高くなるほど美白効果は高まります。

市販されている化粧品のハイドロキノン配合率は基本的に1~4%までとなっています。

しかし配合率が高くなるほど肌への負担が大きくなってしまうため、自分の肌質とも考え、特に敏感肌の方は低配合率のボディクリームを選ぶようにしましょう。

自分が肌荒れしないか心配な方は、本格的に使用する前にパッチテストを実施するようにしましょう。

<パッチテストの方法>

1.腕に10円玉サイズ程度の分量の化粧品を塗り込む

2.そのまま触れずに48時間放置する

3.肌に異常がなければ問題なし。肌に異常があった場合はその化粧品の使用を控える

含まれている成分

ハイドロキノン以外にどういった成分が含まれているのかも大切な判断基準です。

おすすめの成分は、

・アルブチン
・ビタミンC誘導体
・保湿成分

アルブチン

アルブチンはハイドロキノンと同様の美白成分です。

ハイドロキノン比べると美白効果は弱まりますがその分肌への負担が少ない美白成分です。

そのため、美白ケアをしたいけどハイドロキノンを使うと肌荒れをしてしまう、といった方におすすめの成分です。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体もハイドロキノンと同じように美白効果があります。

しかしビタミンC誘導体はそれだけではなく、

・抗炎症効果
・肌のターンオーバー周期を整える
・肌にハリを与える

といったように多くの美容効果を持っている成分です。

そのため、多くの肌のお悩みを持っている方や、特定の悩みが無いといった方におすすめの成分です。

保湿成分

乾燥はあらゆる肌トラブルの原因となるため、肌を乾燥から守るための保湿成分は必須です。

おすすめの保湿成分は、

・セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン

特にセラミドは非常に高い保湿力を持っているため、肌の乾燥がきになる方はセラミド配合のボディクリームを選ぶようにしましょう。

またヒアルロン酸やコラーゲンには、肌のハリを取り戻しシワをケアする働きがあるため、シワでお悩みの方におすすめの保湿成分です。

価格

ボディクリームを使用し始めてから実際に効果を実感できるまでには、ある程度の期間が必要です。

特にハイドロキノン配合のボディクリームは、他のボディクリームと比べても高額です。

そのため無理なく継続して使用できる価格のボディクリームを選ぶようにしましょう。

美白を手に入れる方法とは?

美白を手に入れるためにはボディクリームによるケアだけでは足りません。正しいケアを意識して行うようにしましょう。

美白サプリメントを使う

より効果的に美白を手に入れたい方には、美白サプリメントを使用した美白ケアがおすすめです。

美白サプリをボディクリームや美白化粧品と併用することで、体の外側、内側の両方からシミや黒ずみをケアできます。

またサプリメントは、1日に数回飲むだけで効果が出るため手軽に美白ケアをできるのもメリットです。

UVケアを行う

紫外線はシミを作る原因となるためUVケアは欠かせません。

さらにハイドロキノンは紫外線を浴びることで酸化を起こし、活性酸素という物質に変わります。

この活性酸素は肌荒れの原因となる物質なので、ハイドロキノン配合のボディクリームを使用しているときは、より注意してUVケアをしましょう。

またハイドロキノンの酸化が心配という方は、ボディクリームの使用を就寝前に限るようにしましょう。

シミを消すには医療レーザーがおすすめ

ハイドロキノンは強力な美白効果を持っていますが、効果にはどうしても個人差が出てしまいます。

更にシミの種類によっては、ハイドロキノンなどの美白成分ではケアすることのできない場合があります。

そういった場合には医療レーザーによるシミ治療がおすすめです。

レーザー治療は医学的根拠に基づいたものなので、ボディクリームによるセルフケアに比べてより確実な効果が期待できます。

しかしレーザー治療は価格の高いケア方法のため、学生などの金銭的に余裕のない方にはおすすめできない方法です。

まとめ

いかがでしたか?

ハイドロキノン配合のボディクリームによる美白ケアは非常に効果的ではありますが、デメリットも抱えています。

自分に合ったボディクリームを使用し、憧れの美白を手に入れましょう。