0

毛穴の目立たない肌を手に入れる!毛穴ケアおすすめの洗顔5選!

手ごわい毛穴に効果のある洗顔をご紹介!

花かんむりを被っている女性

毛穴ケアをするにあたり、洗顔料を見直したことはありますか?

実は洗顔は毛穴トラブルを改善するのにとても重要な役割を担っています。

それは毛穴トラブルのほとんどの原因が古い角質・汚れから発生しているからです。

毛穴トラブルを予防・改善が期待できる洗顔を5種類ご紹介します。

毛穴の種類によって使いわけ、自信のもてる素肌を目指しましょう。

毛穴が目立ってしまう原因は?

怒っている女性

毛穴は顔だけでなく体にも存在します。

しかし体の毛穴はあまり気にならないのに、顔の毛穴が気になるのはなぜでしょうか?

それは顔の毛穴は体の毛穴より皮脂腺が発達しているからと考えられます。

体の毛穴は体温調節をする役割が主な働きになります。

一方、顔の毛穴は皮脂を分泌する役割が主な働きになります。

皮脂腺が発達することで皮脂の出口が広がることが原因です。

毛穴のタイプを知ろう

毛穴トラブルに悩む女性

毛穴トラブルは主に4種類あります。

それぞれの毛穴トラブルは発生原因が違えばケア方法も異なります。

そのため自分の毛穴が何が原因で発生したのか、どのように対処すれば良いのかを知ることが大切です。

良い化粧品を使っていてもアプローチするところが違えば無駄になってしまいます。

効果を実感するためにも正しい知識を持ち、ケアしましょう。

黒ずみ毛穴

黒ずみ毛穴は過剰に分泌された皮脂と不要な角質が混ざり合ってできた角栓が毛穴に詰まることから発生します。

その詰まった角栓が入口を開き酸化することで黒ずんでしまうのです。

角栓は固く、少し盛り上がっているので表面にざらつきがあるのが特徴です。

開き毛穴

開き毛穴は過剰な皮脂の分泌が原因です。

皮脂が過剰に分泌されると皮脂腺が発達し、皮脂の出口を広げます。

毛穴が大きくなることで目立ってしまっている状態です。

たるみ毛穴

たるみ毛穴の原因が加齢です。

年齢と共に肌のハリ・弾力成分であるコラーゲン・エラスチンの生成力が低下します。

それに伴い生成される量も少なくなります。

さらにコラーゲン・エラスチンの排出量も変わりません。

結果的にハリ・弾力が低下し、肌のたるみにつながります。

肌がたるむと重力によって下に引き延ばされます。

毛穴も丸から縦長のしずく型に変形します。

これがたるみ毛穴の原因です。

メラニン毛穴

メラニン毛穴の主な原因が紫外線です。

紫外線を浴びることでメラノサイトが活性化し、メラニンが生成されます。

通常、メラニンはターンオーバーで古い角質と共にはがれ落ちます。

しかしメラニンが生成され続けると排出が追い付かなくなり、色素沈着します。

毛穴の入り口に色素沈着したものがメラニン毛穴です。

黒ずみ毛穴と同じく黒ずんで見えますが、表面にざらつきが無いのが特徴です。

毛穴用洗顔の選び方

レチノール,安全

改善したい毛穴トラブルによって効果が期待されている成分は違います。

せっかく使うのであれば、自分の毛穴を改善したいですよね?

そのためにもどのような成分がどの毛穴トラブルに効果が期待できるのかを知っておくと良いでしょう。

毛穴の汚れにはクレイ(泥)・フルーツ酸

毛穴に汚れが溜まっているときはクレイ(泥)・フルーツ酸配合の洗顔がおすすめです。

クレイ(泥)は汚れを吸着する働きがあります。

さらに粒子の細かい天然クレイの場合、イオンの働きにより毛穴の中の汚れも吸着してくれます。

フルーツ酸はAHAと表記されることもあります。

フルーツ酸にはピーリングのような効果があり、古い角質を取り除き、ターンオーバーをサポートしてくれます。

毛穴トラブルの原因である古い角質を除去することで予防することができます。

毛穴の開きには保湿成分配合

毛穴の開きにはセラミド・ヒアルロン酸などの保湿成分配合の洗顔がおすすめです。

毛穴の開きは皮脂の過剰な分泌が挙げられますが、それは乾燥が原因である可能性があります。

乾燥すると皮脂とのバランスが崩れ、皮脂が多いように感じます。

また乾燥するとキメが乱れ、毛穴が目立ちやすい状態となっているため毛穴の開きが気になる方は保湿成分配合のアイテムを選びましょう。

肌に刺激の少ないもので選ぶ

いくら美容成分が高配合であっても肌に負担になっては意味がありません。

自分に合った成分もあれば、合わない成分もあります。

化粧品を使用していて赤味・かゆみ・ヒリヒリ感がある場合はすぐに使用を止めましょう。

肌に刺激の強いものは肌の負担になるので気を付けましょう。

毛穴に効果のある洗顔おすすめ5選!

化粧水を使う女性

毛穴ケアに効果が期待される成分が配合されていいる洗顔を5種類ご紹介します。

どろあわわ

どろあわわ

内容量:110g
価格:2,000円

<特徴>

  • 米麹エキス配合で肌を柔軟に整える
  • 3種類のクレイが毛穴汚れを吸着し、老廃物も除去
  • 保湿成分たっぷりで洗い上がりもしっとりする

米麹エキスは波高させることで有機酸(AHA)を含むようになります。

肌上に残る不要な角質を取り除くことで肌を柔らかくしてくれます。

3種類のクレイはそれぞれ役割が違います。

1種類目のマリンシルトはマイナスイオンの力で汚れをしっかり吸着します。

2種類目の国産ベントナイトは毛穴の奥に入り込んだ汚れ・角栓・過剰な皮脂を吸い取ります。

3種類目の国産タナクラクレイは毛穴に詰まった汚れ・皮脂・老廃物を取り除くサポートをします。

コラーゲン・ヒアルロン酸配合で洗い上がりもしっとりし、肌を守ってくれます。

口コミ一覧はこちら

公式サイトはこちら

然 よかせっけん

よかせっけん

内容量:88g
価格:1,000円

<特徴>

  • 一つひとつ手作りの完全無添加石けん
  • シリカパウダー配合で毛穴汚れを逃さない
  • 美容成分60%以上配合でみずみずしい洗い上がり

全て手作りのよかせっけんは完全無添加のため使用期限が設けられています。

洗顔だけにかぎらず化粧品は開封したそのときから酸化が始まります。

酸化が進むにつれ、期待れている効果が期待できなくなる場合があります。

使用量を守り、期限以内に使用することをおすすめします。

シリカパウダーとは火山灰シラスを超微細パウダーにしたものです。

火山灰を含んだ泡が毛穴の奥に潜んだ汚れをしっかり吸着してくれます。

またシリカパウダーは天然のミネラルが豊富です。

美容成分60%以上と相まって、潤いに満ちた洗い上がりです。

公式サイトはこちら

パルクレール クリーミュー

パルクレールクリーミュー

内容量:90g
価格:2,000

<特徴>

  • 6種類のクレイを使用し、毛穴トラブルにアプローチ
  • 100%天然フルーツを使用した美容成分配合で健やかな肌に整える
  • 10種類の無添加で肌がデリケートな方にもおすすめ

6種類のクレイでは海のクレイと山のクレイを組み合わせています。

世界中から厳選したクレイを使用しており、毛穴汚れをしっかり吸着してくれます。

刺激を緩和するためシアバターを配合しています。

通常の化粧品であれば5種類の無添加が平均ですが、クリーミューはなんと10種類を実現しました。

低刺激の洗顔なので安心してご利用いただけます。

公式サイトはこちら

リー・ダマラボ モイストゲルクレンジング

ダーマラボ

内容量:150g
価格:1,450円

<特徴>

  • 極小こんにゃくスクラブ配合で毛穴汚れもスッキリ落とす
  • 4種類の植物由来の毛穴ケア成分を配合
  • 保湿成分もたっぷり配合でみずみずしい素肌に導く

極小のこんにゃくスクラブが肌に潤いを与えながら毛穴の奥の汚れ・古い角質を優しく吸着します。

不要なものを洗い流すことでワントーン明るい素肌に仕上がります。

また4種類の植物由来の毛穴ケア成分がそれぞれ違う毛穴トラブルにアプローチしてくれます。

そのため何種類かの毛穴の改善をサポートします。

モイストゲルクレンジングはダブル洗顔が不要なので1本でメイク落としも洗顔も可能です。

時短のお手入れができるので、忙しい方にピッタリです。

公式サイトはこちら

洗顔バーム

洗顔バーム

内容量:90g
価格:1,566円

<特徴>

  • プラセンタ・ヒアルロン酸・コラーゲンなど保湿成分がたっぷり配合で潤いを逃がさない
  • オイルベースのバームなので頑固な角栓も洗い流す
  • 植物由来成分88%配合で肌に優しい洗い上がり

毛穴トラブルにとって大敵な乾燥を防ぐため、保湿成分をたっぷり配合しています。

またコラーゲン・プラセンタは肌のハリ・弾力にアプローチしてくれるので、エイジングによるトラブルの改善もサポートしてくれます。

毛穴トラブルで問題の角栓は固く、なかなか改善することができません。

もともと角栓は皮脂の塊なのでオイルに溶けやすいという性質を持っています。

そこにアプローチするのが洗顔バームです。

バームを手に取り、手のひらで温めることでオイル状に変化し、頑固な角栓を溶けやすくします。

汚れは落としても、潤いは残してくれる優秀アイテムです。

口コミ一覧はこちら

公式サイトはこちら

肌へ刺激を与えない洗顔方法

洗顔をしてる女性

良い洗顔を使用していても使用方法が間違っていては効果も半減してしまいます。

洗顔をするときのポイントをお伝えします。

しっかりと泡立てる

洗顔は泡で顔を洗うようにしましょう。

肌に直接触れることがないように、しっかり洗顔を泡立てます。

手で泡立つものもあるとは思いますが、ネットなどを使用するとより細かな泡を作ることができ、泡持ちも良いです。

手でゴシゴシ洗うのではなく、泡を顔にのせ泡を動かすような感じで優しく洗いましょう。

慣れるまで洗った感じがしないかもしれません。

しかし洗顔の細かな泡がしっかり毛穴の中の汚れを落としてくれるのでこする必要はないです。

ぬるま湯でしっかりとすすぐ

ぬるま湯と聞くと何度くらいを想像しますか?

実は肌にとって最適な温度は32℃~36℃です。

人の体温と同じくらいの温度のため、触れたときにあまり温かさは感じません。

なぜ人と同じくらいの温度が良いかというと、これ以上高い温度だと必要な皮脂まで洗い流してしまうからです。

必要な皮脂を落とすと皮脂膜を形成することができないので、水分を閉じ込めることができにくくなります。

また水分を蒸発させるので乾燥の原因にもなります。

それなら冷水が良いのか、という疑問が生まれます。

しかし冷水は皮脂汚れを落としにくいのでおすすめしません。

お風呂で顔を洗う場合も、顔を洗う時だけ温度を低めに設定して洗うことをおすすめします。

タオルでこすりすぎない

洗い上がりの肌はとてもデリケートです。

その肌をタオルでゴシゴシ拭いてしまうと肌を傷つけてしまいます。

顔の水分を取るときは、タオルを顔にのせハンドプレスしましょう。

それだけで十分、水分をとることができます。

細かい部分などは指にタオルを巻き付け、ポンポンするだけで大丈夫です。

使うアイテムだけではなく、使用後も気を付けて健やかな肌を目指しましょう。

洗顔のしすぎに気を付けよう!

考えている女性

洗顔をすることで毛穴トラブルが改善できるなら1日に何回も洗顔をして良いのでしょうか?

答えはノーです。

基本的には朝・夜1回ずつが理想と言われています。

それは洗顔の回数が増えたり、洗顔をする時間が長かったりすると肌へのまさつとなり新たな肌トラブルの原因となるからです。

まさつ以外にも必要な皮脂・天然保湿因子・細胞間脂質まで洗い流してしまい、肌本来のバリア機能を低下させてしまいます。

洗顔を肌上にのせる時間も気にしながら適切な回数で洗顔しましょう。

また洗顔をする順番も大切です。

洗顔を泡立ててから、顔のどの部分に一番にのせていますか?

多くの方は頬にのせているのではないでしょうか?

しかしそれは間違いです。

頬は乾燥しやすい部分になるので、おすすめしません。

皮脂の分泌が多い、額・鼻からの洗顔をおすすめします。

それから頬・あご・フェイスラインと移動すると良いでしょう。

洗浄成分が肌に残っている時間が長いほど肌の負担になりやすいです。

洗う順番にもきをつけながら洗顔をしましょう。

洗顔後はしっかりと保湿を!

保湿をしている女性

洗顔後は乾燥しやすい状態になっています。

顔を拭いてから30秒~1分以内に保湿をしましょう。

保湿も毛穴トラブルを改善するために必要不可欠なものです。

肌が乾燥するとキメが乱れ毛穴が目立ちやすい状態です。

また乾燥すると皮脂とのバランスが崩れるのでオイリー肌に感じ、ニキビの原因にもなります。

肌のバリア機能も低下するので刺激を受けやすくもなります。

化粧水で水分を補い、乳液・クリームで膜を張り水分を肌内部に閉じ込めましょう。

まとめ

毛穴トラブルは1日2日で改善されるものではありません。

毎日のお手入れが大切です。

週に一度は美顔器などでケアすることもおすすめです。

しかし、与えるケアをする前に落とすケアがとても重要です。

いくら良いものを与えても不要なものが肌上に残っていては肌内部に取り込むことができません。

そのため毛穴トラブルの改善をサポートしてくれる成分が配合されているアイテムで洗顔することが大切です。

自分の毛穴トラブルにあった洗顔を選び、健やかな肌を目指しましょう。

毎日のお手入れを継続して行うことで、肌もきっと応えてくれるはずです。