0

黒ずみ毛穴に悩まない!ドラッグストアで買える洗顔のおすすめ5選!

毛穴ケアにおすすめのドラッグストア洗顔料を紹介!

きれいな女性

毛穴の黒ずみや広がりは、スキンケアの基本である洗顔を見直すことが第一です。

できるだけ手軽なドラッグストアで販売されている洗顔料が気になります。

そこでこの記事では、以下の内容を詳しく解説します。

  • 毛穴ケア洗顔の選び方
  • おすすめのドラッグストア洗顔料
  • 正しい毛穴ケア方法のポイント

おすすめの洗顔料で、毛穴レスな透明肌をめざしましょう。

毛穴ケア洗顔の選び方

女性

なかなか落ちない毛穴の黒ずみや、開きっぱなしの毛穴には、成分にこだわった洗顔でスキンケア改革をしましょう。

ドラッグストアではたくさんの洗顔料が販売されていますが、やみくもに「毛穴」という言葉だけで選ぶのはキケンです。

まずは自分の毛穴が「黒ずみ」なのか「開き」なのか、そしてたるんでいるかどうかをチェックしてください。

そのうえで、さまざまな毛穴の詰まりやたるみにアプローチしてくれる洗顔用を見つけます。

毛穴ケアのための洗顔料は、「毛穴のタイプ」「成分」「保湿力」の3ステップで選んでいきましょう。

毛穴のタイプを知る

「毛穴トラブル」といっても、大きく3タイプに分かれます。

それぞれ原因が違うため、アプローチ方法も変わってきます。

①黒ずみ毛穴

とくに鼻周りの毛穴がブツブツと黒く目立っているタイプです。

<原因>

  • 角栓が肌表面で酸化している
  • メラニンが毛穴に沈着している

「角栓の酸化」が原因の場合、メイク汚れや皮脂、ほこりなどが毛穴に詰まっていることが大元の原因です。

「メラニンの沈着」が原因の場合、ケアのしすぎなどで肌の代謝が悪い状態になっています。

シミのように見えることもあるため、美白ケアを重視しがちですが、じつは保湿のほうが重要なケアです。

スカスカになってしまった肌に十分なうるおいを与え、毛穴周りをふっくらさせてあげましょう。

②開き毛穴

頬のあたりを中心に、ファンデーションでも隠しにくくなっているタイプです。

<原因>

  • 過剰分泌された皮脂が詰まっている
  • 乾燥によって毛穴が引っ張られている

ほとんどが「保湿不足」であることが原因です。

肌が乾燥を補うために、皮脂が過剰に分泌されていることも多くあります。

③たるみ毛穴

楕円形に、垂れさがっているように見えるタイプです。

<原因>

  • 乾燥によって毛穴がたるみと共に開く
  • コラーゲンなどの不足によってハリが失われる

たるみ毛穴も、開き毛穴の一種となり、「乾燥」が大きな原因です。

とくに30代以降は、肌内部でハリを保っているコラーゲンなども減少するため、たるみに合わせて毛穴が開いていきます。

成分で選ぶ

それぞれ特徴の違う成分をチェックして、毛穴トラブルに合った洗顔料を選んでください。

①クレイ

汚れが好物という特徴を持っているのが、クレイ(泥)です。

うるおいなど肌に必要な成分を嫌うため、上手に汚れだけを吸着してくれます。

<種類別クレイの特徴>

  • モンモリロナイト:超微粒子でマイルドな洗浄力。保湿力が高い。
  • ガス―ルクレイ:天然ミネラルが豊富で洗浄力・保湿力ともに高い。敏感肌にもおすすめ。
  • マリンシルト:肌にしっかりと吸着し、豊富な栄養素が詰まっている。
  • 海泥:赤ニキビなど、炎症を起こしている肌におすすめ。
  • ホワイトクレイ:肌に馴染みやすく、美容医療などでも使われている成分。

クレイ(泥)は、基本的に保湿力が高く、洗い上がりしっとりな素肌を作れます。

ただし、洗浄力が高いクレイは肌がピリピリすることもあるので要注意です。

②酵素

毛穴詰まりの原因となる角質(たんぱく質)を分解してくれるのが、酵素の特徴です。

余分な皮脂も溶かしながら落とすため、ザラつきを感じる毛穴トラブルにおすすめです。

<種類別酵素の特徴>

  • パパイン酵素:生きた細胞は残し、不要な角質などだけを落してくれる。
  • ブロメライン:角質汚れを強力に落とすが、刺激もやや強め。

肌全体がくすんでいる場合、酸化した角質が影響していることもあります。

そのため、角質オフに優れている酵素洗顔は、肌全体のブライトアップにもおすすめできます。

ただし、皮脂洗浄力が強いため、「必要な油分」まで奪ってしまうリスクもあるため、肌状態に合わせて使ってください。

③フルーツ酸(AHA)

やさしいピーリングが叶うのが、フルーツ酸(AHA)です。

毛穴に詰まった角栓を落とすだけではなく、コラーゲンの生成サポートや、ターンオーバーの乱れもケアしてくれる天然成分です。

<種類別フルーツ酸の特徴>

  • リンゴ酸:ごわつく肌をやわらげ、肌表面を保護してくれる。
  • グリコール酸:分子が小さく、皮脂バランスを整えてくれる。
  • クエン酸:古い角質を落とし、くすみをケアしてくれる。
  • 乳酸:角質同士の結び付きをゆるめて、落としてくれる。
  • 酒石酸:乱れたターンオーバーサイクルをケアしてくれる。

上記5つのフルーツ酸のなかでも、「クエン酸」「乳酸」はやや刺激が強く、アトピー肌などにはおすすめできません。

ほかのフルーツ酸についても、低刺激とはいえ週に1回程度のケアから始めてみるのがベターです。

保湿力をチェックする

毛穴だけに限らず、肌トラブルの多くは「保湿不足」が原因です。

とくに洗顔はスキンケアの基本であり、肌がもっとも乾燥ダメージを受けてしまうタイミングです。

保湿力が低下してしまうと、毛穴状態はますます悪化します。

どのようなタイプの洗顔料であっても、「洗い上がりのしっかり感」は配合成分や口コミなどからチェックしてください。

また、洗顔直後の保湿ケアも重要ですが、その点については記事後半で解説します。

ドラッグストアで買える毛穴ケア洗顔おすすめ5選

それでは、ドラッグストアで買える毛穴ケアにおすすめの洗顔アイテムを5つ紹介します。

①オルナ オーガニック 泥洗顔

オルナオーガニック泥洗顔

内容量:130g
価格:2,079円

<特徴>

  • 国産オーガニック洗顔
  • 弾力ある濃密泡
  • ザラつく毛穴におすすめ

23種類ものオーガニック成分を配合した国産のクレイ洗顔です。

きめの細かい濃密弾力泡が素肌を包み込み、毛穴汚れをするんとオフします。

セラミドなど最高級保湿成分をたっぷりと配合し、洗い上がりはもっちりすべすべ。

お子さまでも使える無添加商品で、つるつるな毛穴を実現してくれます。

⇒販売サイトはこちら

②ロゼット 洗顔パスタ ガス―ルブライト

ロゼット洗顔パスタクレイ

内容量:120g
価格:409円

<特徴>

  • ガス―ルクレイを配合した洗顔
  • プチプラで続けやすい
  • 敏感肌・オイリー肌におすすめ

ロングセラーブランドのロゼットが展開している洗顔シリーズの、クレイタイプです。

敏感肌にもやさしく天然のミネラルをたっぷり含んだガス―ルを配合しています。

古くなった角質を落とし肌全体のくすみをケア、さらにアルガンオイルがしっとりと仕上げます。

ドラッグストアのなかでもプチプラで、続けやすい洗顔料です。

⇒販売サイトはこちら

③専科 パーフェクトホワイトクレイ

パーフェクトホワイトクレイ

内容量:120g
価格:499円

<特徴>

  • 専科シリーズのクレイ洗顔
  • うるおい導入技術でしっとり肌
  • 乾燥肌の黒ずみ・くるみにおすすめ

ドラッグストア洗顔料でも大人気専科パーフェクトシリーズの、クレイ洗顔料です。

ふわふわな白まゆ泡には、粒子の小さなホワイトクレイが配合されて、毛穴にスルッと入り込みます。

独自の「うるおい導入技術」によって、シルクエッセンス・Wヒアルロン酸が洗顔後のうるおいを守る処方です。

つっぱりを感じやすい黒ずみ毛穴・くすみ肌におすすめです。

⇒販売サイトはこちら

④スイサイ 洗顔パウダー ビューティークリアパウダーウォッシュ

スイサイ

内容量:0.4g×30個
価格:1,813円

<特徴>

  • 酵素タイプ洗顔料
  • アミノ酸系洗浄成分で低刺激
  • オイリー肌の開き毛穴・黒ずみ毛穴におすすめ

美容メディアやSNSで話題になっているスイサイの酵素洗顔です。

2種類の酵素・アミノ酸系洗浄成分を配合し、毛穴詰まり解消と保湿をバランスよく実現しています。

べたつくオイリー肌もすっきりと洗い上げ、つるつるの毛穴に導くのが特徴です。

個包装になっているので旅行にも役立ち、清潔に新鮮な状態をキープしてくれます。

⇒販売サイトはこちら

⑤AHA クレンジングリサーチ ソープ

AHAクレンジングリサーチ

内容量:100g
価格:536円

<特徴>

  • AHA配合
  • 角質ケア専門ブランド開発
  • たるみ系の毛穴におすすめ

世界各国で販売され、シリーズ累計2000万個突破の角質ケア専用ブランドです。

さわやかに香るアップル系のAHAを配合し、もちもちな濃密泡が肌にやさしくフィットします。

毛穴の黒ずみを作っている汚れや皮脂を落としつつ、開いた毛穴を内側から押し上げるように引き締めます。

やや保湿力に欠けますが、洗顔後の保湿ケアを十分におこなえば、がんこな黒ずみにおすすめです。

⇒販売サイトはこちら

正しい洗顔で悩み解決

洗顔をしている女性

毛穴ケアは洗顔にこだわって、丁寧におこなうことが基本です。

泡だち洗顔料はふわふわ弾力で使う

専用の泡立ちネットを使用し、ふわふわで手を逆さにしても落ちないほどの弾力を作るのが理想です。

肌にあてるときには、泡を転がすように使うと低刺激な毛穴ケアが実現します。

しかし、じつは泡立ち系の洗顔料に配合されている「発泡剤」が刺激になることもあります。

もし、泡立ち系の洗顔料でヒリヒリするなどの刺激を感じたら、泡立てない洗顔料でなめらかに洗顔をしてみてください。

「刺激を与えないこと」が重要であって、「泡立ち洗顔」にこだわる必要はありません。

ぬるま湯で洗い流す

とくに皮脂詰まりが気になっている毛穴へのケアには、30度前後のぬるま湯がおすすめです。

30度は皮脂が溶け出す温度で、極端に熱い・冷たい温度は肌を乾燥させてしまいます。

また、洗い流すときにも手が肌に触れないように、パシャパシャと丁寧に落としてください。

また、シャワーを直接かける人もいますが、雑菌やシャワーの圧が刺激になるのでやめましょう。

1分以上は洗わない

毛穴の汚れを落とすために、ついつい長くしっかり洗ってしまうことがありますが、毛穴ケアではNGです。

角質細胞がはがれる原因となるため、長時間洗顔が乾燥肌を作っていることも多いのです。

1分以上は洗顔料を肌につけず、すすぎを丁寧におこなうようにしてください。

洗い残しが肌に付着していると、それも毛穴詰まりの原因となります。

タオルでやさしくおさえる

肌にとってもっとも身近な刺激は「摩擦」です。

とくにクレンジング時の摩擦、コットンでの摩擦、そしてタオルの摩擦が肌を傷つけています。

洗顔後にはタオルでやさしくおさえる程度で、水気はしっかり取らなくても問題ありません。

時期的な乾燥など、化粧水を使ってもイマイチ…というときには、顔に水気が残った状態で化粧水をつけてみてください。

化粧水がスムーズに浸透しやすくなるので、よりうるおいを実感できます。

洗顔後はすぐに保湿・引き締めケアを忘れずに!

スキンケアする女性

肌がもっともデリケートな状態になるのは「洗顔後」です。

洗顔後や入浴後の肌は、急速に蒸発していくため、スピーディーな保湿ケアが重要になります。

どうしても保湿ケアを忘れてしまう方は、洗面所に予備の化粧水を置くなどして、乾燥対策をしましょう。

スプレータイプの化粧水や、大容量の化粧水が手軽で使いやすく、おすすめです。

毛穴の引き締めに保冷剤や氷を使ったアイディアが話題となっていますが、刺激となることもあるのであまりおすすめできません。

毛穴の黒ずみも開きも、保湿ケアを丁寧に続けることが基本です。

物足りなさを感じる方は、ドラッグストアでも売っている収れん化粧水などを使いましょう。

「毛穴パックは逆効果」という話も気になるところですが、これは毛穴の種類によります。

ピンセットで取れるような角栓毛穴にはおすすめですが、開き毛穴・たるみ毛穴には意味がありません。

「毛穴が開く」ということもありませんので、角栓詰まりが気になっているときには使ってもOKです。

ただし、無理やりはがしたり毎日使ったりなど、肌の負担となることは避けましょう。

まとめ

ドラッグストアで買える洗顔料は、手ごろな価格で続けやすいのがメリットです。

成分やテクスチャーをチェックして、お気に入りのアイテムを見つけてください。

丁寧な毛穴ケアを継続して、つるつる素肌をキープしていきましょう。