0

毛穴の汚れを落として美肌に!おすすめの洗顔料5選・選び方も解説

毛穴の汚れが気になる方におすすめの洗顔を紹介

洗顔をしている女性

毛穴汚れには洗浄力が強い洗顔?それとも保湿力?

と、結局どの洗顔料を選べばいいのか迷ってしまいます。

つるんとした滑らか肌に近づくためには、自分の肌タイプにあった洗顔料を選ぶことが大切です。

そこでこの記事では、以下の内容を詳しく解説します。

  • 毛穴タイプ別洗顔料の選び方
  • おすすめ洗顔料5選の紹介
  • 正しい洗顔と毛穴ケアのコツ

毛穴汚れをスッキリさせて、メイクにもすっぴんにも自信を持てる肌を作りましょう。

自分の毛穴タイプで洗顔料を選ぼう

スキンケアをしている女性

肌トラブルは根本的な原因にアプローチしなければ、正しいケアとは言えません。

毛穴タイプ別の原因をチェックして、さらに原因にアプローチできる成分を知っておきましょう。

毛穴タイプを知る

まずは、大きく3つに分けられる毛穴汚れのタイプからチェックします。

①黒ずみ毛穴
  • 特徴:ザラつきがあって、黒ずんでいる
  • 原因:毛穴に詰まった汚れが表面で酸化

黒ずみ毛穴の原因である「汚れ」とは、メイクや皮脂、角質などのことです。

洗顔でしっかりと落とし切ることで、ケアしていくことができます。

②メラニン毛穴
  • 特徴:ザラつきはなく、黒ずんでいる
  • 原因:日焼けなどで作られたメラニン色素が目立っている

メラニン毛穴の場合、肌は紫外線ダメージを受けてボロボロな状態です。

うるおいや低刺激性を意識して、正常なターンオーバーをめざしましょう。

③たるみ毛穴
  • 特徴:毛穴が楕円形に開いているように見える
  • 原因:加齢や乾燥ダメージで肌内部の弾力成分が減少

加齢にともなって楕円形に毛穴が開いてきたタイプが、「たるみ毛穴」です。

肌の弾力をアップするような、たっぷりうるおう保湿ケアが重要です。

生まれつき毛穴が開いているタイプであれば、遺伝的な原因が大きく「開き毛穴」と呼ばれます。

もともと皮脂の分泌量が多いため、毛穴詰まりを起こしています。

成分で選ぶ

毛穴汚れにおすすめの成分はいくつかありますが、先ほどのタイプ別に選ぶことが正しいケアへとつながります。

①クレイ・泥

黒ずみ毛穴タイプや、皮脂量が多く肌がべたつきがちな方におすすめです。

クレイや泥の「汚れが好物」という特徴を活かして、洗顔時には上手に汚れだけに吸着してくれます。

②酵素配合

たるみ毛穴タイプや、メラニン毛穴、エイジングケアが気になっている方におすすめです。

毛穴に詰まった角栓・角質を分解しながら落とし、加齢で遅れてくるターンオーバーにもアプローチしてくれます。

③AHA配合

オイリー肌のたるみ毛穴(開き毛穴)や、ニキビ肌におすすめです。

肌をなめらかにしつつ、毛穴のふさがりをケアすることによって、その後のスキンケアでの保湿もパワーアップします。

毛穴の汚れに効果のある洗顔おすすめ5選

それでは、編集部で厳選した毛穴汚れにおすすめの洗顔料を5つ紹介します。

どのタイプに合っているかもチェックできるので、ぜひ試してみてください。

①ビーグレン クレイウォッシュ

ビーグレンクレイウォッシュ

内容量:150g
価格:4,212円

<特徴>

  • 医学誌掲載のドクターズコスメ
  • 天然クレイを配合
  • 黒ずみ毛穴におすすめ

医学誌に掲載され、美容雑誌やインスタでも注目を集めている米国のドクターズコスメです。

泡立てずに使う天然クレイが、毛穴の皮脂・メイク・角質など余計なものだけを吸い付くようにオフします。

毛穴の1/2000という大きさで肌表面を傷つけることなく入り込み、なめらかでツヤのある素肌にしてくれる洗顔料です。

毛穴レス肌をめざせるビーグレンの「毛穴ケアプログラム」は、公式サイトから1,890円でお試しできます。

⇒公式サイトはこちら

②どろあわわ

どろあわわ

内容量:110g
価格:2,480円(通常)/1,480円(初回)

<特徴>

  • 人気商品のリニューアルアイテム
  • 3種類の泥を配合
  • たるみ毛穴・黒ずみ毛穴におすすめ

人気美容雑誌VoCEにて、2018年8月洗顔料部門月間ランキング1位を獲得した話題のリニューアルアイテムです。

3種類の泥を配合したことで、汚れやくすみ、あらゆる方向から毛穴をケアしてくれるのが特徴的。

コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分がうるおいを与え、たるんだ肌にハリを与えます。

もっちり泡の弾力もUPして、お米&発酵成分がプラスされ分厚くゴワゴワの年齢肌を、今まで以上にやさしくほぐす洗顔料です。

⇒公式サイトはこちら

③スノーパウダーウォッシュ

スノーパウダーウォッシュ

内容量:10日間分
価格:700円

<特徴>

  • モンドセレクション金賞受賞洗顔料
  • 天然由来の酵素を配合
  • メラニン毛穴におすすめ

モンドセレクション金賞を6年連続受賞した酵素配合の洗顔料です。

天然由来の生きた酵素を使い、毛穴に詰まった汚れと肌表面のくすみをしっかりと分解してくれます。

キメの細かい濃密泡が素肌を包み込み、6種類の美容成分が洗いながらうるおいも与え、つるんとした素肌に導きます。

無添加・天然成分にこだわっている点も評価できる最高スペックの酵素洗顔を、まずは700円でお試しください。

⇒公式サイトはこちら

④ファンケル アクネケア 洗顔クリーム

ファンケルアクネケア洗顔料

内容量:90g
価格:1,512円

<特徴>

  • 皮膚科医との共同開発アイテム
  • プルーン酵素エキスを配合
  • 黒ずみ毛穴・オイリー肌におすす

ファンケルが皮膚科医と共同開発したアクネケアラインの洗顔料です。

古く硬くなった角栓もプルーン酵素エキスが溶かしてくれるので、これまで諦めていた詰まりにもアプローチができます。

クリーミィな泡がそのまま出てくるタイプで使いやすく、肌にもやさしく馴染みます。

洗顔料10回分もセットになっている公式サイトの「化粧液&ジェル乳液のお試しキット」が、1ヶ月分1,000円とお得な内容です。

⇒公式サイトはこちら

⑤クレンジングリサーチ ウォッシュクレンジングb

AHAクレンジングリサーチb

内容量:120g
価格:1,000円

<特徴>

  • ロングセラーのプチプラ商品
  • AHA成分を配合
  • 黒ずみ毛穴・敏感肌におすすめ

プチプラで手軽ながらもロングセラーの人気洗顔料クレンジングリサーチは、いまや世界各国で愛用されています。

豊富なラインナップですが、毛穴の汚れケアにおすすめは「ウォッシュクレンジングb」です。

クレンジング・洗顔・化粧水までがオールインワンになり、100%植物性の洗浄成分がやさしく洗い上げます。

低刺激なノースクラブタイプで、AHA成分&セラミドがもっちりと澄み渡るような素肌にしてくれる洗顔が叶います。

⇒販売サイトはこちら

洗顔のしすぎに注意!

スキンケアをしている女性

とくに「開き毛穴」や「たるみ毛穴」が注意すべき点が、洗いすぎによる乾燥です。

正しい洗顔ケア方法

<洗顔しすぎを予防するための心がけ>

  • 洗顔は1日2回まで(朝晩)
  • 朝は洗顔料を使わない
  • 洗顔ではこすらない
  • 1分以内に洗顔を終わらせる

べたつきやすい肌質の方は、余分な皮脂を落そうとついつい一生懸命に洗ってしまいます。

しかし、肌には必要な油分もあるのです。

水分と油分のバランスを崩した肌は、乾燥をひきおこします。

そして乾燥状態の肌は、なんとか乾燥をカバーしようと過剰に皮脂が分泌されはじめます。

また、そもそも洗顔もクレンジングも、摩擦による刺激が大きな負担になる行為です。

トラブルが起きてからでは、いくら急いで保湿をしてもすぐに元の状態には戻りません。

まずは洗顔をしすぎないことでトラブルを回避できる環境を保ちましょう。

ニキビ肌・オイリー肌の場合でも、朝には洗顔料を使わないぬるま湯洗顔で十分です。

乾燥肌の場合には、夜のみ洗顔し、朝は軽くホコリなどを落とす程度のイメージでおこないましょう。

朝洗顔をする場合のポイント

朝、寝起きの肌はメイクもしていないので、本来洗顔料を使うほどの汚れはついていません。

それでもべたつきが気になったり、気分的に嫌だったりと、やはり朝洗顔ははずせないという方もいるでしょう。

朝に洗顔する場合のポイントは、以下のとおり。

手を洗う

せっかく朝洗顔をしても、手が汚れている状態では本末転倒。

かえって肌に汚れをつけていくようなものです。

忙しい朝でもちゃんと手を洗ってから、洗顔をおこないましょう。

肌のコンディションを見ながら変える

そもそも朝に洗顔をしない、というのは「肌への負担を減らすため」です。

肌質はそれぞれ細かく違いますので、朝洗顔したほうが調子がいいことも、もちろんあります。

では、「肌の調子」とはどのようにしてチェックするのでしょうか?

<肌の調子が悪いときの状態>

  • メイクノリが悪い
  • つっぱりやかさつきがある
  • 化粧水がヒリヒリする
  • 肌が臭っている
  • ニキビ・吹き出物がある

「調子が悪いな」と感じたら、まず見直すべきはもっとも肌負担の大きいクレンジング・洗顔です。

季節や体調によって微妙に変化する自分の肌質サインを見逃さずに、そのときどき適切なケアをしていきましょう。

また、洗顔後の保湿も重要な毛穴ケアです。

次の項目で解説しますので、チェックしてください。

洗顔後の肌には保湿を!

スキンケアする女性

洗顔後の肌は、必要な皮脂も失い、さらに急速に乾燥しはじめます。

こちらの項目では、毛穴ケアのための保湿ポイントを分けて解説します。

化粧水でうるおいを与え、乳液でうるおいを留める

どれだけ良い成分の化粧水でも、ほとんどの割合が蒸発していきます。

しかし化粧水は肌に入り込むのが得意なので、しっかりと内側まで浸透することは可能。

乳液やクリームは「肌にふたをする役割」と表現されますが、浸透したうるおいを肌に留めるために必要なのです。

シンプルケアであっても、化粧水+乳液・クリームは両方使ってください。

Tゾーンには多めに保湿ケアをしよう

先ほども触れましたが、べたつきの原因は乾燥であることがほとんどです。

肌がべたつくと、つい「さっぱりタイプ」の保湿がしたくなりますが、「しっとりタイプ」でしっかり保湿してください。

べたついている部分の保湿が不足すると、さらにべたつき、毛穴は広がりやすくなります。

各ブランドの推奨する使い方に従おう

「コットンは使ったほうがいいのかどうか」「美容液はどのタイミングなのか」など、使い方に関する疑問は多くあります。

基本的には、どのような使い方の疑問であっても、各ブランドの推奨に従いましょう。

使う量はもちろんのこと、最近ではコットンの使用などは避けるのがベターという意見に振り回されないこと。

選んだブランドが「コットン使用」をすすめているなら、ハンドプレスではムラになることがあります。

用法用量は、きちんと理屈があってのことですので、素人判断でオリジナルな使い方をしないようにしてください。

まとめ

毛穴の汚れが目立っていると、メイクをしても乗りません。

基本である洗顔を見直すことで、その後に続くスキンケアのパフォーマンスも変わっていきます。