0

低刺激なボディソープ紹介5選|プラスαのボディケア方法もご紹介

最終更新日:2019年2月12日

肌が弱いから低刺激なボディソープが欲しいんだけど、どれがおすすめなの?

敏感・乾燥肌の女性、たくさんいると思います。

当記事では

を中心に解説しています。

ボディケアをしっかりとして楽しい毎日を送りましょう。

敏感肌とは?

スキンケアをしている女性

敏感肌とはどのような肌特徴があるのでしょうか。

女性の敏感肌の特徴

人間の皮膚には外界からの異物の侵入・攻撃・刺激から体を守りながら、体内の水分が蒸散するのを防ぐというバリアの役割があり、この役割を担っているのが表皮の一番外側で外界と接している角層という部分です。

角層の細胞同士の間に隙間ができ、刺激が入り込みやすくなることで水分が蒸散しやすい状態になり、外部刺激に過敏に反応してしまう状態の肌を敏感肌と言います。

肌が生まれ変わり、新しい角層をつくりだすサイクルであるターンオーバーが乱れ、角層内の保湿成分が不足しているのが特徴です。

敏感肌の原因

敏感肌になる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

肌の乾燥

健やかな肌の場合、角層の理想的な水分量は約20%ですが、角層は肌の一番外側に位置しているので、外部環境の影響を一番受けやすく、湿度が高ければ肌の水分量は増し、外気が乾燥すれば水分量も減少します。

一般的に角層の水分量が10%を下回ると肌がカサカサになって潤いがなくなり、バリア機能が低下することが敏感肌の原因となります。

生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れは肌のターンオーバーの乱れにつながり、敏感肌になる可能性があります。

  • 十分な睡眠が取れていない
  • 過度なストレス
  • 運動不足

肌は日中に受けたダメージを睡眠中に分泌される成長ホルモンにより修復するのですが、睡眠が不十分、もしくは入眠する時間が不規則だと成長ホルモンが十分に分泌されず、ダメージが蓄積し、敏感肌の原因となります。

また過度なストレスや運動不足は血液循環を悪化させ、肌に充分な栄養を届けることができないので、適度な運動などが大切です。

ボディソープが合っていない

一般的にボディーソープよりも石鹸の方が肌に優しいと言われていますが、石鹸はアルカリ性であるため、洗い終わったあとは、肌がアルカリ性に傾くので弱酸性に肌が戻そうとするのですが、敏感肌の方はこの機能が十分に働きません。

敏感肌の場合は肌がアルカリ性になると肌のバリア機能の働きが鈍くなり、刺激によわくなるので、自分に合ったものを選びましょう。

敏感肌ケア用低刺激ボディソープの選び方

たくさんのボディソープ

敏感肌をケアするための低刺激なボディーソープの選び方のポイントについてお伝えします。

無添加のボディソープ を選ぶ

敏感肌の場合、余計な成分が配合されていないアイテムを選ぶことをおすすめします。

  • 香料が配合されていない
  • 着色料が配合されていない
  • 防腐剤が配合されていない
  • 界面活性剤が配合されていない
  • アルコールが配合されていない

香料や着色料は商品を使い心地をよくするために配合しているもので、本来の目的である体を清潔にするということには必要のない成分のため、配合されていないものを選ぶ方が肌の負担は少ないでしょう。

また防腐剤・アルコールなどは商品の状態を保つために配合しており、界面活性剤は洗浄力が高いので、肌に負担となります。

保湿成分配合のボディソープ を選ぶ

敏感肌の方は肌が乾燥し、水分保持力が低下していることから、保湿成分が配合されたボディーソープを選ぶことをおすすめします。

  • グリコシルトレハロース
    …高い水分保持力を持つ。
  • ヒアルロン酸
    …肌の表面を覆い、保護・保湿をする。

これら2つの成分は水分保持力に長けており、特にヒアルロン酸は1gで約6ℓの水分を保持できることから、肌の乾燥を防いでくれる効果が期待できるため、敏感肌の方にとってはおすすめの成分です。

殺菌成分配合のボディソープを選ぶ

敏感肌の場合、アクネ菌など肌トラブルを引き起こす菌が活発に働く可能性があるため、殺菌成分配合のものもおすすめです。

  • イソプロメチルフェノール
    …強力な殺菌作用、低刺激、高い安全性を持つ。
  • グリチルリチン酸ジカリウム
    …漢方から抽出される成分。高い殺菌作用と抗炎症作用を持つ。

上記2つの成分はどちらも厚生労働省にその有効性が認められている成分なので、効果があるばかりでなく安全と言えます。

イソプロメチルフェノールは低刺激、グリチルリチン酸ジカリウムは抗炎症作用があるなどそれぞれ特徴があります。

おすすめの低刺激ボディソープ5選

* 一行程度記入してください。

デオシーク ボディーソープ

価格:4,980円
内容量:300ml

<特徴>

洗い上がりのしっとり感に92.6%が満足したこちらのボディーソープは薬用有効成分である殺菌成分が2種類配合しており、さらに2種類の保湿成分を配合しているので敏感肌の方におすすめです。

こちらのボディーソープは公式通販サイトで定期コースにて購入すると定価の50%OFFの2,480円(税抜)で購入することができ、初回はさらに送料無料で消臭スプレーのプレゼントも付き、4回目以降はさらにお得になるので継続して使用したい方におすすめです。

⇒公式サイトはこちら

クリアネオ パール

クリアネオ パール

価格:3,480円(税抜)
内容量:300ml

<特徴>

9種類の植物性保湿成分に加えヒアルロン酸・コラーゲン・プラセンタ・5種類のセラミドなどの女性が好み保湿成分を独自配合することで、アウトバスケアが不要なほどの潤いを実感できるので、敏感肌の方にもおすすめです。

こちらのボディーソープは公式通販サイトで定期便で購入すると通常価格3,480円(税込)のところ2,980円(税込)で購入することができますが、2本の定期便にするとさらに送料も無料になるので、大変お得に購入することができます。

⇒公式サイトはこちら

アジカ グランテック

アジカ グランテック ボディケアソープ

価格:3,980円(税込)
内容量:300ml

<特徴>

650種類もの菌を殺菌する力を持ちながら、食品添加物として認可されているほど毒性が低く、体に無害な成分です。

さらに水分保持力は従来品の約6倍に改良され、肌にしっかり潤いをキープしてくれるので敏感肌の方におすすめです。

こちらのボディーソープは公式通販サイトで毎月1本お届け定期コースで購入すると通常価格3,980円(税込)のところ毎回1,000円オフの2,980円(税込)で購入することができ、初回にかぎっては980円(税込)で購入できるので気軽に試すことができます。

⇒公式サイトはこちら

薬用ユースキンS ボディシャンプー

薬用ユースキンS ボディシャンプー

内容量:500g
価格:1,800円(税抜)

<特徴>

こちらのユースキンSボディシャンプーはうるおい成分として植物性のしその葉エキスを配合しているため、刺激に弱い乾燥しがちな肌の方に向けたアイテムです。

殺菌成分としてグリチルリチン酸ジカリウムを配合しているので薬用となっており、さらに抗炎症作用もあるので、今起きている肌トラブルにもアプローチしてくれます。

⇒販売サイトはこちら

BOTANIST ボタニカル ボディーソープ モイスト ローズ&ホワイトピーチ

BOTANIST ボタニカル ボディーソープ モイスト ローズ&ホワイトピーチ

内容量:490ml
価格:1,080円(税込)

<特徴>

植物由来成分を90%以上配合しているこちらのボディーソープは洗浄力が強いと言われる硫酸系洗浄成分は使わず、天然由来成分だけで不要な汚れをしっかり洗い落とし、肌の潤いを保ってくれます。

さらにキメの細かいクリーミーな泡が角層までしっかり入り込み、汚れを浮き上がらせますが保湿成分も角層まで届くため、洗い上がりはしっとりしているため、敏感肌の方におすすめです。

⇒販売サイトはこちら

正しい体の洗い方

敏感肌におすすめのボディーソープを使っていても洗い方を間違えていると肌を傷つけるかもしれません。

  • まずはかけ湯をして体の汚れを洗い流す
  • スポンジやタオルで軽く泡立ててから体を洗う
  • ぬるま湯で洗い流す

体を洗う前にかけ湯をすることで汚れが浮き、優しい力でも汚れを落としやすくします。

体の上で泡立てるのではなく、洗い始める前に泡立てることでマサツによる肌への負担を減らすことができ、洗い流すときをぬるま湯にすることで体に必要な皮脂は皮膚上に残すことができるので、気を付けましょう。

プラスαのボディケア

身体 スキンケア

ボディーソープに気を付ける以外にプラスαでできるケアについてお伝えします。

ボディクリームを使用する

お風呂上がりの皮膚が柔らかい状態のときに塗るのがおすすめです。

肌は体を拭いた瞬間から乾き始めるので、お風呂上がりに残った水分をそのまま取り込んで保湿してしまうのが一番おすすめです。

食生活を整える

人間の体は食べたものからできているため、健やかな肌にするために食生活を見直してみましょう。

  • コラーゲン
    …体の骨組みになり、細胞にハリを持たせる
    主な食材(手羽先、サケ水煮缶詰、サバ水煮缶詰)
  • イソフラボン
    …コラーゲンの生成を助ける
    主な食材(豆乳、豆腐、納豆)
  • ヒアルロン酸
    …細胞の中の水分保持を助ける
    主な食材(長芋、オクラ、モズク)
  • ビタミンA
    …粘膜を保護して皮膚、髪を丈夫にする
    主な食材(牛乳、ヨーグルト、卵、チーズ)
  • ビタミンB6
    …細胞の代謝を助け、肌荒れを防ぐ
    主な食材(マグロ、豚もも肉、アジ)
  • ビタミンC
    …コラーゲンの生成を助ける
    主な食材(ブロッコリー、カリフラワー、菜の花、オレンジ、キウイ)

表皮を構成している栄養素を含んでいる食べ物だけでなく、肌に必要な成分の生成を助けてくれる成分も一緒に摂取することで相乗効果が期待できます。

しかし、上記に提示した栄養だけを摂っていると食事のバランスが悪くなるため、全体的なバランスを見ながら摂取しましょう。

生活習慣を整える

生活リズムが不規則な方はそれだけで、肌の負担になることがあるので、生活習慣を見直してみましょう。

  • 熱いお風呂に長時間浸からない
  • 夜12時前には寝る
  • 過剰な洗顔や使う化粧品に気を使う
  • 乾燥予防の栄養成分を取る
  • 適度に運動をする

熱いお湯は皮膚にとって必要な皮脂まで落としてしまうので、乾燥の原因になりますし、過剰に洗顔するのも皮膚に必要な皮脂を落としてしまうことになるので要注意なので、その後に使う化粧品はしっかり保湿してくれるものを選びましょう。

夜12時前に眠ることで肌を修復してくれる成長ホルモンの分泌が盛んになるので、肌トラブルを予防することができます。

また乾燥予防になる栄養成分を積極的に取り入れ、適度に運動をすることでストレスを溜め込まず、血液循環が良い環境をつくることで、栄養を肌にまで届けてくれるようになります。

まとめ

今回は敏感肌の方におすすめのボディーソープを5種類紹介しました。

なぜ肌が敏感になるのか、原因を把握することで、適切な対策を取ることができるので、食生活・生活習慣から見直してみましょう。

ボディーソープを正しく使うことで、肌に与えるダメージを軽減できるので、正しい使い方を覚えることをおすすめします。

▼おすすめ関連記事▼

お気に入りに追加しました!

お気に入りに登録するとログインなしで
商品や記事をいつでも見ることができます。


⇒お気に入り一覧をみる