0

エステでコラーゲン増加が期待できる?おすすめのエステ4選!

コラーゲンマシンのエステって?

きれいな女性

「ネットで話題になっているコラーゲンマシンが気になる」
「コラーゲンマシンで得られる期待効果ってなんだろう」
「コラーゲンマシンを置いているエステサロンが知りたい!」

このように、コラーゲンマシンに関心を持つ人は年々増えています。

コラーゲンマシンは、高出力の光(ピンク色の可視光線)を肌に照射することで美肌効果が期待できるもの。

ここまでは一般的なフォトフェイシャルに似たエステマシンといえますが、コラーゲンマシンには全身に光が照射できるタイプのものもあり、頭から足先までお手入れできると話題になっています。

フォトフェイシャルにくらべて普及率は及びませんが、数年前から話題を呼んでいるだけあって興味を持つ人が多いのも無理はありません。

そこで今回は、

  • コラーゲンマシンのエステをおすすめしたい方
  • エステの選び方
  • コラーゲンの生成を促して美肌が目指せるエステ

などについて詳しくご紹介します。

コラーゲンマシンのエステをおすすめしたい方

冒頭では「コラーゲンマシンで美肌効果が期待できる」とざっくり紹介しましたが、具体的にどのような美肌効果が期待できるか気になっている人もいるのではないでしょうか。

そもそも、コラーゲンとは私たちの肌の奥(真皮)にあるたんぱく質の一種。

肌のハリを支えるバネのような存在であり、美肌に欠かせません。

そしてコラーゲンマシンは、約600〜700nmの波長で肌の真皮に働きかけ、コラーゲンの生成を促すことでハリや弾力のある肌を目指すことができるのです。

では、コラーゲンマシンはどのような人を中心におすすめできるマシンなのでしょうか。

加齢とともに肌のたるみが気になりはじめた方

コラーゲンは肌のハリや弾力アップに欠かせないたんぱく質ですが、加齢とともに肌で作り出される量が減っていきます。

若い頃はハリがあったのに肌がたるむ、フェイスラインがゆるむ、ブルドッグのような顔になる…これは体内のコラーゲン量が減少しているサインです。

しかし、コラーゲンは毎日のスキンケアで増やすことができません。

だからこそ、加齢とともに肌のたるみが気になる方にコラーゲンマシンをおすすめします。

顔だけではなく全身のお手入れを希望する方

コラーゲンマシンの多くは、全身に光を照射できるタイプになっています。

フォトフェイシャルは顔やデコルテにしか光を照射することができないので、顔はもちろん体や髪もお手入れしたいという人にコラーゲンマシンをおすすめします。

たとえば、ハリのあるヒップを目指したい、また全身のざらつきをなくしたい、髪がパサパサする…といったトラブルを抱えている人はぴったりです。

エステの選び方

脱毛サロン

肌のハリに欠かせないコラーゲンは、スキンケアで増やすことができません。

コラーゲンを増やしてハリ・ツヤのある肌を目指すなら、エステサロンでの施術をおすすめします。

ここでは、エステサロン選びに迷ってしまう人のためにサロン選びのコツについてまとめましたのでご紹介します。

実績のあるエステサロンを選ぶ

話題を集めているコラーゲンマシンですが、爆発的にヒットしているわけではなく、コラーゲンマシンを扱うエステサロンはごくわずかです。

傾向として、大手のエステサロンよりも小規模で運営しているエステサロンが中心であることも特徴といえます。

歴史が浅いからこそ、コラーゲンマシンとして少しでも実績を積んでいるエステサロンを選びたいものです。

ラジオ波やフォトフェイシャルを選んでもOK

顔だけではなく頭から足先まで全身のお手入れができるコラーゲンマシンも魅力ですが、別のアプローチでコラーゲンの生成を促す方法もあります。

それが、ラジオ波(RF波)やフォトフェイシャルなどです。

フォトフェイシャルの場合、コラーゲンマシンにように全身広範囲に照射するわけではありませんが、1つの部位ごとに丁寧に照射することで肌のハリやツヤ感アップがさらに期待できます。

また、ラジオ波は真皮にアプローチするだけではなく、表情筋を鍛えることができるすぐれもの。

単にコラーゲンを増やすだけではなく、筋力アップでたるんだフェイスラインを引き締めます。

大手エステサロンでは、ラジオ波やフォトフェイシャルを取り入れているところがほとんどです。

コラーゲンの生成を促すといってもアプローチ方法は異なるので、まずはそれぞれ体験コースを受けてから比較してみるのもよいでしょう。

機械まかせではないエステサロンを選ぶ

コラーゲンの生成を促すためには、ハンドによるお手入れではなく機械(マシン)を使ったお手入れが必要不可欠です。

しかし、機械まかせの施術ではなくハンドによるクレンジングやトリートメントを丁寧におこなってくれるエステサロンを選ぶと良いでしょう。

機械まかせのエステサロンは、エステティシャン個人の技術力が高くなくても運営できます。

しかし、エステティシャンの技術に力を入れているエステサロンは、機械まかせの施術をおこないません。

実際に施術を体験してみなければ技術力をチェックすることはできないため、まずは体験コースから申し込むことをおすすめします。

コラーゲンの生成を促して美肌が目指せるエステ4選

ここからは、コラーゲンの生成促進で美肌が目指せるエステをピックアップしてご紹介します。

なお、コラーゲンマシンを用意しているエステサロンが少ないため、今回はラジオ波やフォトフェイシャルなど別のアプローチでコラーゲンの生成を促すエステを紹介しています。

シーズラボ プロリフトRFコース

シーズラボ
価格:21,600円→5,400円

<特徴>

  • ラジオ波によりコラーゲンの生成を促すエステ
  • フェイスラインの引き締めや脂肪燃焼効果が期待できる
  • 通常21,600円の内容が5,400円で体験できる

「プロリフトRFコース」ラジオ波を使ったリフトアップのエステコースです。

真皮にアプローチすることでコラーゲンの生成を促すほか、脂肪細胞を分解燃焼する働きによりフェイスラインの引き締めに効果が期待できます。

また、仕上げはシー・ラボオリジナルの引き締めパックを施してくれるのもポイント。

肌を引き締めるのはもちろん、ビタミンCの働きで肌に透明感をもたらします。

公式サイトはこちら

ラ・パルレ コラーゲン美顔術

ラ・パルレ
価格:16,200円→3,000円

<特徴>

  • ラジオ波によりコラーゲンの生成を促すエステ
  • 高密度電流で表情筋のトレーニングにも
  • 通常16,200円の内容が3,000円で体験できる

「コラーゲン美顔術」は、ラジオ波と高密度電流の2つのアプローチでハリのある肌を目指すコースです。

コラーゲンの生成を促すラジオ波を施したあとは、筋繊維を強化する「エムキューブウェーブ(高密度電流)」で表情筋に働きかけ、顔全体のリフトアップを図ります。

施術では毛穴汚れを取り除くスチームをおこなうので、開き毛穴の改善にもおすすめです。

公式サイトはこちら

Vitule 最新機種プラン

Vitule
価格:10,000円→3,000円

<特徴>

  • 肌悩みに合わせて施術メニューを組み合わせる自由度の高い体験コース
  • フォトフェイシャル&ラジオ波でリフトアップを目指す
  • 通常10,000円の内容が3,000円で体験できる

「最新機種プラン」は、肌悩みに合わせて施術メニューをカスタマイズできる体験コースです。

コラーゲンの生成を促すラジオ波、そしてIPLフォトエステが用意されているほか、コラーゲンの生成をサポートするビタミンC導入や毛穴洗浄などお好みのメニューが体験できます。

公式サイトはこちら

フェイシャルラボ S.S.C.光フェイシャル


価格:14,860円→12,980円

<特徴>

  • フォトフェイシャルでコラーゲンの生成を促す体験コース
  • リフトアップはもちろんくすみ改善も期待できる
  • 通常21,000円以上するコースが5,000円で体験できる

「S.S.C.光フェイシャル」は、フォトフェイシャルでコラーゲンの生成を促し、ハリや透明感のある肌へ導くコースです。

また、照射することで顔の産毛が脱毛できる効果が期待できる点が特徴の一つ。

おでこや鼻下、あご周りや首など照射パーツが比較的広範囲なのもポイントです。

照射後はトリートメントパックを施してくれるため、スキンケア効果まで期待できます。

公式サイトはこちら

エステのメリット

スキンケアしてる女性

エステのメリットは、自己流のお手入れではアプローチできない範囲までお手入れできる点にあります。

たとえば、フォトフェイシャルやラジオ波を搭載した家庭用美顔器を使えば、自宅にいながらエステが受けられると思うかもしれません。

しかし、家庭用美顔器は安全性を考慮して製造されているため、出力が弱くエステサロンのマシンと同様の効果が期待できるわけではありません。

また、マシンと一般的なスキンケアを比べた場合、スキンケアでアプローチできるのは肌の角層のみで、コラーゲンを生成する真皮にはアプローチできません。

「同じお金を使うなら化粧品にお金をかければいい」「美顔器を買ったほうが安いしいつでもエステ気分が楽しめる」と思う人もいるかもしれませんが、エステサロンの施術に勝るものは美容皮膚科もしくは美容外科のみです。

エステサロンは、保険が適用しない美容皮膚科や美容外科よりも安値でお手入れできることから、メリットが多いといえるでしょう。

エステのデメリット

レーザー脱毛をしている女性

反面、エステにもデメリットは存在します。

一番もデメリットは金銭的な負担です。

体験では数千円で施術が受けられるものの、実際にコースを契約すればかなりの金額になることも。

もちろん、無理のない範囲で支払うことができるなら問題ありませんが、月々の支払いで生活が破綻してしまっては元も子もありません。

コースの総額、そして支払い方法をしっかり確認したうえで契約を結ぶようにしましょう。

ハリのある肌を保つには普段からの生活習慣が大切

美容液

エステサロンの施術でも短期間で手軽にハリ肌を手に入れることができますが、ハリ肌を維持するためには普段の生活習慣を意識することも大切です。

そこで、肌のハリを保つスキンケアや食生活のポイントについて解説します。

おすすめのスキンケア

スキンケアはコラーゲンの生成を促すことはできませんが、ハリのある肌をキープするためには保湿ケアが欠かせません。

肌が乾燥している状態だとバリア機能が低下し、紫外線などの外的ダメージによって活性酸素が増えます。

体内に活性酸素が増えると、線維芽細胞の働きを阻害してコラーゲンやエラスチンが生成されにくくなるのです。

ハリはもちろん、肌そのもののコンディションを維持するためには、保湿ケアで活性酸素の害から肌を守ることがポイントといえます。

また、スキンケアに加え表情筋を鍛えることもハリ肌に近づくポイントです。

マッサージで表情筋を鍛えることもできますが、肌に負担がかかるので慣れていない人にはお勧めできません。

実は、表情筋は口を大きく動かすだけでも刺激を与えることができ、リフトアップが期待できます。

大きな口を開け「た・ち・つ・て・と」と順番に口を動かしてみてください。

これだけでも表情筋トレーニングになり、ハリのある肌をキープすることができます。

肌のハリがアップする食事

コラーゲンは食事から摂取することもできます。

ただ、摂取したコラーゲンは体が必要とする場所に優先して運ばれるため、単にコラーゲンを摂取しても肌のハリがアップしないこともあります。

そこでおすすめしたいのが、コラーゲンとビタミンCを同時に摂取することです。

ビタミンCはコラーゲンの生成を促す働きがあるので、一緒に摂ることでさらなる美肌効果が期待できます。

さらに、ビタミンCには活性酸素の害から肌を守る抗酸化作用があるので、ハリの低下予防にもぴったりです。

コラーゲンを多く含む食べ物には、豚足や鳥の皮、手羽先などが挙げられます。

ただ、栄養バランスを考慮して料理するのが難しい!という場合には、サプリで補う方法もおすすめです。

まとめ

話題になっているコラーゲンマシンは、可視光線を照射することで肌のハリを支える真皮にアプローチするエステマシンです。

しかし、コラーゲンマシンは普及率が高くないため設置しているエステサロンが近くにない場合は、フォトフェイシャルやラジオ波によるお手入れを検討するのも良いでしょう。

そして、肌のハリをキープするためにはスキンケアや食生活の見直し、加えて表情筋トレーニングがおすすめです。

ハリのある若々しい肌を目指すためにも、エステサロンの施術をぜひ体験してみてくださいね。