0

20代におすすめのフェイシャルエステ5選!専門家が選び方を解説!

最終更新日:2018年11月26日
【この記事にアドバイスした専門家】

自宅でのセルフケアでは物足りない……。

ワンランク上のスキンケアを求めている20代の方は多いと思います。

今回は、そんな20代に向けて、

  • フェイシャルエステの選び方
  • 20代におすすめのフェイシャルエステ3選
  • フェイシャルエステのメリット・デメリット

の3つをメインにご紹介していきます。

早いうちからフェイシャルエステに通い、エイジングサインに負けない肌を作りませんか。

早速おすすめのフェイシャルエステを知りたい方は⇒「20代におすすめのフェイシャルエステ3選」をチェックして下さい。

専門家が教えるフェイシャルエステを選ぶコツ

自分にあったフェイシャルエステを選べるように日本エステティック協会 認定フェイシャルエステティシャン・ボディエステティシャンで現役エステサロンオーナーのもとがや真理子さんに選び方のコツをお伺いしました。

▼BiJO認定美容の専門家▼

   
もとがや 真理子

日本エステティック協会 認定フェイシャルエステティシャン・ボディエステティシャン/食生活アドバイザー/「マティエ・マリー」サロンオーナー

自分自身も50代になって、実感・体感・実現したことを...

フェイシャルエステの選び方は、大きく分けて3つのポイントがあります。

  • 肌悩みに合っているか
  • 初回体験があるか
  • 継続的に通えるか

20代では、初めてフェイシャルエステを受ける人がほとんどでしょう。

初めてでも不安にならないように、それぞれの選び方のポイントについて詳しく知っておきましょう。

肌の悩みから選ぶ

まずは肌のどんな部分が気になっているのか明確にしましょう。

エステサロン選びの大前提として、自分の悩みにあった施述のあるサロンを選ぶ必要があります。

フェイシャルエステの主なコース

・シミ、美白コース

・ニキビ対策コース

・リフトアップコース

・毛穴ケアコース

事前に公式サイトや電話などで調べて、自分に合った施術メニューがあるフェイシャルエステを選びましょう。

長期的に肌の悩みを解決できるように、外面的なケアだけでなく食生活や生活習慣の改善も必要なため、生活習慣全般のサポートをしてくれるサロンを選ぶ必要があります。

初回体験があるか

店舗の雰囲気やスタッフの対応などはやはり一度うけてみないとわからないものなので、サロン選びに慎重になりたい方は体験があるサロンがおすすめです。

初回体験で施術にかかる費用や期間などもおおよそ確認できるので、それを聞いてから通うかどうかを選ぶことも可能になります。

20代ならまだこの先同じサロンに通い続ける可能性が高いので、事前の調査はしっかりと行っておきましょう。

継続的に通えるか

肌の悩みをケアするためには一度きりではなく、継続的にサロンに通う必要があります。

そのためほとんどのエステサロンでは「コース契約」や「回数券」の制度を設けており、継続して通うことが前提となっています。

費用面でももちろん継続的に通えるかどうかにおいて重要なポイントになりますが、仕事をしている方にとっては家からの通いやすさや営業時間なども重要なポイントとなるので、事前に確認するようにしましょう。

20代におすすめのフェイシャルエステ5選

フェイシャルエステの選び方をマスターしたところで、20代におすすめのフェイシャルエステを5つ紹介します。

毛穴の悩みが濃くなってくる20代には、毛穴の黒ずみや詰まりをケアするコースが人気です。

TBC 毛穴ケアフェイシャル

tbc

コース名:毛穴ケアフェイシャル体験コース
体験価格:5,000円

<特徴>

  • 65分のスピーディーな毛穴ケア
  • ハンド技術と美容機器のダブルケア
  • 毛穴の悩みに合わせたケアが選べる

毛穴ケアフェイシャル体験コースは、毛穴の悩みに特化したコースです。

毛穴の汚れや詰まり、黒ずみや開きなどの悩みから自分に合った施術メニューが選べます。

20代でとても目立ちはじめる毛穴ですが、プロの手で毛穴をケアしてもらうことで、翌日の化粧のりが良くなると好評のコースです。

⇒公式サイトはこちら

⇒口コミ一覧はこちら

ラ・パルレ

ラ・パルレ

コース名:ニキビ内外コース
体験価格:1,000円

<特徴>

  • 超音波+イオン導入でビタミンCを肌に届ける
  • 食生活や睡眠など身体の内側でのニキビケアが行える
  • 正しいニキビケアの方法を教えてくれる

ラ・パルレのニキビ内外コースではイオン導入や音波振動での角質除去だけでなく、食生活や睡眠不足など生活習慣の改善のアドバイスをもらえることが特徴です。

多くの方が間違ったニキビケアを行なっているので、担当のスタッフがその人にあわせたニキビケア方法を教えてくれます。

⇒公式サイトはこちら

シーズラボ

シーズラボ

コース名:プロリフトRFコース
体験価格:5,000円(税抜)

<特徴>

  • しわやたるみにアプローチするプロリフトRFという機器を世界初導入
  • フルーツ酸とダブルビタミンC配合製品でW洗顔
  • ドクターシーラボの展開するエステサロン

ドクターシーラボグループが展開しているシーズラボは20年間で10万の症例をもつ実績のあるエステサロンです。

しわやたるみをケアするプロリフRFを世界初導入しており、痛みや肌への負担はなく、即効性と持続性を実感できるコースとなっています。

⇒公式サイトはこちら

エルセーヌ

エルセーヌ

コース名:光フェイシャル 浄化・極みコース
価格:1,000円

<特徴>

  • お試し1,000円で全額返金保証付き
  • イオンパックで血行改善
  • 光フェイシャルが細胞を活性化させる

光フェイシャル 浄化・極みコースは、肌の悩みに合わせて浄化か極みのどちらかのコースを選べます。

光の効果で肌が引き締まり、たっぷりと栄養が行き渡ります。

食事や生活習慣の改善指導が受けられるのもうれしいポイント。

20代のうちから正しい食事・生活習慣を知っておくことで将来の美肌につながります。

Vitule フェイシャルコース

コース名:Vitule フェイシャルコース
価格:3,000円

<特徴>

  • コースの種類が豊富
  • 小顔満足度95%の実績
  • クオリティーの高いスタッフ

Vitule フェイシャルコースは、コースの種類の豊富さが特徴です。

肌の悩みに合わせて自由に組み合わせて施術体験ができます。

小顔満足度も高く、キュッと引き締まったフェイスラインが叶えられると好評です。

最新のマシーンをクオリティーの高いスタッフによって体験することができます。

予約が取りやすく60分か90分のスピード施術というところも20代にぴったりのフェイシャルエステです。

⇒公式サイトはこちら

フェイシャルエステをおすすめしたい方

美白クリーム

ここでは、フェイシャルエステをおすすめしたい方やデメリット、メリットについて解説をしていきます。

おすすめしたい方とは?

20代でフェイシャルエステをおすすめしたい人は、大きく分けて2通りです。

  • 合う化粧品が見つからない人
  • 自分へのご褒美でリラックスしたい人

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

①合う化粧品が見つからない人

日頃使っているスキンケアが物足りないと感じる人はいませんか?

毎日のスキンケアで使う化粧品には合性があります。

そして多くの人は、自分の肌にぴったりと合う化粧品が見つけられずにいます。

合わない化粧品を使い続けることで、肌のコンディションはどんどん悪化します。

それを防ぐためにも、20代の早いうちから自分に合った肌のケアをしておくことは大切なことです。

フェイシャルエステでは施術前にカウンセリングをしてくれるので、自分の肌にぴったりのフェイシャルエステが受けられます。

また、そのカウンセリングで自分の肌悩みが分かるので、その後自分に合った化粧品を探すのが楽になります。

合う化粧品が見つからずに悩んでいる方は、丁寧なカウンセリングが受けられるフェイシャルエステを試してみましょう。

②自分へのご褒美でリラックスしたい人

20代の肌はまだまだ美しいものなので、肌がどうしてもフェイシャルエステを必要とすることはあまりありません。

しかし、心身共にリラックスして極上の体験をしてみたい人は多いでしょう。

そんな方にはフェイシャルエステをおすすめします。

忙しい日々に追われる20代には、リラックスできる時間が大切です。

自分へのご褒美としてフェイシャルエステをしてみることは、良いストレス解消法になります。

また、若いうちからお肌を正しくケアしていくことで、将来ダメージを受けにくい肌へとつながります。

未来への投資としてフェイシャルエステを考えてみるのも良い方法です。

フェイシャルエステのデメリット

お金

フェイシャルエステにはメリットがたくさんありますが、デメリットもあります。

フェイシャルエステのデメリットには以下のようなものがあります。

  • 費用がかかる
  • 継続的なメンテナンスが必要
  • 妊娠中や生理中は施術できない

フェイシャルエステの費用は、1回1万5,000円程度が目安です。

特に20代ではフェイシャルエステにこれから先通い続けることを考えると、負担になることもあります。

しかし最新の機器を使えることや、クオリティーの高いエステティシャンからの施術を受けられることを考えると、妥当な値段だといえます。

そして効果を継続していくためには定期的にフェイシャルエステに通う必要があります。

また、妊娠中や生理中は施術が受けられないことがあります。

妊娠中や生理中は、ホルモンバランスが崩れているため肌荒れを起こしやすくなっているからです。

そのほかの場合でも、デリケートな肌状態のときはカウンセリングで施術が受けられないと判断されることがあります。

せっかく予約をとっても肌荒れを起こしてしまうと施術ができないことがあるので注意してください。

フェイシャルエステのメリット

20代におすすめのフェイシャルエステをチェックしたあとは、フェイシャルエステのメリットについて知っておきましょう。

フェイシャルエステのメリットは大きく分けて3つあります。

  • 毛穴がクリアになる
  • 引き締まったフェイシャルラインをつくれる
  • 自分の肌コンディションが分かる

フェイシャルエステの最大の魅力は肌のコンディションがアップすることです。

毛穴に詰まった汚れを特別な機器やハンドケアでケアしてもらうことで、詰まって黒ずんで見える毛穴も目立ちにくくなります。

普段自分では取りきれない毛穴の汚れをケアできるのが一番のメリットといえるでしょう。

さらに顔のマッサージをしてもらうことで、リンパの流れが良くなり細胞が活性化されます。

そしてフェイスラインがキュッと引き締まるため、小顔になれるという効果にも期待できます。

フェイシャルエステは、美肌になりたい人だけでなく小顔を目指す人にも向いています。

また、フェイシャルエステに欠かせないのがカウンセリングです。

カウンセリングでは現在の肌の状態が分かるので、自分の肌を診断するように楽しみながら肌のコンディションを理解することができます。

肌の状態が分かると化粧品を選ぶときの参考にもなるので、フェイシャルエステで肌の状態を知ることは美肌への近道です。

フェイシャルエステのQ&A

20代の方であれば多くの方がエステが初めてというかたも多いはずです。

そこで20代の方が抱えるフェイシャルエステに関する質問にお答えしていきます。

また、一部の質問で美容の専門家として猪川さんにアドバイスをいただいたのでそちらも合わせてご紹介します。

▼BiJO認定美容の専門家▼

   
猪川 ゆみえ

日本フェイシャリスト協会認定講師/マスターフェイシャルスタイリスト/肌能力回復Facial Stylist Salon 統括マネージャー

学生時代に自身がニキビに悩まされたことを機に肌へのコンプレックスを初めて抱き...

Q.どれくらいの頻度で通う必要がある?

A.施術内容にもよりますが、おおよそ2週間〜1ヶ月に一度通うことが普通です。

施術の効果が継続している段階で次の施術を受けるイメージとなっています。

回数に関しても施術内容やエステサロンの方針によっても異なりますが、6~12回は最低でも施術を行います。

   
猪川 ゆみえ

日本フェイシャリスト協会認定講師/マスターフェイシャルスタイリスト/肌能力回復Facial Stylist Salon 統括マネージャー

学生時代に自身がニキビに悩まされたことを機に肌へのコンプレックスを初めて抱き...

フェイシャルエステは、通うサロンによりますが、基本的に最低でも月2回程度通うのが一般的です。気になる効果ですが、最低でも1ヶ月通えば効果は期待できるでしょう。

Q.どれくらい費用はかかるの?

A.一回の施術費用がおおよそ1万円~2万円が相場となっているので、6~12回通うとすると、6万円〜24万円となっています。

こちらの費用は施術のみとなっているので、化粧品やパックなどのセルフメンテナンスグッズを含めるとさらに費用がかかります。

費用が気になる方は体験を受けた際に予算を伝え、どのようなコースを受けられるのかを確認しておきましょう。

   
猪川 ゆみえ

日本フェイシャリスト協会認定講師/マスターフェイシャルスタイリスト/肌能力回復Facial Stylist Salon 統括マネージャー

学生時代に自身がニキビに悩まされたことを機に肌へのコンプレックスを初めて抱き...

サロンに通い始めたら、美容に関する正しい知識を学ぶことを心がけましょう。例え、月に2回のエステサロン通いを継続しても、セルフケアで、いつも通りのケアを行ってしまえば効果が出ない可能性があります。

正しい知識や考え方を学び、セルフケアで実践できる効果的なケア方法を身に付けることで、いずれサロンに通う必要がなくなるかもしれません。

サロンに通わなきゃ効果を維持できないという考え方を無くし、積極的に美容の知識を深めていきましょう。

私が所属するサロンでも、特に積極的に知識を深めることができるように取り組んでいます。

肌能力回復Facial Stylist Salonを見る

Q.20代でもフェイシャルエステに通う必要はある?

A.こちらも個人差によるところが大きいのですが、加齢とともに肌の保湿力が低下したり、毛穴の開きがもどりづらくなったりなど、肌トラブルは増えていきます。

10年後、20年後の肌の状態を考えると、なるべく早くエステサロンで施術を受けることは肌のことを考えると必要となってきます。

セルフリンパマッサージでデトックスを

人気化粧水

フェイシャルエステで肌が美しくなったと実感している人は、セルフリンパマッサージでデトックスをしています。

少しでも美肌効果をアップしたいなら、以下の方法を試してみてください。

小顔効果にも期待しながらリンパマッサージを実践し、愛され肌を目指しましょう。

<用意するもの>

  • マッサージオイルや精油
  • 普段使っている基礎化粧品

<基本のやり方>

  1. 親指以外の4本の指先を使う。
  2. 鎖骨の上を両方から中心に向かって流す。
  3. 外から内に向けて5回行う。

<小顔マッサージ>

  1. あごの下に親指を当てる。
  2. 耳の後ろに向かって指を滑らせる。
  3. 下から上に向けて5回行う。
  4. あごを親指と人差し指ではさむ。
  5. フェイスラインに沿ってずらしながら押す。
  6. あごから耳に向かって徐々に押していく。
  7. こぶしを作る。
  8. あごからこめかみに向かって5回流す。

少し強めに圧力をかけながら行うことがコツです。

お風呂上がりなどリラックスできるタイミングで行うと効果的。

最後には化粧水や乳液などで保湿ケアを忘れずに行いましょう。

是非自宅でできるセルフリンパマッサージを試して、小顔美人を目指してみてください。

まとめ

今回は、20代におすすめのフェイシャルエステについて解説しました。

フェイシャルエステに通いはじめる年齢は、早すぎることはありません。

若いうちだからこそこれからの美肌に磨きをかけることができるのです。

フェイシャルエステでたっぷりと肌に栄養を与え、毛穴レスなツヤ肌を目指しましょう。

※本文の内容によっては、時期等により公開時の情報とは異なる場合がございますのでご了承ください。

お気に入りに追加しました!

お気に入りに登録するとログインなしで
商品や記事をいつでも見ることができます。


⇒お気に入り一覧をみる