0

【専門家が教える】皮下脂肪を減らす市販サプリ・漢方5選!

皮下脂肪を減らすサプリ・漢方なんてあるの?

皮下脂肪のサプリ

「皮下脂肪を減らすことができるサプリなんて存在するの?」

そう思われている方もいらっしゃるかと思いますが、皮下脂肪を減らすことをサポートする機能性が認められたサプリや漢方は存在します

しかし、全てのサプリや漢方が皮下脂肪を減らすことができるわけではなく、しっかりと機能性が認めていたり、科学的根拠のあるサプリを摂取する必要があります。

健康食品業界の市場は大きく成長しているため、薬機法や景品表示法違反をギリギリで免れ、いかにも「痩せられそう」「脂肪燃焼ができそう」な表現をするサプリを販売している企業もあるのです。

参考:「飲むだけで痩せる青汁」の販売会社に課徴金1億円 根拠示す資料なし

そこで今回は以下3点について主に解説をしていき、適切なサプリ選びについて解説していきます。

  • サプリの正しい選び方
  • おすすめサプリ・漢方5選
  • サプリを摂取する上での注意点

サプリメントアドバイザーが教える皮下脂肪を減らすサプリの選び方

皮下脂肪を減らすのをサポートするサプリの選び方をBiJO認定美容の専門家でありサプリメントアドバイザーの資格を持つ元井さんに伺いました。

正しい選び方に基づいて後悔のしないサプリを摂取しましょう。

▼BiJO認定美容の専門家▼

元井 里奈

毛髪診断士/サプリメントアドバイザー/メノポーズ(更年期)カウンセラー

美髪・育毛のプロとして、抜け毛や薄毛に悩む女性の力になるべく、育毛サプリメントの開発と販売、カウンセリング...

機能性表示食品や科学的な根拠のある製品か

「機能性表示食品」とされているサプリは、消費者庁に届け出をだしている商品で、その内容のなかには、「科学的根拠をもとにした機能性」が含まれています。

たとえば「内臓脂肪を減らすのを助ける機能」など、どのように有効なのかが明確になっています。

反対に機能性表示食品ではない一般食品は「〇〇の機能がある」などといった表示をすることは禁止されています。

- 機能性表示とは

事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。販売前 に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたもの です。ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたもの ではありません。

出典:「機能性表示食品」って何? – 消費者庁


出典:「機能性表示食品」って何? – 消費者庁

主成分や有効成分の配合量が適しているか

皮下脂肪を減らすのを助けたり、脂肪燃焼のサポートをしたりといった成分が「必要な量」配合されているかも重要です。

商品によっては、「有効成分を配合」といってもほんのわずかしか含まれていないこともあります。

各メーカーの公式サイトや、パッケージの裏面を確認し、どれくらい有効成分が配合されているのかをチェックしましょう。

安全性管理がきちんとされているか

日本でのサプリ製造は、医薬品のように製造過程に規制がありません。

そのため、メーカーによってサプリそのものの品質に大きな差がでています。

第三者機関での安全性をクリアした工場や、GMP認定の工場などで製造されているかどうかをチェックしてください。

継続して摂取できる値段感か

サプリは短期間の摂取では、満足のいく結果を出すことができません。

ほとんどのメーカーが検証のもと推奨している期間は最低でも約3ヶ月の継続使用です。

そのため、サプリをコンスタントに購入しても負担のない値段かどうか、は意外にも重要なポイントとなるのです。

皮下脂肪脂肪を減らすおすすめサプリ・漢方5選!

それでは、皮下脂肪が気になっている方におすすめのサプリと漢方を5つ、紹介します。

シボヘール 【機能性表示食品】

シボヘール

  • 内容量:120粒入(約1ヶ月分)
  • 定価:3,218円(税込)
  • キャンペーン価格:初回980円(税込)

「葛の花由来のイソフラボン」を配合した機能性表示食品で、内臓脂肪・皮下脂肪・ウエスト周囲径を減らすのを助ける機能があります。

この成分はBMI25~30の肥満気味な方でも脂肪の分解や燃焼をサポートするため、適度な運動にプラスするのがおすすめです。

初回料金がキャンペーンで980円となっており、初めてサプリを摂取する方やどれにしようか悩んで煎る方はこちらのシボヘールがおすすめです。

⇒公式サイトはこちら

⇒口コミ一覧はこちら

生漢煎【第二類医薬品】

生漢煎のイメージ

  • 内容量:90包入(約1ヶ月分)
  • 定価:7,800円(税抜)
  • キャンペーン価格:3,900円(税抜)

18種類の生薬を配合した第二類医薬品で、お腹周りの皮下脂肪・便秘・むくみにおすすめの商品です。

機能性表示食品ではありませんが、第二類医薬品となっており配合されている生薬が身体の代謝を高め、便通や利尿を促し、脂肪の燃焼をサポートしてくれます。

1日1包で満量処方、さらに独自の製造技術で添加物を極力少なくしています。

⇒公式サイトはこちら

スリムフォー 【機能性表示食品】

スリムフォー

  • 内容量:56粒入(初回約2週間分分)
  • 定価:9,800円(税抜)/120粒
  • キャンペーン価格:初回980円(税抜)

「葛の花由来のイソフラボン」を配合した機能性表示食品のサプリで、内臓脂肪・皮下脂肪を減らすのを助けてくれる商品です。

「食後に飲む」「家事の前に飲む」などによって、適度な運動やバランスの良い食事をさらに効率良くダイエット成功に導きます。

GMP認定取得工場で製造され、ウエスト周りが気になる方にもおすすめです。

公式サイトから、Amazonアカウントで手軽に購入することができます。

⇒公式サイトはこちら

メタストンW 【機能性表示食品】

メタストンwのイメージ

  • 内容量:120粒入(約1ヶ月分)
  • 定価:5,800円(税抜)
  • キャンペーン価格:初回1,870円(税抜)

「葛の花由来のイソフラボン」を配合した機能性表示食品のサプリで、内臓脂肪・皮下脂肪を減らすのを助けます。

肝臓で脂肪が合成されるのを抑制するほか、脂肪の燃焼や分解をサポートしてくれるため、運動と食事制限にプラスして使うのがおすすめです。

初回限定の特典も多く、定価の67%オフ、さらに10日間分をプラスしてお得にスタートすることができます。

⇒公式サイトはこちら

EGタイトLight 【第二類医薬品】

egタイト

  • 内容量:180粒入(約15日間分)
  • 定価:4,980円(税抜)
  • キャンペーン価格:980円(税抜)

18種類の生薬を配合した医薬品で、脂肪の分解と燃焼を活性化する働きを持ちます。

脂質の代謝をあげてくれるので、適度な運動でのダイエット効率アップにおすすめの商品です。

タブレットタイプのため、漢方独特の香りが苦手な方でも飲みやすく、持ち運びやすいおしゃれなパッケージが目印。

いまなら最大80%オフの価格で購入することができます。

サプリを摂取する際の注意点

サプリを購入してもサプリに対しての認識が違ったり、摂取方法を間違っていたりすると考えていた効果を実感できないということもあります。

そこでサプリを摂取する上で確認しておくべきポイントを解説します。

短期間での改善は難しい

皮下脂肪・内臓脂肪・体重…どのタイプのダイエットであっても、「サプリを飲んだからすぐに痩せる」ということはありません。

<葛の花由来のイソフラボン(テクトリニゲン類として)を使った検証の例>

42mg/日を含む錠剤の摂取群・28mg/日を含む錠剤の摂取群・対象群に分け、12週間の継続摂取をした結果、8週間後と12週間後に腹部内臓脂肪面積が有意に低下する結果がでています。

※高容量群で、対象群と比較

それぞれの生活習慣や運動量などで変わるため、一概に「8週間後に必ず変化がある」とは言えませんが、ある程度の継続は必要と分かる結果です。

機能性表示食品でも飲むだけでは脂肪は減らない

科学的なデータがでている機能性表示食品ですが、「飲むだけで脂肪が減る」ということはありません。

そのメーカーの研究でも、「適度な運動」「バランスの良い食事」が前提となっています。

ダイエットを成功させたいなら、まずは運動量や食生活の見直しをはかりましょう。

体脂肪率や体重が減るサプリではない

認められている「機能性」は、それぞれ違います。

「内臓脂肪・皮下脂肪を減らすのを助ける機能」に、「体重を減らす機能」は含まれません。

商品や言葉の印象から誤解しないように、記載されている機能性が自分に合っているかどうかをチェックしてください。

内臓脂肪と皮下脂肪の違いとは

内臓脂肪 皮下脂肪の比較の画像

同じ脂肪でも「内臓脂肪」と「皮下脂肪」は違うもので、それぞれに特徴を持っています。

この特徴を理解すると、正しいダイエットも見つけやすくなるので、ぜひ参考にしてください。

内臓脂肪の特徴

「内臓脂肪」とは、その言葉どおり、内臓まわりについている脂肪を差します。

食事から摂取した栄養は消費されていきますが、食べすぎや運動量の不足などで「消費しきれなかった栄養」が元となっています。

とくに大きく影響している原因は、乱れた食生活・喫煙・ストレスです。

外見的な特徴ではお腹周りが太る「リンゴ型」で、男性に多く、血圧やコレステロールなどのリスクが高まります。

また、皮下脂肪はつきやすいのも特徴ですが、減らしやすいので適切なアプローチで諦めないことが重要です。

まず、ファーストフードを減らす・喫煙本数を減らすなどに加え、「食物繊維」に注目しましょう。

食事の最初に食物繊維を摂ることで、脂肪の吸収をゆるやかにすることができます。

食物繊維は必然的に噛む回数も増えるので、満腹中枢を刺激するというメリットも。

炭水化物に関しては神経質になってまったく摂らないのも問題ですが、食べすぎには注意が必要。

ホルモンバランスに影響し、脂肪を溜め込みやすい環境にしてしまうため、目安は1日2膳程度です。

皮下脂肪の特徴

「皮下脂肪」とは、皮膚と筋肉の間に蓄積する脂肪を差します。

外見的な特徴では下半身にお肉のつきやすい「洋ナシ形」で、女性に多く、太ももなどに多くつきます。

ほとんどの原因はカロリーの過剰摂取・運動不足によるもので、消費カロリーが摂取カロリーに追い付かないような生活習慣は、とくに注意が必要です。

さらに女性の場合には、産後の授乳期に向けて身体が皮下脂肪を溜め込むこともあります。

内臓脂肪と違い一度蓄積されると減らしにくく、やっかいな脂肪と認識しておきましょう。

皮下脂肪を上手に減らしていくためには、カロリー管理と運動の両方が重要になります。

カロリー管理では、成人男性2650kcal/1日・成人女性1950kcal/1日が目安です。

運動については、内臓脂肪よりも落としにくいため、時間をかけた有酸素運動が効果的です。

30分以上の有酸素運動を、週に3回程度おこなえるように取り入れていきましょう。

さらに脂肪燃焼に必要な成長ホルモンを多く分泌させる筋トレを、有酸素運動前におこなうことをおすすめします。

サプリ以外で皮下脂肪を減らす方法とは?

運動をしている女性

上記の通り機能性表示食品のサプリでも適切な運動とバランスの良い食事の元での試験結果となっており、サプリだけで皮下脂肪を減らすことは難しいのです。

では皮下脂肪を減らすためにはどのような食生活や運動をすれば良いのでしょうか?

それぞれ解説をしていきます。

食生活

フルーツ(ビタミンや野菜)

体の基本を作っている「食生活」は、ダイエットが成功したあとにも気にかけていきたいポイントです。

脂質の摂取しすぎに注意する

脂質のエネルギーは、炭水化物やたんぱく質の約2倍にもなります。

単純にハイカロリーになってしまい、皮下脂肪や内臓脂肪として蓄積されていきます。

ただし、脂質も重要な栄養素のひとつですので、「まったく食べない」のはリスキーです。

ここで注目してもらいたいのが「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」で、後者は動脈硬化の予防にもおすすめされる良質な脂質です。

<不飽和脂肪酸>

  • キャノーラオイル
  • オリーブオイル
  • 魚介類
  • 青魚 など

上記のような食材をバランスよく食べることと、食べ過ぎないようにすることがポイントです。

不飽和脂肪酸のなかでもさらに細かく「n-3系」「n-6系」と分類される、必須脂肪酸というものがあります。

これらは体内で自然に作ることができないため、意識的に食事に取り入れていきましょう。

<必須脂肪酸>

  • n-3系:魚の油・亜麻仁油など
  • n-6系:ゴマ油・コーン油など

現代の食生活では、n-6系が多くなる傾向にありますが、ダイエット中にはn-3系が重要です。

もちろん、バランスが重要ですので、1:4(n-3:n-6)を意識してください。

続いては、摂取を減らしたい「飽和脂肪酸」についてです。

<飽和脂肪酸>

  • バター
  • 牛乳
  • チーズ
  • ラード
  • 生クリーム など

上記に挙げた飽和脂肪酸は皮下脂肪に変わりやすいという大きなデメリットを持っています。

さらに血圧やコレステロール値にも影響し、生活習慣病のリスクを上げる存在です。

反対に、飽和脂肪酸が減りすぎると、強い血管を作れなくなったり、脳出血などのリスクが上がります。

まったく食べないようにするのではなく、ストレスのない程度に、減らしていきましょう。

糖質の摂取しすぎに注意する

皮下脂肪を減らすために「糖質制限ダイエット」をおこなう方も多いと思います。

しかし女性の糖質制限ダイエットは、その多くが失敗に終わります。

男性よりも女性のほうが皮下脂肪を溜め込みやすい傾向にあることや、代謝の低さが理由として挙げられます。

では、なぜ糖質の過剰摂取はダメなのでしょうか?

それは、糖質で皮下脂肪を増やすメカニズムが「血糖値の上昇」にあるためです。

体は急な血糖値の上昇を感知すると同時に、血糖値を下げるためにインスリンが分泌されます。

この過程で、体は「糖分を脂肪に変える」という働きをします。

糖質を多く摂りすぎてしまうことは、脂肪を増やしてしまうことに直結するのです。

そのため数多くのダイエット成功実績を持つ「ライザップ」でも、糖質制限をプログラムに組み込んでいます。

血糖値が上がるスピードをゆるやかにすれば、糖分が脂肪に変わってしまうほどのインスリンは分泌されません。

もっとも血糖値が上がりやすいタイミングは、空腹時の糖質です。

具体的にはお菓子・白米・パン・パスタなど。

糖質をまったく食べないように排除するのではなく、野菜から食べたり白米に玄米を混ぜたりなど、過剰摂取に注意しましょう。

運動

運動

代謝を上げて皮下脂肪を落とすためには、適度な運動も外せません。

ランニング・ウォーキング

運動をおこなうとき、わたし達の身体は「糖質」と「脂肪」をエネルギーとして使います。

より多くの脂肪をエネルギーとして使い燃焼させるためには、酸素が必要です。

そのため、有酸素運動でたっぷりの酸素を体内に取り込むことは、皮下脂肪を減らすためにも有効な方法です。

手軽に取り入れることのできるランニング・ウォーキングですが、このふたつは単純に消費カロリーが違います。

<消費率>

  • ウォーキング:250kcal/60分
  • ランニング:497kcal/60分

※体重60kgの場合※

ランニングの方がより効率的なダイエットができますが、怪我のリスクなども考え、続けやすい方を選んでください。

まずはランニングの正しいフォームから解説します。

足腰に負担をかけないように、正しくおこなってください。

<ランニングのフォーム>

  • 着地は地面に垂直に
  • 足裏全体で踏み込むように
  • 猫背などに注意する
  • すり減ったシューズは履かない

ランニングは最初から長距離にするのではなく、無理のないペースではじめましょう。

下半身は全体の筋肉の2/3を占め、運動することでポンプのように血液を押し出している存在です。

ランニングのように下半身を中心に動かす運動は、皮下脂肪を減らすだけではなく身体全体の血流を促進してくれます。

ウォーキングにも同様の効果があり、身体へかかる負担はランニング以下のため、初心者さんにもおすすめです。

<ウォーキングのフォーム>

  • 正しい姿勢を整える
  • 正しい姿勢のまま、腰で歩くイメージ
  • 歩幅を広めに取る

初心者の方は、最初は時速3~5㎞が目安のスピードです。

ウォーキングをするときには、丹田・肩甲骨・骨盤を意識して正しいフォームでおこないましょう。

そうすることで身体に安定感が生まれ、さらに全体を動かすことができます。

皮下脂肪を減らすためにも、より効率的になりますので、ぜひ意識して歩いてください。

水泳

皮下脂肪を減らすために、水泳は非常に効率がよく、おすすめの運動方法です。

水圧によって陸上よりもずっと大きなエネルギー消費量であると同時に、浮遊するためケガのリスクも少なく済みます。

平泳ぎとクロ―ルが皮下脂肪を減らすためには効果的な泳ぎ方とされ、なるべくゆっくりと時間をかけて泳ぐことがコツです。

とくにクロールは1時間1200kcalを消費することができ、成人女性なら2時間で1日の必要摂取カロリーを上回れます。

皮下脂肪を含めとくに「お腹周り」を意識したいなら、筋トレと並行することをおすすめします。

水泳は皮下脂肪を減らすために効率的な運動方法ですが、慣れてくると使うエネルギーが減っていきます。

泳ぎには適した身体になっていきますが、エネルギーとなる脂肪を残し、脂肪燃焼率の悪いサイクルになってしまうのです。

水泳を続けても脂肪燃焼率を下げないためにも、筋トレで筋肉量と消費カロリーを増やすことが重要です。

もちろん、継続することが重要ですので、歩くだけ・最初は短時間など、自分にあったペースで始めてください。

ドローイン

体幹トレーニングの基本であり、筋トレや有酸素運動に簡単にプラスできるドローインを紹介します。

  1. 仰向けに寝る
  2. 膝を立てる
  3. 腹式呼吸を数回繰り返す
  4. おなかを凹ませながら、息を吐き切る
  5. 10~30秒キープし、浅く呼吸する
  6. 4に戻って数回行う

ドローインだけでおこなっても、インナーマッスルを鍛えることができ、皮下脂肪ダイエットにおすすめです。

また、ドローインをキープした状態での筋トレは、トレーニングのパフォーマンスを上げてくれます。

まとめ

皮下脂肪は、サプリだけで落とすことはほぼ不可能です。

「適度な運動」「バランスの良い食生活」を基本に、サプリを取り入れてください。

また、落とすことがむずかしい脂肪ですので、肥満状態にならないような生活をしていきましょう。

▼皮下脂肪対策におすすめのサプリ・漢方5選▼

シボヘール

生漢煎

スリムフォー

メタストンW

EGタイトlight