0

VIOの永久脱毛におすすめのクリニック5選!脱毛効果や料金も紹介

最終更新日:2019年01月29日

「VIOの永久脱毛できるの?」「毛が本当に生えてこなくなるの?」「料金はどれくらい?」

といった疑問を持つ方は多いのではないでしょか。

結論からお伝えすると、VIOも永久脱毛可能です。

今回は永久脱毛の解説から、VIO脱毛の知っておきたい情報を紹介します。

  • そもそも永久脱毛とは
  • VIOの永久脱毛の料金・痛み・回数は
  • VIOの脱毛を選ぶポイント

早速、おすすめの脱毛を知りたい方は、「VIOにおすすめの永久脱毛5選」をチェックしてみてください。

そもそも永久脱毛とは

永久脱毛について考えている女性

ここでは永久脱毛の情報について以下の2点で説明していきます。

  • 永久脱毛の仕組み
  • 永久脱毛の定義とは

永久脱毛の仕組み

永久脱毛には、医療脱毛で使われるレーザー脱毛機が用いられます。

レーザーがメラニン色素の濃い毛の部分に反応し、熱を発生させます。

すると発せられた熱が毛母細胞(毛を再生さあせる細胞)を破壊することで毛が抜け、また生えてこなくなります。

つまり永久脱毛とは、レーザー照射により毛母細胞を破壊することで永続的な効果を得られる脱毛方法ということです。

永久脱毛ができるのは医療行為のみ

永久脱毛は医療行為のため、毛母細胞を破壊できるのは医療機関のみだと法により定められています。

ですから、医師のいないエステで永久脱毛ができるとすれば、それは違法になります。

永久脱毛したい方は、「エステ脱毛」ではなく、医師のいる「医療脱毛クリニック」を検討しましょう。

永久脱毛の定義とは

「永久脱毛は、100%毛が生えてこないのか?」と言われれると答えは違います。

現在、永久脱毛は、アメリカの2つの団体から定義付けられています。

詳細の定義内容は以下のとおりです。

最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下である脱毛法

出典:米国電気脱毛協会(American Electrology Association)

3回照射後、6ヶ月経過した時点で67%(2/3)以上の毛が減っている状態

出典:米国FDA(Food&Drug Administration

永久脱毛のイメージは「一生全く毛が生えてこない」というものですが、実際には違っています。

脱毛が完了した時点で80%以上の確立で毛が生えてこないのなら、それは永久脱毛といえます。

脱毛後1本も毛が生えないのではなく、「ほとんどの毛が長期間生えてこなくなる状態」と考えると分かりやすいでしょう。

VIOの永久脱毛の回数・痛み・相場料金などは?

脱毛のスケジュールを立てている女性

ここではレーザー脱毛のVIOについての以下の3点について解説していきます。

  • VIOの施術回数
  • VIO脱毛の痛み
  • VIOの相場料金

VIOの脱毛回数は?

VIOの毛は伸びるのが遅いので、他の部位に比べて脱毛完了までに時間がかかり、必要回数も比較的多い部位です。

また、最終的な目指す状態や、どの程度毛を減らしたいのかによっても回数が変わってきます。

VIOは、5~7回で毛の量がぐんと減り自己処理が不要な状態に、8~10回でツルツルの状態になります。

VIO施術回数毛の状態
3〜4回細く薄くなる
5〜7回毛量も減り、自己処理は不要
8〜10回ツルツルの状態

*毛の状態は個人差もあり、目安の回数です。

VIO脱毛は痛みが強い?

VIOはデリケートな部位なため、他の部位よりも皮膚が薄く敏感な場所です。

さらに、毛も太く密集しているためどうしても痛みを感じやすい部位です。

レーザー脱毛の痛みの例を下記に挙げています。

レーザー脱毛の痛みの例

①輪ゴムで弾かれたような痛み
……輪ゴムでパチンと肌を弾かれるぐらいであれば我慢はできると思うかもしれませんが、VIOはデリケートな部位です。
皮膚が薄い上に下着をつけていない状態で輪ゴムでパチンッと弾かれれば、思った以上に痛みを感じることになります。
②チクっとしたような痛み
……先の鋭いもので表面を刺されたようなイメージです。
ものすごく痛いわけではありませんが、それでもレーザーを照射される瞬間は痛みを感じます。
③静電気のような痛み
……実際にレーザー脱毛での高温レーザーでは、静電気による痛みと同じような痛みとお考えください。
レーザー脱毛の場合には高温レーザーで毛根を焼いて脱毛しているため、静電気による痛みが一番近いものになります。

痛みの感じ方は人それぞれなので、一概に上記の例がすべての方にあてはまる、というわけではありません。

しかし、VIO脱毛の場合には、多少の痛みを感じてしまうのは、しかたがないかもしれません。

脱毛の痛みを和らげる方法

身体の部位の中でもVIO脱毛は痛みが強い部位ですが、痛みを抑える方法はあります。

痛み対策を6つに分けご紹介します。

脱毛前の対策

  • 生理前と生理直後は避ける
  • 肌荒れや体調不良の時は避ける
  • 脱毛部位は潤いを保つ

脱毛中の対策

  • 脱毛マシンの出力を下げてもらう
  • 脱毛中に冷却をお願いできるか聞く
  • 麻酔を使用してもらう

脱毛中に痛みを感じたら、すぐに施術してくれているスタッフに声をかけましょう。

脱毛マシンによっては出力をコントロールできるものもあるので、下げてもらうこともできるでしょう。

脱毛時に冷却をしてもらうと、痛みがやわらぐことがあります。

また、心配な方はカウンセリング時に麻酔を用意してもらい、痛みを感じたら使用してもらうことで痛みのない施術が受けられます。

VIOの永久脱毛の料金相場は?

VIOの永久脱毛には5回コースで7万円~10万円程度かかります。

しかしほとんどのクリニックが分割払いも受け入れてくれるため、月々払いで1月あたり5,000円~1万円まで抑えることができます。

また、支払総額は受けるクリニックや脱毛回数(コース)によってそれぞれ違ってきます。

各種割引やキャンペーンを受けることができれば、目安の料金より大幅に安く施術を受けられることもあります。

脱毛部位相場料金
VIO70,000〜100,000円(5回コース)

VIOの永久脱毛を選ぶポイント

医療脱毛機関でカウンセリングを受ける女性

ここではレーザー脱毛を選ぶポイントを以下の3点で紹介します。

  • VIO脱毛の料金
  • オプリョン料金
  • 痛みを抑えた脱毛機

VIO脱毛の料金

VIO脱毛をどれにしようか悩んでいる方は、自分の脱毛したい部分はどこなのか確認しておきましょう。

VIO脱毛といっても、全体をツルツルにするハイジニーナが希望なのか、ビキニラインを整えたいかによっても料金は変わってきます。

料金が安いからといっても、それぞれのクリニックによって脱毛できる範囲が違うのでよく確認しておきましょう。

また、VIOは毛が濃く最低5回は脱毛した方が良いため、5回以上の料金を確認することをおすすめします。

脱毛以外にかかる料金

脱毛料金が確認できたら、脱毛以外にかかる料金も確認しておきましょう。

  • 初診料、再診料
  • 麻酔代、シェービング代
  • 予約のキャンセル料

脱毛以外にかかる料金は、基本的には初診料や再診料があります。

以外と見落としがちですが、麻酔代やシェービング代もかかることもあるので麻酔やシェービングをする方は注意しましょう。

また、突然都合が悪くなって予約をキャンセルするときに、キャンセル料が発生するかどうかはクリニックを検討するうえで重要なポイントです。

予約キャンセル料などの追加料金がとられないクリニックを検討してみるのもひとつの手です。

痛みを抑えた脱毛機

VIOはデリケートゾーンなので痛みを感じやすい箇所です。

そのため、最新のマシンを導入し痛みを感じにくいかどうかもチェックしましょう。

特に、毛根にダメージを与える蓄熱式と言われる方法は痛みが少ないうえに脱毛効果も高いのでおすすめです。

VIO脱毛には、痛みを抑えた蓄熱式の脱毛マシンを使っているクリニックを選びましょう。

蓄熱式の脱毛機の例と痛みの強さは以下のとおりです。

脱毛機名照射方式痛み
メディオスター 蓄熱式かなり弱い
ソプラノアイス蓄熱式かなり弱い
ウルトラ美肌脱毛*湘南美容オリジナル弱い

VIOにおすすめのレーザー脱毛5選

ここではおすすめのレーザー脱毛について5選紹介します。

レジーナクリニック

レジーナクリニック

脱毛部位料金(5回コース)
Vのみ45,000円
Iのみ45,000円
Oのみ39,000円
VIO84,000円

脱毛方法:
ジェントルレーズプロ
ソプラノアイス プラチナム

<特徴>

  • 冷却機能付きの最新マシンが試せる
  • VIOの部位別に脱毛できる
  • 完全個室でプライバシーを確保

2017年の薬事承認取得済みの脱毛機ですっきり脱毛できるのが「レジーナクリニック」。

VIOは、Vのみ・Iのみ・Oのみの3種の中からお好きな部位のみでも施術可能。

どれかの部位のみなら5万円以内で5回の脱毛ができます。

蓄熱式で痛みの少ないソプラノアイス プラチナムを使い、完全個室でストレスフリーに通うことができます。

<店舗情報>

  • 関東:8院
  • 大阪:3院
  • 北海道:1院
  • 愛知:1院

営業時間:11:00〜20:00
※詳細はクリニックにごとに異なる

⇒公式サイトはこちら

アリシアクリニック

アリシアクリニック

脱毛部位料金(8回コース)
Vのみ66,000円
Iのみ59,400円
Oのみ39,600円
VIO123,760円

脱毛方法:
ライトシェア デュエット(ダイオードレーザー)
ジェントルレーズプロ

<特徴>

  • 8回コースでしっかり脱毛できる
  • キワのキワまで照射してくれる
  • 割引きキャンペーンが豊富

VIOは8回コースでツルツルになるまで脱毛してくれるのが「アリシアクリニック」。

細かな部分まで照射できる小型ヘッド付きの脱毛機「ライトシェア デュエット」はデリケートゾーンにもしっかり対応。

IラインやOラインは、キワのキワまで照射してくれ、毛を残さないハイジニーナにも対応しています。

各種割引きキャンペーンを豊富に提供してくれているので、活用することでお得に脱毛が受けられます。

<店舗情報>

  • 関東:15院
  • 大阪:1院
  • 愛知:1院

営業時間:11:00〜20:00
※詳細はクリニックにごとに異なる

⇒公式サイトはこちら

湘南美容外科クリニック

湘南美容外科

脱毛部位料金(6回コース)
Vのみ28,750円
Iのみ28,750円
Oのみ28,750円
VIO58,000円

脱毛方法:
ジェントルレーズ
ウルトラ美肌脱毛

<特徴>

  • 全国に80院以上を展開
  • オプション麻酔を用意
  • アフターケアが万全

全国に80院以上を展開し、全国どこからでも通えて料金も安いクリニックが「湘南美容外科クリニック」。

オリジナルの「ウルトラ美肌脱毛機」は痛みが比較的弱いことで知られています。

痛みが苦手な方にはオプション麻酔を用意しているところも医療機関ならではのサービス。

医療機関なのでアフターケアが万全で、万が一のトラブルにも対応してくれるところもうれしいポイントです。

<店舗情報>

  • 北海道・東北:5院
  • 関東:47院
  • 中部:8院
  • 関西:12院
  • 中国・四国:4院
  • 九州・沖縄:8院

営業時間:10:00〜23:00
※詳細はクリニックにごとに異なる

⇒公式サイトはこちら

KMクリニック

KMクリニック

脱毛部位料金(5回コース)
Vライン30,000円
Iのみ45,000円
Oのみ45,000円
VIO75,000円

脱毛方法:
HAYABUSA(蓄熱式ダイオードレーザー)

<特徴>

  • 痛みの少ない脱毛マシン使用
  • 粘膜まで照射可能でにおいもケア
  • 色素沈着のあるVIOも綺麗に

蓄熱式ダイオードレーザーHAYABUSAを使い痛みの少ない施術をしてくれるのが「KMクリニック」。

冷却しながら照射できるので、デリケートゾーンでもレーザー特有の痛みが感じにくくなっています。

照射できる範囲が広く、粘膜まで照射可能なので嫌なにおいもケアしてくれます。

毛根ではなく幹細胞に熱を与える脱毛機なので、色素沈着しやすいVIOでも火傷の心配がないことも魅力です。

<店舗情報>

  • 関東:2院

営業時間:11:00〜19:00
※詳細はクリニックにごとに異なる

⇒公式サイトはこちら

メディエススキンクリニック

メディエス

脱毛部位料金(5回コース)
V(大)30,000円
Iのみ30,000円
Oのみ15,000円
V(大)IO71,250円

脱毛方法:
ジェントルレーズ(アレキサンドライトレーザー)
エリートMPX
G-MAX

<特徴>

  • 米国FDA認可済みの医療レーザー使用
  • アフターケアが充実している
  • 麻酔クリームで痛みを軽減できる

米国FDAに認可された医療用レーザーを使用しているのが銀座にある「メディエススキンクリニック」。

安全性の高い脱毛機で、デリケートゾーンも冷却しながら痛みを抑えた施術をしてくれます。

施術後のアフターケアが充実していたり、麻酔クリームを用意していたりと医療機関ならではのサービスが充実。

現在は東京銀座に1店舗のみですが、通うのは5回のみなので通える方は検討してみましょう。

<店舗情報>

  • 銀座:1院

営業時間:11:00〜19:00
※詳細はクリニックにごとに異なる

⇒公式サイトはこちら

VIO脱毛についてよくある質問

VIO脱毛を受けている女性

VIO医療脱毛について詳しく解説していきます。

  • VIO脱毛のやり方は?
  • 人気のVラインの形は?
  • 生理がきても脱毛できる?

VIO脱毛のやり方は?

多少クリニックによっても変わりますが、基本的なVIOの脱毛のやり方は以下のような流れになります。

<VIO脱毛流れ>

①着替え(ガウン・紙のショーツ・ラップタオル)
②肌の状態をカウンセリング
③V.I.Oの順番に施術を行う
④仕上げの保湿やケア、クールダウン
⑤着替えの後、次回の予約をして終了

※クリニックによって多少異なります。

ただ、痛みも比較的強く、ゴムではじかれるような痛みを感じるという方もいます。

がまんせずに、何かあれば遠慮なく近くにいるスタッフに相談してください。

VIO脱毛の服装

VIO脱毛を行う際には、クリニックでガウンや紙パンツやラップタオルを用意してくれるところがほとんどです。

施術の際には、指示の元、体勢を変えていきます。

・Vライン・・・仰向けでショーツを下げる
・Iライン・・・仰向けでがに股になる
・Oライン・・・うつ伏せ

今まであまり人に見せたことのない部位を見せるのですから、最初は抵抗感や恥ずかしさもあるものです。

しかし、施術者もプロとして仕事をしているため、淡々とこなしてくれます。

できれば見られたくないという気持ちも十分理解したうえで施術してくれるので、安心して施術を受けましょう。

人気のVラインの形

続いて、人気のVラインの形のTOP3を発表します。

Vラインの形人気TOP3

①逆三角形
②ハイジニーナ(無毛)
③オーバル

人気のVラインの形は、より自然な感じに仕上がる逆三角形が一番人気で、続いてツルツル無毛なハイジニ―ナが人気です。

全く毛のないハイジニーナは清潔感がありおしゃれですが、男性の好みは逆三角形やオーバルといったナチュラルなものかもしれません。

適度に毛を残した方が良いと考える男性もいるので、パートナーに聞いておくのも良いでしょう。

生理がきても脱毛できる?

生理がきている期間には脱毛ができません。

生理がきたらVIO脱毛はできません。

衛生的な問題や肌トラブルのリスクが高くなるため、予約日に生理がきてしまったら早めにクリニックに連絡をし予約を取り直しましょう。

まとめ

VIOの脱毛は他の部位の脱毛とは違い、何かと慎重になってしまいがちです。

しかし、VIOが得意な医療脱毛クリニックはたくさんあります。

ただ、デリケートゾーンは痛みが強い部位なので、痛みを抑えている脱毛機を使用しているクリニックがおすすめです。

VIOにおすすめの永久脱毛できるクリニックを参考に美しいVIOラインになり、快適な毎日を過ごしましょう。

※本文の内容によっては、時期等により公開時の情報とは異なる場合がございますのでご了承ください。

<医療広告ガイドラインに基づく注意事項>

医療脱毛は治療行為のため、副作用が伴います。
医療脱毛の詳細につきましては必ず各クリニックへご確認ください。

施術名:医療脱毛
医療脱毛の治療法:医療用レーザーのエネルギーによって毛根のメラニンに働きかけ、 破壊することで脱毛をする治療法です。
副作用:発赤、熱感、痒み、痛み、乾燥が生じます。照射によるリスクとして、稀に、コメド、毛嚢炎、埋没毛、膿疱、ほくろ・しみの部分が薄くなる・消える・一時的に濃くなる、色素沈着や色素脱失、硬毛化が生じることがあります。
施術にかかる費用:500円~500,000円
施術にかかる期間:3回~15回程度※個人差があります