0

VIOでおすすめの医療脱毛5選!効果や痛みについても徹底解説!

最終更新日:2018年11月10日

VIO脱毛をしてみたいけれど、痛みの不安や、何回通えばいいのかわからないから費用もかかるのでは、と悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、脱毛効果の高い医療脱毛レーザーでのVIO脱毛について調査した結果、以下の点が重要なポイントであることがわかりました。

の3つです。

早速、おすすめの医療脱毛を知りたい方は、「おすすめの医療脱毛5選」をチェックしてみてください。

VIO医療脱毛の効果がでる回数は?

笑っている女性

VIO医療脱毛の回数による効果を詳しく解説していきます。

1回目のVIO脱毛効果

1回目の照射から約10〜20日でVラインから抜け始めるといわれています。

その後、脱毛効果の出にくいといわれているIラインとOラインの毛が抜け始めます。

医療脱毛によるVIO脱毛の中でもIラインは特に毛量が多く皮膚が薄いため痛みも強く感じる場合があります。

痛みに不安な方や痛みに弱い方はクリニックで麻酔をしてもらってから施術してもらいましょう。

3回目のVIO脱毛効果

3回目のVIO医療脱毛でVラインの毛が細くなるため毛が薄くなってきます。

IラインとOラインも1回目の脱毛と比較すると抜けやすくなってきます。

Vラインの毛は太くて毛量自体が多いので、ワキと同じくらいの脱毛効果を実感しやすい部位で、おおよそ5回目の照射で脱毛が完了になります。

無毛にするのか自然に残すのかによっても必要回数が変わってきますが、自然に残したい場合には、4回目以降の照射では脱毛したい部分のみにして形を整えていくようにしましょう。

5回目のVIO脱毛効果

5回目のVIO医療脱毛でVラインの自己処理はほとんどしなくても良い状態になります。

IラインとOラインも毛の量が減っていくためレーザーで照射する際の痛みは軽減されます。

Vラインを無毛でツルツルの状態にしたい方は、回数を追加して脱毛の施術を希望しておきましょう。

VIO医療脱毛はやっぱり痛い?

考えている女性

VIO医療脱毛の痛みについて詳しく解説していきます。

医療脱毛はどのような痛み?

医療VIO脱毛の痛みは口コミやネットでの体験談では痛いと答えている経験者が多く、VIOラインは身体の中でも皮膚が浮上に薄く、デリケートな部位でもあるため、他の部位と比較して刺激を強く感じるのは仕方がないようです。

とはいえ、痛みの程度がわからなければVIO脱毛を受けてみようと思っても二の足を踏んでしまうでしょう。

一口に痛いと言っても色々な痛みがあり、ほかのものに例えるとどんな痛さなのかみていきましょう。

医療脱毛の痛みの例

①輪ゴムで弾かれたような痛み
……輪ゴムでパチンと肌を弾かれるぐらいであれば我慢はできると思うかもしれませんが、VIOはデリケートな部位です。
皮膚が薄い上に下着をつけていない状態で輪ゴムでパチンッと弾かれれば、思った以上に痛みを感じることになります。
②針で刺されたような痛み
……縫い針ではなく注射や点滴で使用する針を想像してみましょう。
ものすごく痛いわけではありませんが、それでも刺される瞬間は「イタッ」と少し声が出るような瞬間的な痛みです。

③静電気のような痛み
……実際に医療脱毛での高温レーザーでは、静電気による痛みと同じような痛みとお考えください。
医療脱毛の場合には高温レーザーで毛根を焼いて脱毛しているため、静電気による痛みが一番近いものになります。

痛みの感じ方は人それぞれなので、一概に上記の例がすべての方にあてはまる、というわけではありません。

が、VIO脱毛の場合には、多少の痛みを感じてしまうのは、致し方がないかもしれません。

脱毛方法によっても痛みが違う

VIO脱毛の痛みについてみてきましたが、脱毛方法によっても傷みは異なります。

脱毛器の種類から痛みの程度をまとめましたので、参考になさってください。

脱毛種類痛み
アレキサンドライトレーザー強い
ダイオードレーザー少ない
ヤグレーザー医療脱毛器の中では一番強い

このように医療脱毛のレーザーは何種類かあり、クリニックによって、さまざまな脱毛機器が採用されています。

それぞれの機種には特徴があり、またメリット・デメリットも異なります。

自分が行いたい脱毛部位や痛みが少ないほうがいい、痛みはあってもよいから効果的に脱毛したいなどの希望によって医療脱毛機器を採用している医療脱毛クリニックを選びましょう。

痛みを抑える方法

身体の部位の中でもVIO脱毛は痛みが強い部位ですが、痛みを抑える方法はあります。

6つのVIO脱毛で痛みを抑える方法をご紹介します。

脱毛前の対策

  • 生理前と生理直後は避ける
  • 体調不良の時は避ける
  • 脱毛部位は潤いを保つ

脱毛中の対策

  • マシンの出力を下げてもらう
  • 脱毛中に冷却をお願いする
  • 麻酔を使用してもらう

VIO脱毛に一番良いのは肌の調子が良い時を選ぶことです。

肌が荒れてしまっていると痛みを感じやすくなってしまいます。

また、生理前や生理直後は女性ホルモンのバランスが乱れている時期でもあり、VIO部分の潤いを保つことと、生理周期のタイミングを見計らい、体調に合わせてVIO脱毛を行うことである程度の痛みは抑えることができます。

VIO脱毛の施術中は、施術スタッフにお願いすることになりますが、痛みがつらい時には痛みがあることを伝えた上で冷却や出力を下げることをお願いしてみてください。

ただし、出力は下げれば下げた分、脱毛効果が落ちてしまうため、その点は理解しておきましょう。

医療脱毛によるVIO脱毛では麻酔をお願いすることができます。

麻酔は費用がかかるため、毎回、麻酔をお願いするとその分、費用はかさんでしまうデメリットはありますが、痛みによるストレスで「脱毛に行きたくない!」とならないようにするためには、麻酔も必要でしょう。

VIO医療脱毛の選び方

脱毛を受ける女性

VIO医療脱毛の選び方を3点から詳しく解説していきます。

VIOの料金を比較する

医療脱毛でのVIO脱毛では、料金もクリニックによって大きく異なります。

支払う総額や脱毛以外にかかる費用(麻酔や施術前の剃毛など)については、公式サイトの情報だけではなく、申し込み前のカウンセリング時にしっかりと確認しておきましょう。

キャンセル料や剃毛料金、麻酔代などはオプション料金となり追加料金が発生することが多くあります。

キャンペーンについては最新情報等を公式サイトで必ずチェックしておきましょう。

どの脱毛器を使っているかによっても料金が異なるため、いくつかのクリニックに問い合わせをしてみて比較検討を行うことが大切です。

予約が取りやすいか確認する

予約が取りやすいかどうか、予約の方法などをチェックしておきましょう。

VIO脱毛をするのに、予約が取れずに脱毛期間が開いてしまうと脱毛が完了するまでにかなりの時間を要してしまいます。

体調などによっても脱毛効果の実感が異なってくるので、予約が取りやすいかどうかは非常に大切なポイントです。

施術時に次回の予約を入れるシステムになっているとすぐに予約を取れるように感じるかもしれませんが、「そこは予約がいっぱいで…」ということにならないためにも、電話予約だけではなく、予約ができるアプリやネット予約ができるかどうかも確認しておきましょう。

申し込み前のカウンセリング時に予約状況を聞いておくのもよいでしょう。

アフターサービスも確認する

申し込み前のカウンセリング時や事前に公式サイトなどでアフターサービスのチェックをしておきましょう。

施術後に保湿ケアを行うサービスや、美肌ケアをしてくれるなどのアフターサービスがあるかどうか、また、脱毛施術によって万が一、肌トラブルが起きた場合にもどのような対処をしてくれるのか確認しておきたいところです。

クリニックによっては皮膚科と提携しているため、万が一の肌トラブル時には、無料で診察をしてくれるクリニックもあります。

アフターサービスと万が一のトラブルに対する対処など、信頼がおける脱毛クリニックかどうかを見極めるポイントの1つになります。

おすすめの医療脱毛5選

おすすめの医療脱毛を5種類紹介していきます。

アリシアクリニック

アリシアクリニック

脱毛部位料金(8回コース)
VIO(スムース)123,760円
わき19,800円
 204,240円
全身脱毛(VIO付き)455,880円

脱毛方法:ライトシェア(ダイオードレーザー)

<特徴>

  • 全身脱毛8回初月2か月分0円
  • 誕生日特典で全身脱毛1回プレゼント
  • VIOはキワのキワまで照射可能

VIO照射ではハイジニーナも対応しています。

2種類のVIO脱毛セットコースがあり、1つ目はキレイに整えることを目的としたビューティーで、Vラインはクリニックで用意した専用プレートに沿って照射。

2つ目のスムースではハイジニーナを希望される方やIラインのキワまでの照射を希望している方のコースになっています。

施術の際にはアリシアクリニックで用意した紙ショーツをはいていただき、照射をしない時にはタオルで隠しながら対応。

さらにすべて女性の看護師が照射サポートを行うため、安心して施術を行うことができます。

コースセットに含まれるケアアイテムは自己処理による色素沈着や肌荒れのケアを自宅で行うことができます。

様々なキャンペーンがあり、誕生付きには全身脱毛が1回プレゼント、最大10,000円オフなどのお得な特典やエステ脱毛からののりかえで最大54,150円もお得になるサービスもあります。

テストで照射を受けることができるので、敏感肌な方や不安がある方は気軽に試すことができます。

⇒公式サイトはこちら

レジーナクリニック

レジーナクリニック

脱毛部位料金(5回コース)
VIO84,000円
わき12,000円
120,000円
全身脱毛(VIO付き)273,000円

脱毛方法:アレキサンドライトレーザー

<特徴>

  • 毛根や肌状態出来上がりのデザインに合わせたフルオーダーメイドVIO脱毛
  • 施術スピードが25%アップし、全身脱毛では最短90分
  • 年中無休、平日は21時まで診察可能なので予約が取りやすい

レジーナクリニックではアレキサンドライトレーザー脱毛器を採用し、低刺激で濃い毛にしっかりとレーザーを照射するため短時間で施術が完了します。

無料カウンセリングで看護師の有資格者による医療脱毛のメリットやデメリット、医療脱毛のリスク等をしっかりと説明した後に、契約を行うため、不明点や不安感がない状態で契約をすすめることができます。

完全予約制かつ完全個室なので、他のお客様とできる限り顔を合わせることがなく、ストレスフリーで通うことができます。

初診料やカウンセリング料だけではなく、剃毛料金やアフターケアクリーム、予約キャンセル料や治療薬などの追加費用がないのもうれしいポイントです。

⇒公式サイトはこちら

メディエススキンクリニック

メディエス

脱毛部位料金(5回コース)
VIO71,250円
わき9,000円
60,000円
全身脱毛(VIO付き)316,800円

脱毛方法:ジェントルレーズ(アレキサンドライトレーザー)

<特徴>

  • 麻酔クリームを使用し痛みが少ない施術が可能
  • 術前から術後まで女性スタッフがすべて対応
  • 肌トラブルが発生した場合には医師が迅速に対応

VIO脱毛の1回の施術時間は15分から30分程度と非常に短時間でできます。

レーザーの出力を調整しながら効果が高く痛みの少ない治療を行っています。

それでも痛みに不安がある場合には、別途料金は発生するものの、希望によって麻酔クリームを使うことができます。

またVラインだけであれば通院回数は5~10回と非常に少ないのが特徴です。

最初から最後まで女性スタッフが担当するので、医師とはいえ男性の施術に抵抗を感じる方でも安心して施術を受けることができます。

女性ならではの細やかな気遣いを受けることができるのも大きなポイントでしょう。

⇒公式サイトはこちら

KMクリニック

KMクリニック

脱毛部位料金(5回コース)
VIO75,000円
わき10,000円
90,000円
全身脱毛(VIO付き)248,000円

脱毛方法:ダイオードレーザー

<特徴>

  • レーザー特有の痛みが非常に少ない「HAYABUSA」システムを採用
  • 施術時間を大幅に短縮
  • 硬毛化が起こりにくく地肌の負担が少ない

一般的に痛みがあるとされるVIO脱毛もHAYABUSA脱毛であれば痛みが少なく、施術時間も圧倒的に短いことが人気です。

HAYABUSAでは低温の弱い熱量でじりじりと照射するため、硬毛化しにくくなります。

また従来のレーザー脱毛とは比べ物にならないほど痛みが少なく、痛みに弱い方でも安心して受けることができます。

発毛幹細胞を破壊することで発毛しなくなるレーザーを使用しているため、毛の再生を防ぎます。

しっかりとしたカウンセリングを受けることができるので、安心して予約することができます。

⇒公式サイトはこちら

湘南美容外科クリニック

湘南美容外科

脱毛部位料金(6回コース)
VIO58,000円
わき1,000円
49,680円
全身脱毛(VIO付き)348,000円

脱毛方法:アレキサンドライトレーザーorウルトラ美肌脱毛

<特徴>

  • 痛みが少なく美肌効果も期待できる
  • ハイジニーナにしても形を整えても価格は同じ
  • 全国展開で価格もリーズナブル

初診料、再診料、カウンセリング料、テスト照射の料金は無料なので、VIO脱毛をしてみたいけれども、一度試してみたいという方にぴったりな脱毛クリニック。

コース消化の有効期限がないので、負担になりにくく、WEB予約ができるため、予約の手間もかかりません。

また、IPL脱毛を採用しているため、毛穴の引き締めやくすみの改善にも効果があるためVIO脱毛しながら、VIOラインを綺麗な肌に整わせる効果に期待ができるのも大きな魅力です。

VIO脱毛でもVの中央部分は残したいなど部分的なデザインも一部可能で、見た目や美肌効果だけではなく匂いやムレの解消をすることができます。

全国に80店舗を展開し、信頼度が高いことも大きなメリットでしょう。

⇒公式サイトはこちら

VIO医療脱毛について

脱毛サロン

VIO医療脱毛について詳しく解説していきます。

VIO脱毛方法

VIO脱毛方法について詳しく解説していきます。

VIO脱毛の流れ

①受付、肌の状態をカウンセリング
②ラップタオルや紙のショーツに着替える
③V.I.Oの順番に施術を行う
④仕上げの保湿やケア、クールダウン
⑤着替えの後、次回の予約をして終了

※クリニックによって多少異なります。

カウンセリングでは施術についての説明や注意事項の説明を受けるとともに、毛質や毛量、クリニックによっては毛周期の測定などが行われます。

このチェックで大体の施術回数や料金がわかります。

不安な点や疑問点については後々、後悔などないように徹底的に質問や相談をしておきましょう。

その際の医師、看護師の対応でクリニックの判断をすることができます。

クリニックによってはレーザーのテスト照射があり、痛みのレベルや照射後の肌状態のチェックやレーザー出力の調整などが行われます。

また、施術当日前には、剃毛処理をしておきましょう。

クリニックによっては剃毛料金が発生する場合もあるため、前日行っておきましょう。

毛抜きによる自己処理を行うと医療脱毛の効果が得られないため、カミソリでの剃毛処理をしておきましょう。

VIO脱毛の服装

VIO脱毛を行う際には、クリニックで紙パンツやラップタオルを用意してくれるところがほとんどです。

カウンセリングの後に、渡されるので、着替えて、施術の際には、指示の元、体勢を変えていきます。

・Vライン・・・仰向けでショーツを下げる
・Iライン・・・仰向けでがに股になる
・Oライン・・・うつ伏せ

という体勢になるクリニックが多く、最初は恥ずかしいかもしれませんが、痛みやスタッフさんとの会話などで気にならなくなるのがほとんどです。

人気のVラインの形

なかなか友人などには聞けないVラインの形。

医療脱毛をしてしまうと、元には戻らないので、人気のVラインの形を参考にしてください。

Vラインの形人気TOP3

①逆三角形
②ハイジーナ(無毛)
③オーバル

の3つが特に人気です。

そのほかにも、スクエアやIラインなどがあります。

人気なのは自然な形の逆三角形や意外にもハイジニーナを選ぶ方も多いようです。

生理の際に楽だったり、ムレ防止になるため清潔感があることからハイジニーナを選ぶ方が増えています。

VIO脱毛をしたいけれど、形をどうしようかと悩んだら、クリニックのスタッフの方に相談してみてもよいですね。

生理がきても脱毛できる?

生理がきたらVIO脱毛はできません。

衛生的な問題や肌トラブルのリスクが高くなるため、予約日に生理がきてしまったら早めにクリニックに連絡をし予約を取り直しましょう。

まとめ

医療脱毛によるVIO脱毛はエステによる脱毛と同じくらい人気があります。

永久的に脱毛を目指すのであれば、医療脱毛はおすすめです。

ショーツからはみ出るVラインをどうにかしたいと悩んでいるならば、医療脱毛によるVIO脱毛での永久脱毛がおすすめ。

痛みは多少あるものの、確実にVIOラインの脱毛を考えている方は医療脱毛によるVIO脱毛を検討してみましょう。

しっかりとしたクリニックでのVIO脱毛ならば、オシャレな下着も水着も怖くない、理想のデリケートゾーンが叶うことでしょう。

※本文の内容によっては、時期等により公開時の情報とは異なる場合がございますのでご了承ください。

<医療広告ガイドラインに基づく注意事項>

医療脱毛は治療行為のため、副作用が伴います。
医療脱毛の詳細につきましては必ず各クリニックへご確認ください。

施術名:医療レーザー脱毛
医療レーザー脱毛の治療法:医療用レーザーのエネルギーによって毛根のメラニンに働きかけ、 破壊することで脱毛をする治療法です。
副作用:発赤、熱感、痒み、痛み、乾燥が生じます。照射によるリスクとして、稀に、コメド、毛嚢炎、埋没毛、膿疱、ほくろ・しみの部分が薄くなる・消える・一時的に濃くなる、色素沈着や色素脱失、硬毛化が生じることがあります。
施術にかかる費用:500円~500,000円
施術にかかる期間:3回~15回程度※個人差があります